Dynamic Media アセットの配信

ビデオでも画像でも、Dynamic Media アセットの配信方法は、Web サイトの実装方法によって異なります。

Dynamic Mediaでは、次のいくつかの方法があります。

  • WebサイトがAdobe Experience Managerでホストされている場合は、Dynamic Mediaのアセットを直接ページに追加する必要があります。

  • WebサイトがExperience Manager上にない場合は、次のいずれかを選択できます。

    • ビデオまたは画像を Web サイトに埋め込みます。
    • Web アプリケーションに URL をリンクします。ビデオプレーヤーをポップアップウィンドウまたはモーダルウィンドウとして配信する場合には、リンク機能を使用します。
    • サイトがレスポンシブな場合は、最適化された画像を配信できます。
メモ

スマートイメージングは、既存の画像プリセットと連携して動作します。 配信の最後のミリ秒の情報を使用して、ブラウザまたはネットワークの接続速度に基づいて、画像ファイルのサイズをさらに小さくします。 詳しくは、スマートイメージングを参照してください。

詳しくは、次のトピックを参照してください。

Dynamic Media アセットの HTTP/2 配信

Experience Managerで、HTTP/2を介したすべてのDynamic Mediaコンテンツ(画像およびビデオ)の配信がサポートされるようになりました。 つまり、画像やビデオの公開済み URL や埋め込みコードは、ホストされるアセットを受け取るアプリケーションとの統合に使用できます。その公開済みアセットは、その後、HTTP/2 プロトコルで配信されます。この配信方法により、ブラウザーとサーバーの通信が向上し、すべての Dynamic Media アセットの応答時間と読み込み時間が短くなります。

詳しくは、HTTP/2配信のコンテンツに関するよくある質問を参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now