XMP メタデータ

XMP(Extensible Metadata Platform)は、すべてのメタデータ管理に関してExperience Managerアセットで使用されるメタデータ標準です。 XMP で提供される標準形式によって、多様なアプリケーションに対応したメタデータの作成、処理およびやり取りができます。

XMP では、すべてのファイル形式に埋め込むことができる共通のメタデータエンコーディングのほか、リッチコンテンツモデルも提供され、アドビによるサポートやその他各社のサポートがあるので、XMP を と組み合わせて使用すると強力なプラットフォームを構築できます。Assets

XMP の概要とエコシステム

Assets は、XMPメタデータ標準をネイティブにサポートします。XMP は、デジタルアセット内の標準化されたメタデータと独自メタデータを処理および格納するための規格です。XMP は、複数のアプリケーションでメタデータを効率的に使用するための共通規格となるよう設計されています。

例えば制作のプロフェッショナルは、アドビのアプリケーションに組み込まれた XMP サポートを使用して、複数のファイル形式に情報を渡します。Assetsリポジトリは、XMPメタデータを抽出し、それを使用してコンテンツのライフサイクルを管理し、自動化ワークフローを作成する機能を提供します。

XMP が提供するデータモデル、ストレージモデルおよびスキーマを使用して、メタデータの定義、作成および処理方法を規格化できます。これらの概念は、すべてこの節で説明します。

EXIF、ID3、Microsoft Office などの従来のメタデータは、すべて自動的に XMP に解釈され、製品カタログなどの顧客固有のメタデータスキーマをサポートするよう拡張することができます。

XMP のメタデータは、一連のプロパティで構成されます。これらのプロパティは、常にリソースと呼ばれる特定のエンティティに関連付けられます。つまり、プロパティはリソースの「説明」です。XMP の場合、リソースとなるのは常にアセットです。

XMP によって定義されるメタデータモデルは、任意の定義済みメタデータ項目のセットと併用できます。また、XMP によって、リソースで複数の処理手順が行われる際にその履歴を記録するうえで便利な基本的なプロパティに対して、特定のスキーマも定義されます。処理手順は、撮影、スキャンまたはテキスト作成から、画像編集手順(切り抜きやカラー調整など)を経て、最終的な画像へのアセンブリまでです。XMP の処理中に、各ソフトウェアプログラムまたはデバイスでデジタルリソースに独自の情報を付加できます。この情報は、最終的なデジタルファイルで保持されます。

XMP のシリアライズおよび格納は、通常 W3C Resource Description Framework(RDF)のサブセットを使用して実行され、XML で表記されます。

XMP の利点

XMP には、他のエンコーディング規格およびエンコーディングスキーマに比べて次の利点があります。

  • XMP ベースのメタデータは利便性が高く、細かく分類されています。
  • XMP では 1 つのプロパティに複数の値を指定できます。
  • XMP の規格化されたエンコーディングによって、メタデータを簡単にやり取りできます。
  • XMP は拡張可能です。アセットに詳細情報を追加できます。

XMP 規格は拡張できるように設計されていて、カスタムタイプのメタデータを XMP データに追加できます。一方、EXIF は拡張できません。EXIF のプロパティのリストは固定されていて、拡張することはできません。

メモ

XMP では通常、バイナリデータタイプを埋め込むことはできません。XMP でバイナリデータ(サムネール画像など)を扱う場合、XML に対応するフォーマット(Base64 など)でエンコーディングする必要があります。

XMP の中心概念

名前空間とスキーマ

XMP スキーマは、一連のプロパティ名を共通の XML 名前空間で定義したものです。
名前空間には、データタイプや識別情報が含まれます。XMP スキーマは、そのスキーマの XML 名前空間 URI によって識別されます。名前空間を使用すると、異なるスキーマに存在する、名前が同じで意味が異なるプロパティとの競合を防ぐことができます。

例えば、別個に設計された 2 つのスキーマにある Creator プロパティは、アセットを作成した個人を意味する場合と、アセットの作成元アプリケーション(Adobe Photoshop など)を意味する場合があります。

XMP のプロパティと値

XMP には、1 つ以上のスキーマからプロパティを選択し含めることができます。多くのアドビアプリケーションで使用される一般的なサブセットに含まれるプロパティの例を示します。

  • Dublin Core スキーマ:dc:titledc:creatordc:subjectdc:formatdc:rights
  • XMP 基本スキーマ:xmp:CreateDatexmp:CreatorToolxmp:ModifyDatexmp:metadataDate
  • XMP Rights Management スキーマ:xmpRights:WebStatementxmpRights:Marked
  • XMP Media Management スキーマ:xmpMM:DocumentID

代替言語

XMP には、xml:lang プロパティをテキストプロパティに追加して、テキストの言語を指定する機能があります。

レンディションへの XMP の書き戻し

Adobe Experience Manager Assets の XMP 書き戻し機能では、メタデータの変更内容を元のアセットのレンディションに複製します。Assets 内からアセットのメタデータを変更した場合、またはアセットをアップロードした場合、変更内容は最初アセット階層のメタデータノードに保存されます。の書き戻し機能によって、メタデータの変更が、アセットのすべてのレンディションまたは特定のレンディションに反映されます。この機能は、jcr 名前空間を使用するメタデータプロパティのみを書き戻します。つまり、dc:title という名前のプロパティは書き戻されますが、mytitle という名前のプロパティは書き戻されません。

例えば、「」というタイトルのアセットの「タイトルClassic Leather」プロパティを「Nylon」に変更するシナリオについて考えます。

メタデータ

この場合、Assets ではこの「タイトル」プロパティへの変更が、アセット階層に格納されているアセットメタデータの dc:title パラメーターに保存されます。

リポジトリーのアセットノードに格納されたメタデータ

重要

Assets では、書き戻し機能はデフォルトでは有効になっていません。メタデータの書き戻しを有効にする方法を参照してください。デジタルアセット用の MSM は、メタデータの書き戻しが有効になっている場合は機能しません。書き戻し時に、継承が中断されます。

XMP の書き戻しの有効化

アセットのメタデータの書き戻しには、DAM メタデータの書き戻しワークフローが使用されます。書き戻しを有効にするには、次の 3 つの方法のいずれかを実行します。

  • ランチャーを使用する
  • DAM MetaData Writeback ワークフローを手動で開始する
  • 後処理の一部としてワークフローを設定する

ランチャーを使用するには、次の手順に従います。

  1. 管理者として、ツールワークフローランチャー​にアクセスします。

  2. ワークフロー」列に DAM メタデータの書き戻し​が表示されているランチャーを選択します。ツールバーの「プロパティ」をクリックします。

    DAM メタデータ書き戻しのランチャーを選択してプロパティを変更しアクティベートする

  3. ランチャーのプロパティ​ページで「アクティベート」を選択します。「保存して閉じる」をクリックします。

このワークフローをアセットに 1 回だけ適用するには、左側のパネルから DAM メタデータの書き戻しワークフローを適用します。

すべてのアップロードしたアセットにワークフローを適用するには、ワークフローを後処理プロファイルに追加します。

このページ