アクセス権の付与

ユーザーの ID タイプ

アドビでは、オンボーディングプロセスの一部として、アドビの ID 管理システム(IMS)に会社の​組織 ID を作成します。このシステムで、すべてのユーザーとその権限を管理できます。各ユーザーがこの組織のメンバーになる必要があり、任意の Experience Cloud サービスへのアクセス権を付与される場合、ユーザーには専用の Adobe ID が必要になります。

Adobe ID の使用を開始するには、Adobe ID タイプの管理を参照して、使用可能ないずれかの ID タイプを使用して Adobe ID を取得する方法の詳細を確認してください。

ユーザーと役割

会社の組織 ID が作成されたら、指定した管理者がこの組織の最初のメンバーとして追加されます。この管理者には、デフォルトで管理者権限が付与され、AEM Managed Services 製品および 1 つ以上の Cloud Manager製品プロファイルが割り当てられます。Admin Console を使用してチームユーザーを設定および管理する方法について詳しくは、ユーザーと役割の追加を参照してください。

これらの権限を付与されると、管理者は、シングルサインオン(Adobe ID を使用)で Experience Cloud サービスへのアクセス、AEM クラウド環境へのログイン、Cloud Manager の使用をおこなえるように設定されます。

このページ