ルールセットを使用した URL の変換

Dynamic Media でルールセットをデプロイして、URL を変換できます。ルールセットはスクリプティング言語(JavaScript など)で記述された命令セットで、XML データを評価して、そのデータが特定の条件を満たす場合に特定のアクションを実行します。各ルールは、1 つ以上の条件と 1 つ以上のアクションで構成されます。ルールは XML データを条件に対して評価し、条件を満たしている場合は適切なアクションを実行します。ルールセットの例としては、次のようなものがあります。

  • MIME タイプのサフィックスの付加。多くのサービスや Web サイトでは、.jpg を URL に付加するなど、画像のサフィックスが必要です。

  • SEO(検索エンジン最適化)のための URL へのフォルダーパスの作成。

    Adobe Scene7 Publishing System による SEO のサポートを参照してください。

  • SEO(検索エンジン最適化)のための URL へのメタデータの付加。

    Adobe Scene7 Publishing System による SEO のサポートを参照してください。

  • ダウンロードを開始するためのコンテンツ処理方法の設定。

  • パーソナライゼーションのための画像サービングテンプレーティング URL の簡略化。例えば、rgb{XX,YY,ZZ} を RTF 対応の \redXX\greenYY\blueZZ に変換します。

  • ${} などの特定の文字のエンコードと、ImageServer への特定の文字のデコードのリクエスト。例えば、Facebook は特殊文字を含む URL では正しく機能しません。

    URL からの特殊文字の削除を参照してください。

Dynamic Media のコンテキストで、XML ベースのシステムを使用してアセット情報を管理する Web サイトは、XML ファイルを Dynamic Media にアップロードできます。これらのファイルのいずれかを、Dynamic Media のアセットを処理するための前処理ルールセットファイルとして指定できます。このファイルは、Dynamic Media と統合するシステムのビジネスロジックを満たすよう、標準 URL プロトコル形式を再構成します。XML ファイルをルールセット定義ファイルのパスとして指定します。

CAUTION

ルールセットを使用する場合は、Dynamic Media のコンテンツが Web サイトに表示されなくなる可能性があるので、注意してください。

用意されているサンプルルールセットを使用して、独自のルールセットを作成できます。ルールセットのリファレンスを参照してください。

すべてのルールセットの作成と同様に、xmlvalid などの XML バリデータープログラムを使用して、XML ファイルが有効であることを確認してからアップロードしてください。ルールセットのトラブルシューティングも参照してください。

また、最初は実稼動環境に影響を与えないステージング環境でルールセットをテストしてください。通常、実稼動環境とステージング環境では異なるログイン情報が必要となります。

ルールセットでの 'is' イメージに代わる 'asset' の使用も参照してください。

XML ルールセットをデプロイするには:

  1. 次のページから Dynamic Media Classic アカウントにログオンします。

    https://www.adobe.com/jp/marketing/experience-manager/scene7-login.html

    資格情報とログオンは、プロビジョニング時にアドビから付与されたものです。この情報をお持ちでない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  2. 次の手順を実行して、ルールセットファイルをアップロードします。

    • グローバルナビゲーションバーの「アップロード」をクリックします。
    • アップロード​ページで、左上隅付近の「参照」をクリックします。
    • 開く​ダイアログボックスで、ルールセットファイル(XML)を参照します。
    • ファイルを選択して、「開く」をクリックします。
    • アップロード​ページの右側で、ルールセットファイルの公開先フォルダーを選択します。
    • ページ下部付近の「アップロード後に公開」が選択されていることを確認します。
    • ページの右下隅の「アップロードを送信」をクリックします。
    • グローバルナビゲーションバーの「ジョブ」をクリックして、アップロードジョブのステータスを確認します。ジョブ​ページの「ステータス」列に「アップロード完了」と表示されたら、次のステップに進みます。
  3. ページ上部付近のナビゲーションバーで、設定/アプリケーション設定/公開設定/Image Server をクリックします。

  4. Image Server 公開​ページの「カタログ管理」グループで、ルールセット定義ファイルのパス​を探し、「選択」をクリックします。

  5. ルールセット定義ファイル(XML)を選択​ページでルールセットファイルを参照し、ページ右下隅の「選択」をクリックします。

  6. 設定ページの右下隅の「閉じる」をクリックします。

  7. Image Server 公開ジョブを実行します。

    ルールセットの条件が現在の Dynamic Media の Image Server へのリクエストに適用されます。

    ルールセットファイルを変更した場合、変更したルールセットファイルを再アップロードして再公開すると、変更内容が直ちに適用されます。

このページ