リリースノート(2020.7.0)

以下の節では Cloud Manager リリース 2020.7.0 の一般リリースノートの概要を説明します。

リリース日

Cloud Manager バージョン 2020.7.0 のリリース日は 2020 年 7 月 9 日(PT)です。

新機能

  • 実稼動環境でのデプロイメント中に、ロードバランサーから Dispatcher インスタンスをデタッチおよびアタッチする際、より一貫した方法で動作するようになりました。

  • Cloud Manager ビルドコンテナで、Java 8 と Java 11 の両方がサポートされるようになりました。

  • Cloud Manager のパイプラインで、カスタマーセットの変数とシークレットがサポートされるようになりました。
    詳細は、「 パイプライン変数」を参照してください。

バグ修正

  • 非実稼動パイプライン編集ページの「キャンセル」および「保存」のオプションが常に表示されていませんでした。

  • コード品質プロセスで特定のエラーが発生すると、ログファイルが正しく生成されない場合があります。

  • 一部の大規模なパイプラインステップログは、ユーザーインターフェイスから一貫性のある方法でダウンロードできませんでした。

既知の問題

  • AMS 環境にスタンバイインスタンスが含まれる場合、ログに記録されるメッセージには、そのインスタンスがスタンバイモードになっておらず、ダウンしていることが示されます。

  • コードカバレッジの計算方法が変更されたことで、Jacoco プラグインの​最小​バージョンが 0.7.5.201505241946(2015 年 5 月リリース)になりました。古いバージョンを明示的に参照するお客様は、コード品質プロセスでエラーメッセージを受け取ります。

このページ