コンテンツフラグメント - 設定ブラウザー

インスタンスに対するコンテンツフラグメント機能の有効化

コンテンツフラグメントを使用する前に、設定ブラウザー​を使用して以下を有効にする必要があります。

  • コンテンツフラグメントモデル - 必須
  • GraphQL の永続的なクエリ - オプション
注意

コンテンツフラグメントモデル​を有効にしないと、新しいモデルを作成するための「作成」オプションを使用できません。

コンテンツフラグメント機能を有効にするには、次の操作を実行する必要があります。

  • 設定ブラウザーを使用して、コンテンツフラグメント機能の使用を有効にする
  • アセットフォルダーへの設定の適用

設定ブラウザーでコンテンツフラグメント機能を有効にする

特定のコンテンツフラグメント機能を使用するには、まず​設定ブラウザー​を使用して有効にする​必要があります

メモ

詳しくは、「設定ブラウザー」も参照してください。

注意

サブ設定(設定内にネストされた設定)は、コンテンツフラグメントでの使用をサポートしていません。

  1. ツール一般​に移動し、設定ブラウザー​を開きます。

  2. 作成」を使用してダイアログを開き、次の操作をおこないます。

    1. タイトル」を指定します。

    2. 使用できるようにするには、以下を選択します。

      • コンテンツフラグメントモデル
      • GraphQL の永続的なクエリ

      設定の定義

  3. 作成」を選択して、定義を保存します。

アセットフォルダーへの設定の適用

グローバル」がコンテンツフラグメント機能に対して有効になっている場合、設定はすべてのアセットフォルダーに適用されます。

他の設定(グローバル以外)を同等のアセットフォルダーで使用するには、接続を定義する必要があります。そのためには、適切なフォルダーの「フォルダーのプロパティ」の「クラウドサービス」タブで「設定」を適切に選択します。

設定の適用

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free