メタデータの編集と追加

メタデータは、検索可能なアセットに関する追加情報です。画像をアップロードすると自動的に抽出されます。既存のメタデータを編集したり、新しいメタデータプロパティを既存のフィールドに追加(例えば、メタデータフィールドが空白の場合など)したりすることができます。

会社には、制御された信頼性の高いメタデータの語彙が必要なので、Experience Manager Assetsでは、新しいメタデータプロパティをアドホックに追加できません。 作成者は、アセットの新しいメタデータフィールドを追加することはできませんが、開発者は追加できます。アセットの新しいメタデータプロパティの作成を参照してください。

アセットのメタデータの編集

メタデータを編集するには、次の手順に従います。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • Assets UI でアセットを選択し、ツールバーの「プロパティを表示」アイコンをクリックまたはタップします。
    • アセットのサムネールから、「プロパティを表示」クイックアクションを選択します。
    • アセットページから、ツールバーの「プロパティを表示」をクリックまたはタップします。

    アセットページに、アセットのメタデータがすべて表示されます。このメタデータは、AEM Assets にアップロードされた(取り込まれた)ときに、自動的に抽出されたものです。

  2. 様々なタブで必要に応じてメタデータを編集したら、ツールバーの「保存」をクリックまたはタップして、変更内容を保存します。「閉じる」をクリックまたはタップして、Assets Web インターフェイスに戻ります。

    メモ

    テキストフィールドが空の場合、現在設定されているメタデータはありません。フィールドに値を入力して保存すると、そのメタデータプロパティを追加できます。

アセットのメタデータへの変更内容は、XMP データの一部として元のバイナリに書き戻されます。この操作は、AEM のメタデータ書き戻しワークフローで実行されます。既存のプロパティ(dc:title など)への変更は上書きされ、新しく作成されたプロパティ(cq:tags などのカスタムプロパティを含む)はスキーマとともに追加されます。

メタデータスキーマの編集

メタデータスキーマの編集方法について詳しくは、メタデータスキーマフォームの編集を参照してください。

AEM 内でのカスタム名前空間の登録

AEM 内での独自の名前空間を追加できます。cq、jcr、sling など事前に定義された名前空間があるように、リポジトリメタデータと xml 処理用の名前空間を設定できます。

  1. ノードタイプ管理ページ(https://<host>:<port>/crx/explorer/nodetypes/index.jsp)に移動します。

  2. ページ上部の「名前空間」をクリックまたはタップします。ウィンドウに名前空間管理ページが表示されます。

  3. 名前空間を追加するには、下部の「新規」をクリックまたはタップします。

  4. XML 名前空間規則に従って、カスタム名前空間を指定(URI 形式の id と、その id に関連付けられているプレフィックスを指定)したら、「保存」をクリックまたはタップします。

このページ