プレビュー- JSON表現

注意

AEM GraphQL API for Content Fragments配信は、リクエストに応じて使用できます。

お使いのAEM用のAPIをCloud Serviceプログラムとして有効にするには、Adobeサポートにお問い合わせください。

コンテンツフラグメントのモデルを開発する場合、コンテンツフラグメントのサンプルJSON出力を、モデルに基づいて表示することができます。 例えば、最終的な出力がどのように見えるかを調べるには、次のように記述します。 これは、モデルのJSON構造を検証する場合に便利です。データタイプごとのデフォルトのサンプルコンテンツを使用する場合もあります。

プレビュー​アイコンを使用して、次の操作を行います。

コンテンツフラグメントエディター — 「プレビュー」タブ

現在のフラグメントのJSON表現を表示できます。 次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター — フラグメントのプレビュー

このページ