Dynamic Media Cloud Service の設定について

開発、ステージング、実稼動など、様々な環境で Adobe Experience Manager を使用する場合は、環境ごとに Dynamic Media Cloud Services を設定します。

Dynamic Media のアーキテクチャ図

以下のアーキテクチャ図に Dynamic Media の仕組みを示します。

新しいアーキテクチャでは、Experience Manager は、プライマリソースアセットを扱い、Dynamic Media と同期してアセットの処理や公開をおこないます。

  1. プライマリソースアセットが Adobe Experience Manager as a Cloud Service にアップロードされると、Dynamic Media にレプリケートされます。その時点で、Dynamic Media は、ビデオエンコーディングおよび画像の動的バリアントなど、すべてのアセットの処理とレンディションの生成を扱います。
  2. レンディションが生成されると、Experience Manager as a Cloud Service から、リモート Dynamic Media レンディションに安全にアクセスしてプレビューできます(バイナリが Experience Manager as a Cloud Service インスタンスに送り返されることはありません)。
  3. コンテンツを公開および承認する準備ができると、Dynamic Media サービスがトリガーされて、コンテンツが配信サーバーにプッシュされ、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)のコンテンツがキャッシュされます。

chlimage_1-550

メモ

次の機能では、Adobe Experience Manager - Dynamic Media に組み込まれている標準搭載の CDN を使用する必要があります。他のカスタム CDN は、これらの機能ではサポートされません。

Cloud ServicesでのDynamic Media設定の作成

  1. 「Experience Manager」で、Cloud ServiceのロゴとしてExperience Managerを選択し、グローバルナビゲーションコンソールにアクセスします。

  2. コンソールの左側で、ツールアイコンを選択し、Cloud Services/Dynamic Media設定​に移動します。

  3. Dynamic Media設定ブラウザーページの左側のウィンドウで、「global」を選択します(global​の左側にあるフォルダーアイコンは選択しないでください)。 次に、「作成」を選択します。

  4. Dynamic Media 設定を作成​ページで、タイトル、Dynamic Media アカウントの電子メールアドレス、パスワードを入力し、地域を選択します。この情報は、プロビジョニングの電子メールでアドビから提供されます。この電子メールを受け取っていない場合は、アドビのサポートにお問い合せください。

  5. Dynamic Media に接続」をクリックします。

  6. パスワードを変更​ダイアログボックスの「新しいパスワード」フィールドに、8~25 文字の新しいパスワードを入力します。パスワードには、次のうち少なくとも 1 つを含める必要があります。

    • 大文字
    • 小文字
    • 数値
    • 特殊文字:# $ & . - _ : { }

    現在のパスワード」フィールドは意図的に事前入力されており、操作時には非表示になっています。

    必要に応じて、パスワードの目のアイコンを選択してパスワードを表示し、入力または再入力したパスワードのスペルを確認できます。 アイコンを再度選択すると、パスワードが非表示になります。

  7. パスワードを繰り返し」フィールドに新しいパスワードを再入力し、「完了」を選択します。

    新しいパスワードは、Dynamic Media設定を作成​ページの右上隅にある「保存」を選択すると保存されます。

    パスワードを変更​ダイアログボックスで「キャンセル」を選択した場合でも、新しく作成したDynamic Media設定を保存する際には新しいパスワードを入力する必要があります。

    パスワードをDynamic Mediaに変更するも参照してください。

  8. 接続に成功したら、次のように設定できます。

    プロパティ 説明
    会社 Dynamic Media アカウントの名前です。異なるサブブランドや部門、またはステージングや実稼動環境のために、複数の Dynamic Media アカウントを持っている場合があります。
    会社のルートフォルダーのパス 会社のルートフォルダーパスです。
    アセットの公開 次の 3 つのオプションから選択できます。
    即時​:アセットがアップロードされると、システムによってアセットが取り込まれ、URL/埋め込みがすぐに提供されます。アセットを公開するためにユーザーが操作する必要はありません。
    アクティベーション時:URL/埋め込みリンクの提供の前に、最初にアセットを明示的に公開する必要があります。
    選択的公開​:アセットは、セキュリティで保護されたプレビューのみを目的として自動公開されます。また、パブリックドメインでの配信用に DMS7 に公開することなく、Experience Manager as a Cloud Service に明示的に公開することもできます。将来的には、このオプションでアセットを相互排他的に Experience Manager as a Cloud Service に公開したり、Dynamic Media に公開したりするようになります。つまり、アセットを DMS7 に公開して、スマート切り抜きや動的レンディションなどの機能を使用できます。または、アセットを、プレビュー用に Experience Manager as a Cloud Service でのみ公開し、パブリックドメイン配信用の DMS7 で公開しないようにすることもできます。
    プレビューサーバーを保護 セキュアなレンディションプレビューサーバーへの URL パスを指定できます。つまり、レンディションが生成されると、Experience Manager as a Cloud Service は、リモート Dynamic Media レンディションに安全にアクセスしてプレビューできます(バイナリが Experience Manager as a Cloud Service インスタンスに送り返されることはありません)。
    自社のサーバーまたは特別なサーバーを使用する特別な取り決めがない限り、アドビでは、この設定を指定されたとおりにしておくことをお勧めします。
    すべてのコンテンツを同期 デフォルトで選択されています。Dynamic Media との同期で、アセットを選択して含めるまたは除外する場合は、このオプションの選択を解除します。このオプションの選択を解除すると、次の 2 つの Dynamic Media 同期モードから選択できるようになります。
    Dynamic Media 同期モード
    デフォルトで有効​- フォルダーを特別に除外するようにマークしない限り、設定はすべてのフォルダーにデフォルトで適用されます。
    デフォルトで無効 - 選択したフォルダーを Dynamic Media と同期するように明示的にマークしない限り、設定はどのフォルダーにも適用されません。
    選択したフォルダーをDynamic Mediaと同期するようにマークするには、アセットフォルダーを選択し、ツールバーで「 プロパティ」を選択します。「詳細」タブの Dynamic Media 同期モード​ドロップダウンリストで、次の 3 つのオプションから選択します。完了したら、「保存」を選択します。 注意:以前に「すべてのコンテンツを同期」を選択した場合、これら 3 つのオプションは使用できません。 Dynamic Mediaのフォ ルダーレベルでの選択的公開の操作も参照してください
    継承​- フォルダーに明示的な同期値はなく、代わりに、上位フォルダーの 1 つまたはクラウド設定のデフォルトモードから同期値を継承します。継承された詳細なステータスは、ツールチップで表示されます。
    サブフォルダーで有効にする - このサブツリー内のすべての項目を Dynamic Media との同期に含めます。フォルダー固有の設定は、クラウド設定内のデフォルトモードよりも優先されます。
    サブフォルダーで無効にする​- このサブツリー内のすべての項目を Dynamic Media との同期から除外します。
    メモ

    Dynamic Media ではバージョン管理はサポートされていません。また、遅延アクティベーションは、Dynamic Media 設定の編集ページの「アセットを公開」が「アクティベーション時」に設定されている場合にのみ、アセットが最初にアクティベートされるまでの間に限って適用されます。
    アセットがアクティベートされるとすぐに、すべての更新が S7 配信にライブ公開されます。

    dynamicmediaconfiguration2updated

  9. 保存」を選択します。Dynamic Media の新しいパスワードと設定が保存されます。「キャンセル」を選択した場合、パスワードは更新されません。

  10. Dynamic Media​の設定ダイアログボックスで、「OK」を選択して設定を開始します。

    重要

    新しい Dynamic Media 設定が完了すると、Experience Manager as a Cloud Service のインボックス内にステータス通知が届きます。
    このインボックス通知は、設定が成功したかどうかを知らせるものです。詳しくは、新しいDynamic Media設定のトラブルシューティングインボックスを参照してください。

  11. Experience Manager as a Cloud Service では、Dynamic Media コンテンツが公開される前に安全にプレビューするために、デフォルトでは、トークンベースの検証が使用されます。IP を許可リストに登録して、ユーザーがコンテンツを安全にプレビューできるようにすることもできます。この設定には、以下を実行します。

    • Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、アカウントにログインします。資格情報とログオンの詳細は、プロビジョニング時にアドビから付与されたものです。情報が確認できない場合は、アドビのカスタマーサービスにお問い合わせください。
    • ページの右上隅付近にあるナビゲーションバーで、設定 / アプリケーション設定 / 公開設定 / Image Server​に移動します。
    • Image Server 公開ページの「公開コンテキスト」ドロップダウンリストで、「画像サービングをテスト」を選択します。
    • 「クライアントアドレスフィルター」で、「追加」を選択します。
    • アドレスを有効にするには、チェックボックスをオンにし、Experience Manager オーサーインスタンスの IP アドレス(Dispatcher IP ではない)を入力します。
    • 保存」を選択します。

これで基本設定は完了です。Dynamic Media を使用する準備が整いました。

設定をさらにカスタマイズする場合は、Dynamic Media🔗の「詳細設定の設定」の任意のタスクをオプションで実行できます。

新しいDynamic Media設定のトラブルシューティング

新しい Dynamic Media 設定が完了すると、Experience Manager as a Cloud Service のインボックスにステータス通知が届きます。この通知は、以下の各インボックス画像に示すように、設定が成功したかどうかを知らせるものです。

Experience Manager インボックス成功

Experience Manager インボックス失敗

インボックスも参照してください。

新しい Dynamic Media 設定のトラブルシューティングをおこなうには::

  1. Experience Managerの右上隅付近にあるCloud Serviceページで、ベルアイコンを選択し、「すべて表示」を選択します。

  2. インボックスページで成功通知を選択し、設定のステータスとログの概要を読み取ります。

    設定に失敗した場合は、次のスクリーンショットのような失敗通知を選択します。

    Dynamic Media のセットアップの失敗

  3. DMSETUP ページで、失敗を説明する設定詳細を確認します。特に、エラーメッセージやエラーコードは控えておいてください。この情報については、Adobe のサポートにお問い合わせください。

    Dynamic Media 設定ページ

パスワードをDynamic Mediaに変更します。

Dynamic Media でのパスワードの有効期限は、現在のシステム日付から 100 年間に設定されています。

パスワードには、次のうち少なくとも 1 つを含める必要があります。

  • 大文字
  • 小文字
  • 数値
  • 特殊文字:# $ & . - _ : { }

必要に応じて、パスワードの目のアイコンを選択してパスワードを表示し、入力または再入力したパスワードのスペルを確認できます。 アイコンを再度選択すると、パスワードが非表示になります。

変更したパスワードは、Dynamic Media設定を編集​ページの右上隅にある「保存」を選択すると保存されます。

  1. 「Experience Manager」で、Cloud ServiceのロゴとしてExperience Managerを選択し、グローバルナビゲーションコンソールにアクセスします。

  2. コンソールの左側で、ツールアイコンを選択し、Cloud Services/Dynamic Media設定​に移動します。

  3. Dynamic Media設定ブラウザーページの左側のウィンドウで、「グローバル」を選択します。 global​の左側にあるフォルダーアイコンは選択しないでください。 次に、「編集」を選択します。

  4. Dynamic Media設定を編集​ページの「パスワード」フィールドのすぐ下で、「パスワードを変更」を選択します。

  5. パスワードを変更​ダイアログボックスで以下をおこないます。

    • 新しいパスワード」フィールドに、新しいパスワードを入力します。

      現在のパスワード」フィールドは意図的に事前入力されており、操作時には非表示になっています。

    • パスワードを繰り返し」フィールドに新しいパスワードを再入力し、「完了」を選択します。

  6. Dynamic Media設定を編集​ページの右上隅にある「保存」を選択し、「OK」を選択します。

(オプション)Dynamic Mediaでの詳細設定

Dynamic Media のセットアップと設定をさらにカスタマイズしたり、パフォーマンスを最適化したりする場合は、次の​オプション​タスクを 1 つまたは複数実行できます。

(オプション)Dynamic Media 設定のセットアップと設定

Dynamic Media Classic のユーザーインターフェイスを使用し、Dynamic Media の設定を変更します。

上記のタスクの一部では、Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開いて、アカウントにログインする必要があります。

セットアップおよび設定タスクには、次のものが含まれます。

Image Serverの公開設定

公開設定は、アセットがデフォルトで Dynamic Media からどのように配信されるかを決定します。設定が指定されていない場合、Dynamic Media は、公開設定で定義されたデフォルト設定に従ってアセットを配信します。例えば、解像度属性が含まれていない画像を配信するように要求した場合、画像は初期設定のオブジェクト解像度設定で配信されます。

公開設定を設定するには:Dynamic Media Classicで、設定/アプリケーション設定/公開設定/Image Server​に移動します。

Image Server 画面では、画像を配信するためのデフォルト設定を指定します。各設定の説明については、UI 画面を参照してください。

要求属性 - これらの設定は、サーバーから配信できる画像を制限します。初期設定の要求属性 - これらの設定は、画像のデフォルトの表示に関係します。共通のサムネール属性 - これらの設定は、サムネール画像のデフォルトの表示に関係します。カタログフィールドの初期設定 - これらの設定は、画像の解像度とデフォルトのサムネールの種類に関係します。カラーマネジメント属性 - これらの設定は、使用する ICC カラープロファイルを決定します。互換性の属性 - この設定により、後方互換性の確保のためにバージョン 3.6 の場合と同様に、テキストレイヤーの先頭と末尾の段落が処理されます。ローカライゼーションサポート - これらの設定によって、複数のロケール属性を管理します。また、ロケールマップ文字列を指定することもできます。これにより、ビューアのツールチップで使用する言語を指定できます。ローカライゼーションサポート​の設定について詳しくは、アセットのローカライゼーションを設定する場合の考慮事項を参照してください。

アプリケーションの一般設定の構成

アプリケーションの一般設定ページを開くには、Dynamic Media Classicグローバルナビゲーションバーで、設定/アプリケーション設定/一般設定​に移動します。

サーバー - アカウントのプロビジョニング時に、会社に割り当てられているサーバーが Dynamic Media によって自動的に提供されます。これらのサーバーは、Web サイトとアプリケーションの URL 文字列の生成に使用されます。これらの URL 呼び出しは、アカウントに固有です。Experience Manager as a Cloud Service のサポートから明示的に指示されない限り、サーバー名は変更しないでください。
画像を上書き - Dynamic Media は、2 つのファイルが同じ名前を持つことを許可しません。各項目の URL ID(ファイル名から拡張子を取り除いた部分)は一意である必要があります。これらのオプションは、置き換えるアセットのアップロード方法、つまり元のアセットを置き換えるか、重複させるかを指定します。重複するアセット名には「-1」が付けられます(例えば、chair.tif は chair-1.tif に変更されます)。これらのオプションは、元のアセットとは別のフォルダーにアップロードされたアセット、または元のアセットとは異なるファイル拡張子を持つアセットに影響します。現在のフォルダーでベース名と拡張子が同じファイルを上書き - このオプションは厳格な置換規則です。置き換え画像を元の画像と同じフォルダーにアップロードし、置き換え画像と元の画像の拡張子が同じである必要があります。これらの要件が満たされない場合は、重複する画像が作成されます。Experience Manager as a Cloud Service との一貫性を維持するには、必ず「現在のフォルダーでベース画像名と拡張子が同じファイルを上書き」を選択します。
任意のフォルダーでベースアセット名/拡張子が同じファイルを上書き - 置き換え画像と元の画像のファイル拡張子が同じである必要があります。例えば、chair.jpg は chair.jpg を置き換えるますが、chair.tif は置き換えません。ただし、置き換え画像を、元の画像と別のフォルダーにアップロードできます。更新された画像は新しいフォルダーにあり、元の場所のファイルはなくなります。
任意のフォルダーでベース名が同じファイルを上書き - このオプションは最も包括的な置換規則です。置き換え画像を、元の画像と別のフォルダーにアップロードでき、ファイル拡張子が異なるファイルをアップロードして、元のファイルと置き換えることができます。元のファイルが別のフォルダーにある場合、置き換え画像は、アップロード先の新しいフォルダーに存在します。初期設定のカラープロファイル — 詳しく は、カラーマネジメ ントの設定を参照してください。デフォルトでは、アセットの詳細表示で「レンディション」を選択した場合 15 個のレンディションが表示され、「ビューア」を選択した場合 15 個のビューアプリセットが表示されます。この制限は増やすことができます。表示する画像プリセットの数を増減または表示するビューアプリセットの数を増減を参照してください。

カラーマネジメントの設定

Dynamic Media カラーマネジメントを使用すると、アセットをカラー補正できます。カラー補正により、取り込まれたアセットは、カラースペース(RGB、CMYK、グレー)および埋め込みカラープロファイルを維持します。動的レンディションを要求した場合、画像の色は、CMYK、RGB またはグレー出力を使用するターゲットのカラースペースに補正されます。画像プリセットの設定を参照してください。

画像を要求する際にカラー補正を有効にするためのデフォルトのカラープロパティを設定するには:

  1. Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、プロビジョニング時に提供された資格情報を使用してアカウントにログインします。

  2. 設定/アプリケーション設定​に移動します。

  3. 公開設定」領域を展開して、「Image Server」を選択します。パブリッシュインスタンスのデフォルトを設定する際に、「公開コンテキスト」を「画像サービング」に設定します。

  4. 例えば「カラーマネジメント属性」領域のプロパティなど、変更が必要なプロパティにスクロールします。
    次のカラー補正プロパティを設定できます。

    プロパティ 説明
    CMYK の初期設定カラースペース 初期設定の CMYK カラープロファイルの名前。
    グレースケールのデフォルトのカラースペース 初期設定のグレーカラープロファイルの名前。
    RGB の初期設定カラースペース 初期設定の RGB カラープロファイルの名前。
    カラー変換レンダリングインテント レンダリングインテントを指定します。指定できる値は、知覚的相対的な色域を維持彩度絶対的な色域を維持​です。アドビでは、デフォルトとして​相対的​をお勧めします。
  5. 保存」を選択します。

例えば、RGB の初期設定カラースペース​を sRGB に、CMYK の初期設定カラースペース​を WebCoated に設定できます。

それには、次のようにします。

  • RGB および CMYK 画像のカラー補正を有効にします。
  • カラープロファイルを持たない RGB 画像は、sRGB カラースペースにあると見なされます。
  • カラープロファイルを持たない CMYK 画像は、WebCoated カラースペースにあると見なされます。
  • RGB 出力を返す動的レンディションは、RGB 出力を sRGB カラースペース内で返します。
  • CMYK 出力を返す動的レンディションは、CMYK 出力を WebCoated カラースペース内で返します。

サポートされる形式のMIMEタイプの編集

Dynamic Media によって処理されるアセットタイプを定義して、高度なアセット処理パラメーターをカスタマイズできます。例えば、アセット処理パラメーターを指定して次のことができます。

  • Adobe PDF を eCatalog アセットに変換する。
  • Adobe Photoshop ドキュメント(.PSD)をパーソナライズ用のバナーテンプレートアセットに変換する。
  • Adobe Illustrator ファイル(.AI)または Adobe Photoshop Encapsulated PostScript® ファイル(.EPS)をラスタライズする。
  • ビデオプ ロファイ ルと 画像プロファイルは、それぞれビデオと画像の処理を定義するために使用できます。

アセットのアップロードを参照してください。

サポートされている形式のMIMEタイプを編集するには:

  1. Experience ManagerでCloud Serviceとして、Experience ManagerをCloud Serviceのロゴとして選択してグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、一般/CRXDE Lite​に移動します。

  2. 左側のパネルで、次の場所に移動します。

    /conf/global/settings/cloudconfigs/dmscene7/jcr:content/mimeTypes

    MIME タイプ

  3. MIME タイプフォルダーで、MIME タイプを選択します。

  4. CRXDE Lite ページの右側の下部で、次の操作をおこないます。

    • 有効」フィールドをダブルタップします。 デフォルトでは、すべてのアセットの MIME タイプが有効になって(true に設定されて)います。これは、処理に関してアセットが Dynamic Media に同期されることを意味します。このアセットの MIME タイプを処理から除外する場合、この設定を false に変更します。

    • jobParam​をダブルタップして、関連するテキストフィールドを開きます。 特定の MIME タイプに使用可能な、許容される処理パラメーター値のリストについては、サポートされる MIME タイプを参照してください。

  5. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 手順 3~4 を繰り返して、その他の MIME タイプを編集します。
    • CRXDE Liteページのメニューバーで、「すべて保存」を選択します。
  6. ページの左上隅で、「CRXDE Lite」を選択して、Experience ManagerにCloud Serviceとして戻ります。

サポートされていない形式のMIMEタイプの追加

Experience Manager Assets でサポートされていない形式のカスタム MIME タイプを追加できます。CRXDE Lite に追加した新しいノードが Experience Manager によって削除されないようにするには、MIME タイプを image_ の前に移動します。また、有効な値が false に設定されていることを確認します。

サポートされていない形式のカスタム MIME タイプを追加するには:

  1. Experience Managerで、Cloud Serviceとして​ツール/運営/Webコンソール​に移動します。

    2019-08-02_16-13-14

  2. 新しいブラウザータブが開き、Adobe Experience Manager Web コンソール設定​ページが表示されます。

    2019-08-02_16-17-29

  3. ページ上で、Adobe CQ Scene7 Asset MIME type Service という名前まで下にスクロールします。次のスクリーンショットを参照してください。名前の右側にある​設定値を編集(鉛筆アイコン)をタップします。

    2019-08-02_16-44-56

  4. Adobe CQ Scene7 Asset MIME type Service​ページで、任意のプラス記号アイコン「+」を選択します。 新しいMIMEタイプを追加するためのプラス記号を選択するテーブル内の場所は簡単です。

    2019-08-02_16-27-27

  5. 空のテキストフィールドに追加した DWG=image/vnd.dwg を入力します。

    DWG=image/vnd.dwg MIME タイプはサンプル用です。ここで追加する MIME タイプは、その他のサポートされていない形式でもかまいません。

    2019-08-02_16-36-36

  6. ページの右下隅にある「保存」を選択します。

    この時点で、Adobe Experience Manager Web コンソール設定ページが開いているブラウザータブを閉じることができます。

  7. Experience Manager as a Cloud Service のコンソールを開いているブラウザータブに戻ります。

  8. Experience Managerから、Cloud Service ツール/一般/CRXDE Lite​に移動します。

    2019-08-02_16-55-41

  9. 左側のパネルで、次の場所に移動します。

    conf/global/settings/cloudconfigs/dmscene7/jcr:content/mimeTypes

  10. image_vnd.dwg MIME タイプをドラッグし、次のスクリーンショットに示すように、ツリー内の image_ の上にドロップします。

    crxdelite_cqdoc-14627

  11. MIMEタイプimage_vnd.dwgを選択したまま、「プロパティ」タブから、有効​行の​​列見出しの下にある値をダブルタップします。 ​ドロップダウンリストが開きます。

  12. フィールドに false と入力します(または、ドロップダウンリストから「false」を選択します)。

    2019-08-02_16-60-30

  13. CRXDE Liteページの左上隅付近にある「すべて保存」を選択します。

(オプション)Dynamic Mediaのパフォーマンスの調整

Dynamic Media のスムーズな実行を維持するために、アドビでは、次の同期パフォーマンス/拡張性の微調整のヒントをお勧めします。

  • 様々なファイル形式の処理に対応する定義済みのジョブパラメーターを更新する。
  • 事前定義済みの Granite のワークフロー(ビデオアセット)キューワーカースレッドを更新する。
  • Granite の事前定義済みの一時的なワークフロー(画像および非ビデオアセット)キューワーカースレッドを更新する。
  • Dynamic Media Classic サーバーへの最大アップロード接続数を更新する。

様々なファイル形式の処理に対応する定義済みのジョブパラメーターを更新する

ジョブパラメーターを調整して、ファイルアップロード時の処理を高速化できます。例えば、PSD ファイルをアップロードしても、テンプレートとして処理しない場合は、レイヤー抽出を false(オフ)に設定できます。この場合、調整されたジョブパラメーターは次のように表示されます。process=None&createTemplate=false

テンプレートの作成を有効にする場合は、次のパラメーターを使用します。process=MaintainLayers&layerNaming=AppendName&createTemplate=true

PDF ファイル、PostScript® ファイル、PSD ファイルには、以下の「調整済み」ジョブパラメーターを使用することをお勧めします。

ファイルタイプ 推奨されるジョブパラメーター
PDF pdfprocess=Rasterize&resolution=150&colorspace=Auto&pdfbrochure=false&keywords=false&links=false
PostScript® psprocess=Rasterize&psresolution=150&pscolorspace=Auto&psalpha=false&psextractsearchwords=false&aiprocess=Rasterize&airesolution=150&aicolorspace=Auto&aialpha=false
PSD process=None&layerNaming=AppendName&anchor=Center&createTemplate=false&extractText=false&extendLayers=false

これらのパラメーターをアップデートするには、「サポートされている形式の MIME タイプの編集」を参照してください。

サポートされていない形式のカスタム MIME タイプの追加」も参照してください。

Graniteの一時的なワークフローキューの更新

Granite の一時的なワークフローキューは、DAM アセットの更新​ワークフローに使用されます。Dynamic Media では、画像の取り込みおよび処理に使用されます。

Granite の一時的なワークフローキューを更新するには::

  1. https://<server>/system/console/configMgr に移動して、Queue: Granite Transient Workflow Queue を検索します。

    メモ

    OSGi PID は動的に生成されるので、ダイレクト URL ではなく、テキスト検索が必要です。

  2. 並列ジョブの最大数」フィールドで、目的の値に数値を変更します。

    並列ジョブの最大数​を増やすと、Dynamic Media へのファイルの大量アップロードを適切にサポートできます。正確な値は、ハードウェアの容量に依存します。初回移行や 1 回限りのバルクアップロードなど、特定のシナリオでは、大きな値を使用できます。ただし、大きな値(コア数の 2 倍など)を使用すると、他の同時アクティビティに悪影響を及ぼす可能性があることに注意してください。そのため、特定事例で値をテストして整する必要があります。

chlimage_1

  1. 保存」を選択します。

Graniteのワークフローキューの更新

Granite のワークフローキューは、一時的でないワークフローに使用されます。Dynamic Media では、Dynamic Media エンコーディングビデオ​ワークフローでビデオを処理するために使用されます。

Granite のワークフローキューを更新するには::

  1. https://<server>/system/console/configMgr に移動して、Queue: Granite Workflow Queue を検索します。

    メモ

    OSGi PID は動的に生成されるので、ダイレクト URL ではなく、テキスト検索が必要です。

  2. 並列ジョブの最大数」フィールドで、目的の値に数値を変更します。

    デフォルトでは、並列ジョブの最大数は、使用可能な CPU コア数によって異なります。例えば、4 コアサーバーでは、2 つの作業スレッドが割り当てられます。(0.0~1.0 の値は比率ベースです。1 より大きい場合は作業スレッドが割り当てられます)。

    ほとんどの事例では、デフォルト設定の 0.5 で十分です。

    chlimage_1-1

  3. 保存」を選択します。

Scene7アップロード接続の更新

Scene7 アップロード接続の設定は、Experience Manager Assets を Dynamic Media Classic サーバーと同期します。

Scene7 アップロード接続を更新するには::

  1. https://<server>/system/console/configMgr/com.day.cq.dam.scene7.impl.Scene7UploadServiceImpl に移動します。

  2. 接続数」フィールドおよび「アクティブなジョブのタイムアウト」フィールド、またはその両方で、必要に応じて数値を変更します。

    接続数」設定は、Experience Manager が Dynamic Media へのアップロードに使用できる HTTP 接続の最大数を制御します。通常は、事前定義の 10 個で十分です。

    Active job timeout」設定は、アップロードされた Dynamic Media アセットが配信サーバーで公開されるまでの待機時間を決定します。デフォルトでは、この値は 2100 秒または 35 分です。

    ほとんどの事例では、2100 の設定で十分です。

    chlimage_1-2

  3. 保存」を選択します。

このページ