Dynamic Media イメージプロファイル

画像をアップロードするときに、フォルダーにイメージプロファイルを適用することで、アップロード時に自動的に画像を切り抜くことができます。

重要

イメージプロファイルは、PDF ファイル、アニメーション GIF ファイル、INDD(Adobe InDesign)ファイルには適用されません。

切り抜きツールオプション

スマート切り抜きの座標は、縦横比に応じて異なります。画像プロファイルのスマート切り抜き設定で、画像プロファイルに追加されたサイズの縦横比が同じ場合は、同じ縦横比がDynamic Mediaに送信されます。 Adobeでは、同じ切り抜き領域を使用することを推奨します。 これにより、画像プロファイルで使用される様々なサイズに影響を与えることがなくなります。

作成する各スマート切り抜き生成には、追加の処理が必要です。 例えば、5つ以上のスマート切り抜きの縦横比を追加すると、アセット取り込み速度が遅くなります。 また、システムの負荷が増加する可能性もあります。 スマート切り抜きはフォルダーレベルで適用できるので、必要な場所で​のみ​フォルダーに使用することをお勧めします。

選択できる画像切り抜きオプションは2つあります。 また、カラーおよび画像スウォッチの作成を自動化するオプションもあります。

オプション 用途 説明
ピクセル切り抜き 画像サイズにのみ基づいて画像を一括で切り抜きます。

このオプションを使用するには、「切り抜きオプション」ドロップダウンリストで「ピクセル切り抜き」を選択します。

画像の各辺から切り抜くには、画像の任意の辺または四辺からの切り抜きのサイズ(ピクセル数)を入力します。画像がどれだけ切り抜かれるかは、画像ファイル内の ppi(1 インチあたりのピクセル数)の設定によって変わります。

イメージプロファイルのピクセル切り抜きは以下の方法で実行されます。

  • 値は「上」、「下」、「左」、「右」です。
  • 左上は0,0と見なされ、そこからピクセル切り抜きが計算されます。
  • 切り抜きの開始点:「左」が X、「上」が Y です。
  • 水平方向の計算:元の画像の水平方向のピクセルサイズから「左」と「右」を差し引きます。
  • 垂直方向の計算:垂直方向の高さ(ピクセル)から「上」と「下」を差し引きます。

例えば、4000 x 3000 ピクセルの画像があるとします。値として「上」= 250、「下」= 500、「左」= 300、「右」= 700 を使用します。

(4000-300-700、3000-250-500または3000,2250)の塗りスペースを使用した左上(300,250)の切り抜き。

スマート切り抜き 視焦点位置に基づいて画像を一括で切り抜きます。

スマート切り抜きでは、Adobe Sensei の人工知能の能力を利用して、自動的に画像を一括ですばやく切り抜きます。画面サイズに関係なく、あらゆる画像の焦点位置を自動的に検出して切り抜き、目的の箇所を抜き出します。

スマート切り抜きを使用するには、「切り抜きオプション」ドロップダウンリストで「スマート切り抜き」を選択し、「レスポンシブ画像の切り抜き」の右側で、この機能を有効(オン)にします。

デフォルトのブレークポイントサイズ(大、中、小)は、ほとんどの画像がモバイルデバイス、タブレットデバイス、デスクトップ、バナーで使用されるあらゆるサイズに適用されます。 大、中および小のデフォルト値は、必要に応じて編集できます。

ブレークポイントを追加するには、「切り抜きを追加」をクリックします。切り抜きを削除するには、ごみ箱アイコンをクリックします。

カラーおよび画像スウォッチ バルク(Bulk)は、画像ごとに画像スウォッチを生成します。

注意:Dynamic Media Classic ではスマートスウォッチはサポートされません。

商品画像から色やテクスチャを示す高品質のスウォッチを自動的に検出して生成します。

カラースウォッチと画像スウォッチを使用するには、切り抜きオプションドロップダウンリストからスマート切り抜きを選択します。[カラー]と[画像スウォッチ]の右側で、この機能を有効(オン)にします。 「幅」と「高さ」テキストフィールドにピクセル値を入力します。

画像の切り抜きはすべてレンディションパネルから使用できますが、スウォッチを使用するには URL のコピー機能を利用しなければなりません。独自のビューコンポーネントを使用して、サイトにスウォッチをレンダリングします。 このルールの例外は、カルーセルバナーです。 Dynamic Mediaは、カルーセルバナーで使用されるスウォッチ用に表示コンポーネントを提供します。

画像スウォッチの使用

画像スウォッチのURLは簡単です。

/is/image/company/<asset_name>:Swatch

ここで:Swatchはアセット要求に追加されます。

カラースウォッチの使用

カラースウォッチを使用するには、次のように req=userdata 要求を作成します。

/is/image/<company_name>/<swatch_asset_name>:Swatch?req=userdata

例えば、Dynamic Media Classic のスウォッチアセットは次のとおりです。

https://my.company.com:8080/is/image/DemoCo/Sleek:Swatch

次に、スウォッチアセットに対応するreq=userdata URLを示します。

https://my.company.com:8080/is/image/DemoCo/Sleek:Swatch?req=userdata

req=userdata 応答は次のとおりです。

SmartCropDef=Swatch SmartCropHeight=200.0 SmartCropRect=0.421671,0.389815,0.0848564,0.0592593,200,200 SmartCropType=Swatch SmartCropWidth=200.0 SmartSwatchColor=0xA56DB2

次の URL の例のように、XML 形式または JSON 形式の req=userdata 応答を要求することもできます。

https://my.company.com:8080/is/image/DemoCo/Sleek:Swatch?req=userdata,xml

SmartSwatchColor

アンシャープマスク

ダウンサンプリングされた最終的な画像に対するシャープフィルター効果を微調整するには、「アンシャープマスク」を選択します。効果の適用度、効果の半径(ピクセル単位)および無視されるコントラストのしきい値を制御できます。 この効果では、Photoshop の「アンシャープマスク」フィルターと同じオプションを使用します。

メモ

アンシャープマスクは、PTIFF(Pyramid TIFF)内のダウンスケールされたレンディション(50%以上ダウンサンプルされたもの)にのみ適用されます。つまり、ptiff内の最大サイズのレンディションは、アンシャープマスクの影響を受けません。 一方、サムネールなど、小さいサイズのレンディションは変更されます(アンシャープマスクが表示されます)。

アンシャープマスク」には次のフィルタリングオプションがあります。

オプション 説明
端のピクセルに適用するコントラストを制御します。デフォルトは 1.75 です。高解像度の画像ではこの値を 5 まで増やすことができます。「量」は、フィルター強度の尺度だと考えてください。範囲は 0~5 です。
半径 シャープに作用する端のピクセル周辺のピクセル数を決定します。高解像度の画像の場合は、1~2 を入力します。小さい値は端のピクセルのみをシャープにし、大きい値は広範囲のピクセルをシャープにします。適切な値は画像のサイズによって異なります。デフォルト値は 0.2 です。範囲は 0~250 です。
しきい値

アンシャープマスクフィルターが適用される場合のコントラストの範囲を指定します。つまり、このオプションは、シャープにされるピクセルが周囲の領域とどの程度違えば、そのピクセルをエッジのピクセルと見なしてシャープにするかを決定するものです。ノイズが入らないように、0~255 の範囲で様々な整数値を試してください。

シャープニングについては、画像のシャープニングを参照してください。

Dynamic Media イメージプロファイルの作成

他のアセットタイプへの高度な処理パラメーターの定義については、アセット処理の設定を参照してください。

詳しくは、Dynamic Media のイメージプロファイルとビデオプロファイルについてを参照してください。

処理プロファイルを使用するためのデジタルアセットの編成のベストプラクティスを参照してください。

Dynamic Media イメージプロファイルを作成するには

  1. AEM のロゴをタップし、ツール/Assets/イメージプロファイル​に移動します。

  2. 画像プロファイルを追加するには、「作成」をタップします。

  3. プロファイル名を入力し、アンシャープマスクのほか、切り抜きとスウォッチのいずれかまたは両方の値を入力します。

    ヒント:目的に固有のプロファイル名を使用します。 例えば、スウォッチのみを生成するプロファイルを作成するとします。 つまり、スマート切り抜きは無効(オフ)になり、カラーと画像スウォッチは有効(オン)になります。 このような場合は、「Smart Swatches」というプロファイル名を使用できます。

    スマート切り抜きとスマートスウォッチオプションおよびアンシャープマスクも参照してください。

    切り抜き

  4. 保存」をタップします。新しく作成されたプロファイルが、使用可能なプロファイルのリストに表示されます。

Dynamic Media イメージプロファイルの編集または削除

  1. AEM のロゴをタップし、ツール/Assets/イメージプロファイル​に移動します。

  2. 編集または削除するイメージプロファイルを選択します。編集するには、「画像処理プロファイルを編集」を選択します。削除するには、「画像処理プロファイルを削除」を選択します。

    chlimage_1-254

  3. 編集の場合は、変更内容を保存します。削除の場合は、プロファイルの削除を確定します。

Dynamic Media イメージプロファイルのフォルダーへの適用

画像プロファイルをフォルダに割り当てると、サブフォルダは自動的にそのプロファイルを親フォルダから継承します。 したがって、1つのフォルダに割り当てる画像プロファイルは1つのみです。 アセットのアップロード、保存、使用およびアーカイブを行う場所のフォルダ構造は慎重に検討してください。

フォルダーに異なるイメージプロファイルを割り当てた場合、新しいプロファイルが以前のプロファイルよりも優先されます。以前に存在していたフォルダーのアセットは変更されずに維持されます。新しいプロファイルは、その後にフォルダーに追加されるアセットに対して適用されます。

プロファイルが割り当てられているフォルダーは、ユーザーインターフェイスに表示され、プロファイルーの名前がカードに表示されます。

イメージプロファイルは、特定のフォルダーに適用することも、全アセットにグローバルに適用することもできます。

後で変更した既存のイメージプロファイルが存在するフォルダー内のアセットを再処理できます。処理プロファイルを編集した後のフォルダー内のアセットの再処理を参照してください。

特定フォルダーへの Dynamic Media イメージプロファイルの適用

ツール​メニュー内から、またはフォルダー内にいる場合は「プロパティ」から、特定のフォルダーにイメージプロファイルを適用できます。

既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

後で変更した既存のビデオプロファイルが存在するフォルダー内のアセットを再処理できます。処理プロファイルを編集した後のフォルダー内のアセットの再処理を参照してください。

プロファイルユーザーインターフェイスを使用したフォルダーへの Dynamic Media イメージプロファイルの適用

  1. AEM のロゴをタップし、ツール/Assets/イメージプロファイル​に移動します。

  2. 1 つ以上のフォルダーに適用するイメージプロファイルを選択します。

    chlimage_1-255

  3. フォルダーに処理プロファイルを適用」をタップし、新しくアップロードされたアセットの受信に使用するフォルダーまたは複数のフォルダーを選択して、「適用」をタップまたはクリックします。 既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

プロパティを使用したフォルダーへの Dynamic Media イメージプロファイルの適用

  1. AEM のロゴをタップし、「アセット」に移動した後、イメージプロファイルを適用するフォルダーに移動します。

  2. チェックマークをタップして対象のフォルダーを選択し、「プロパティ」をタップします。

  3. イメージプロファイル」タブをタップします。「プロファイル名」ドロップダウンリストからプロファイルを選択し、「保存して閉じる」をタップします。既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

    chlimage_1-256

Dynamic Media画像プロファイルをグローバルに適用

フォルダーにプロファイルを適用する以外に、1つのフォルダーをグローバルに適用することもできます。 任意のフォルダー内のExperience Managerアセットにアップロードされたコンテンツには、選択したプロファイルが適用されます。

後で変更した既存のビデオプロファイルが存在するフォルダー内のアセットを再処理できます。処理プロファイルを編集した後のフォルダー内のアセットの再処理を参照してください。

Dynamic Media画像プロファイルをグローバルに適用するには:

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • https://&lt;AEM server&gt;/mnt/overlay/dam/gui/content/assets/foldersharewizard.html/content/dam に移動して適切なプロファイル適用し、「保存」をタップします。

      chlimage_1-257

    • CRXDE Lite で、/content/dam/jcr:content ノードに移動します。

      プロパティ imageProfile:/conf/global/settings/dam/adminui-extension/imageprofile/<name of image profile> を追加し、「すべて保存」をタップします。

      configure_image_profiles

単一の画像のスマート切り抜きまたはスマートスウォッチの編集

画像のスマート切り抜きウィンドウの位置の再調整またはサイズの変更を手動でおこなって、焦点位置を細かく調整することができます。

スマート切り抜きを編集して保存すると、その画像の切り抜きを使用しているすべての場所で変更が反映されます。

必要に応じて、スマート切り抜きを再実行して、追加の切り抜きを再生成できます。

複数の画像のスマート切り抜きまたはスマートスウォッチの編集も参照してください。

単一の画像のスマート切り抜きまたはスマートスウォッチの編集

  1. AEM ロゴをタップし、アセット​に移動した後、スマート切り抜きまたはスマートスウォッチのイメージプロファイルが適用されているフォルダーに移動します。

  2. コンテンツを開くには、フォルダーをタップします。

  3. スマート切り抜きまたはスマートスウォッチを調整したい画像をタップます。

  4. ツールバーで、「スマート切り抜き」をタップします。

  5. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • ページの右上隅にあるスライダーバーを左右にドラッグして画像表示を拡大または縮小します。
    • 画像のコーナーハンドルをドラッグして、切り抜きまたはスウォッチの表示可能領域のサイズを調整します。
    • 画像上のボックスまたはスウォッチを新しい場所にドラッグします。画像スウォッチは編集できますが、カラースウォッチは静的です。
    • 画像の上部にある「元に戻す」をタップして、すべての編集作業を取り消し、元の切り抜きまたはスウォッチを復元します。
    • キーボードの矢印キーを使用して、フレームサイズを切り抜いたり、画像の位置を変更したりします。
  6. ページの右上にある「保存」をタップし、「閉じる」をタップして、アセットのフォルダーに戻ります。

複数の画像のスマート切り抜きまたはスマートスウォッチの編集

スマート切り抜きを含んだイメージプロファイルをフォルダーに適用すると、そのフォルダー内のすべての画像に切り抜きが適用されます。必要に応じて、複数の画像のスマート切り抜きウィンドウの位置の再調整またはサイズの変更を​手動​でおこなって、その焦点位置を細かく調整することができます。

スマート切り抜きを編集して保存すると、その画像の切り抜きを使用しているすべての場所で変更が反映されます。

必要に応じて、スマート切り抜きを再実行して、追加の切り抜きを再生成できます。

複数画像のスマート切り抜きまたはスマートスウォッチの編集

  1. AEM ロゴをタップし、アセット​に移動した後、スマート切り抜きまたはスマートスウォッチのイメージプロファイルが適用されているフォルダーに移動します。

  2. フォルダーで、その他のアクション(…)アイコンをタップし、「スマート切り抜き」をタップします。

  3. スマート切り抜きを編集​ページで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 画像の表示サイズを調整します。

      ブレークポイント名のドロップダウンリストの右側にあるスライダーバーを左右にドラッグして表示可能な画像表示のサイズを変更します。

      edit_smart_crops-sliderbar

    • ブレークポイント名に基づいて表示可能な画像のリストを絞り込みます。以下の例では、「中」というブレークポイント名で画像を絞り込んでいます。

      ページの右上隅にあるドロップダウンリストから、ブレークポイント名を選択して、表示する画像を絞り込みます(上記の画像を参照してください)。

      edit_smart_crops-dropdownlist

    • スマート切り抜きボックスのサイズを変更します。次のいずれかの操作をおこないます。

      • 画像にスマート切り抜きまたはスマートスウォッチのみが含まれている場合は、画像上で切り抜きボックスの隅のハンドルをドラッグします。切り抜き表示可能領域のサイズを調整します。
      • 画像にスマート切り抜きとスマートスウォッチの両方が含まれている場合は、画像上で切り抜きボックスの隅のハンドルをドラッグします。切り抜き表示可能領域のサイズを調整します。 または、画像の下のスマートスウォッチをタップし(カラースウォッチは静的です)、切り抜きボックスの隅のハンドルをドラッグします。 スウォッチの表示可能領域のサイズを調整します。

      画像のスマート切り抜きのサイズを変更します

    • スマート切り抜きボックスを移動します。次のいずれかの操作をおこないます。

      • 画像にスマート切り抜きまたはスマートスウォッチのみが適用されている場合は、画像の切り抜きボックスを新しい場所にドラッグします。
      • 画像にスマート切り抜きとスマートスウォッチの両方が適用されている場合は、画像の切り抜きボックスを新しい場所にドラッグします。または、画像の下部にあるスマートスウォッチをタップまたはクリックしてから(カラースウォッチは静的です)、スマートスウォッチの切り抜きボックスを新しい場所にドラッグします。

      edit_smart_crops-move

    • すべての編集作業を取り消し、元のスマート切り抜きまたはスマートスウォッチを復元します(現在の編集セッションにのみ適用されます)。

      画像の上にある「元に戻す」をタップします。

      edit_smart_crops-revert

  4. ページの右上にある「保存」をタップし、「閉じる」をタップして、アセットのフォルダーに戻ります。

フォルダーからのイメージプロファイルの削除

フォルダーからイメージプロファイルを削除すると、サブフォルダーは自動的に親フォルダーのプロファイルの削除状態を継承します。ただし、フォルダー内で実行されたファイルの処理はそのまま維持されます。

ツール​メニュー内から、またはフォルダー内にいる場合は「プロパティ」で、特定のフォルダーからイメージプロファイルを削除できます。

プロファイルユーザーインターフェイスを使用したフォルダーからの Dynamic Media イメージプロファイルの削除

  1. AEM のロゴをタップし、ツール/Assets/イメージプロファイル​に移動します。

  2. 1 つ以上のフォルダーから削除するイメージプロファイルを選択します。

  3. フォルダーから処理プロファイルーを削除」をタップし、プロファイルーを削除するフォルダーまたは複数のフォルダーを選択して、「削除」をタップします。

    名前がフォルダー名の下に表示されなくなっていることで、イメージプロファイルがフォルダーに適用されていないことを確認できます。

プロパティを使用したフォルダーからの Dynamic Media イメージプロファイルの削除

  1. AEM のロゴをタップして「アセット」に移動した後、イメージプロファイルを削除するフォルダーに移動します。

  2. チェックマークをタップして対象のフォルダーを選択し、「プロパティ」をタップします。

  3. イメージプロファイル」タブを選択します。

  4. プロファイル名」ドロップダウンリストから「なし」を選択し、「保存して閉じる」をタップします。

    既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now