ユーザーと役割の追加

Cloud Manager の多くの機能には、使用するための特定の権限が必要です。例えば、プログラムの主要業績評価指標(KPI)を設定できるのは、特定のユーザーだけです。これらの権限は、論理的にグループ化されて役割になります。

Cloud Manager では、現在、特定の機能を使用できるかどうかを制御する次の 4 つのユーザー役割を定義しています。

  • ビジネスオーナー
  • プログラムマネージャー
  • デプロイメントマネージャー
  • デベロッパー
注意

Cloud Manager を使用するには、Adobe ID と Adobe Managed Services 製品コンテキストが必要です。

役割の定義

メモ

Admin Console の「開発者」ペルソナは、Cloud Manager のデベロッパーの役割とは無関係です。

役割の概要を次の表に示します。

Cloud Manager の役割 説明
ビジネスオーナー KPI の定義、実稼動デプロイメントの承認、重大な 3 層エラーのオーバーライドを担当します。
プログラムマネージャー Cloud Manager を使用して、チームの設定、ステータスのレビュー、KPI の確認をおこないます。重大な 3 層エラーを承認することができます。
デプロイメントマネージャー デプロイメント作業を管理します。Cloud Manager を使用して、ステージング環境または実稼動環境へのデプロイメントを実行します。CI/CD パイプラインを編集できます。重大な 3 層エラーを承認することができます。Git リポジトリーにアクセスできます。
デベロッパー カスタムアプリケーションコードを開発およびテストします。主に Cloud Manager を使用してステータスを確認します。Git リポジトリーにアクセスして、コードをコミットできます。
カスタマーサクセスエンジニア AMS のお客様のカスタマーサクセスを全般的にサポートします。CSE 管理が必要なデプロイメントを実行するために、Cloud Manager を操作します。
コンテンツ作成者 通常は、Cloud Manager を操作しません。(Experience Cloud からナビゲートした)Cloud Manager プログラムスイッチャーを使用して、AEM にアクセスできます。

Admin Console を使用したプロファイルの作成

Cloud Manager の役割は Adobe Admin Console で管理されます。特定の役割のメンバーシップは、Admin Console でユーザーを Cloud Manager 製品プロファイルに追加することで提供されます。

Adobe Admin Console でユーザーを Cloud Manager 製品プロファイル​に追加することで、特定の役割のメンバーシップを割り当てることができます。Admin Console では、組織全体にわたるアドビ製品の使用権限を一元的に管理できます。Adobe Admin Console について詳しくは、Admin Console のドキュメントを参照してください。

メモ

Admin Console にアクセスしてチーム(ユーザーと役割)を設定するには、ブラウザーを開き、https://adminconsole.adobe.com にアクセスします。

役割に基づく適切な権限を Cloud Manager ユーザーに付与するには、顧客の​組織​の管理者が AEM Managed Services 製品コンテキストの下で新しい製品プロファイルを作成する必要があります。

役割に基づく適切な権限を Cloud Manager ユーザーに与えるには、4 つの Cloud Manager 役割に対応する 4 つの新しい製品プロファイルを管理者が AEM Managed Services 製品コンテキストの下に作成する必要があります。

  • ビジネスオーナー
  • デプロイメントマネージャー
  • デベロッパー
  • プログラムマネージャー

以下の図に示すように、Cloud Manager の Admin Console で、これらの製品プロファイルにユーザーやグループを作成または追加できます。

  1. Admin Console にログインし、「新規プロファイル」をクリックして新しいプロファイルを追加します。

  2. Cloud Manager の新しい役割を設定するためのフィールドに入力します。

    プロファイル名」と「表示名」を入力して、新しいプロファイルを作成します。また、プロファイルの「権限グループ」を選択することもできます。

    完了」をクリックして、プロファイル作成手順を完了します。

    メモ

    これらの製品プロファイルを作成する際、表示名​は、Cloud Manager で定義されている値(以下の表を参照)である必要があります。プロファイル名​は任意ですが、混乱を避けるために、以下の​推奨プロファイル名​列の値を使用することをお勧めします。それには、製品プロファイルの作成時に「プロファイル名と同じ」チェックボックスをオフにし、対応する値を「表示名」として指定します。

    役割 表示名(必須) 推奨プロファイル名
    ビジネスオーナー CM_BUSINESS_OWNER_ROLE_PROFILE Cloud Manager - ビジネスオーナーの役割
    デプロイメントマネージャー CM_DEPLOYMENT_MANAGER_ROLE_PROFILE Cloud Manager - デプロイメントマネージャーの役割
    デベロッパー CM_DEVELOPER_ROLE_PROFILE Cloud Manager - デベロッパーの役割
    プログラムマネージャー CM_PROGRAM_MANAGER_ROLE_PROFILE Cloud Manager - プログラムマネージャーの役割

  3. 製品プロファイルを作成したら、それらの製品プロファイルにユーザー(またはグループ)を追加できます。

このページ