リリースノート(2021.5.0)

以下の節では、Cloud Manager リリース 2021.5.0 の一般リリースノートの概要を説明します。

メモ

AEM as a Cloud Service での Cloud Manager の最新のリリースノートについては、現在のリリースノートを参照してください。

リリース日

Cloud Manager バージョン 2021.5.0 のリリース日は 2021 年 5 月 6 日(PT)です。

新機能

  • PackageOverlaps 品質ルールは、デプロイされたパッケージセットに同じパッケージが複数回(複数の埋め込み場所に)デプロイされた場合に検出するようになりました。

  • Public API のリポジトリーエンドポイントに、Git URL が含まれるようになりました。

  • プログラムの編集ワークフローでは、ユーザーは非 10 進型の KPI 値の設定のみが許可されます。

  • コードを Adobe Git にプッシュ中に発生していた断続的なエラーが解決されました。

  • プログラムの編集エクスペリエンスが新しくなりました。

バグ修正

  • パイプライン変数 API は、「削除済み」変数を削除するのではなく、ステータスを「削除済み」にするだけです。

  • コードの臭いのタイプの品質問題が、誤って信頼性の評価に影響していました。

  • パイプラインの実行が午前 0 時から午前 1 時(UTC)の間に開始された場合、Cloud Manager で生成されるアーティファクトのバージョンが、前日に作成されたバージョンより大きいことが保証されませんでした。

  • Adobe Managed Services(AMS)の一部のユーザーが、Cloud Manager API を使用して、Adobe I/O デベロッパーコンソールで新しいプロジェクトを作成することができませんでした。

このページ