リリースノート(2020.4.0)

以下の節では Cloud Manager リリース 2020.4.0 の一般リリースノートの概要を説明します。

リリース日

Cloud Manager バージョン 2020.4.0 のリリース日は 2020 年 4 月 9 日(PT)です。

新機能

  • ナビゲーションの Cloud Manager の概要ページを変更し、ユーザーがプログラムを編集または切り替えできるようになりました。
  • ユーザーが Cloud Manager ランディングページのプログラムカードからプログラムを編集できるように変更しました。
  • 関連付けられた環境に対して、新しいパイプラインステータス「パイプライン実行中」が表示されます。
  • パイプライン実行ページをわかりやすく改善しました。これには、パイプライン名(非実稼動パイプラインのみ)とタイプの表示、およびパイプラインのステータスが「処理中」、「キャンセル」、「失敗」のいずれであるかを示すバッジが含まれます。
  • git パスワードの生成に使用されるプロセスは、基盤となるサービス層の問題に対してより柔軟に対処できるようになりました。

バグ修正

  • 監視データが誤った方法で表示されたり、技術的な値の小さな相違に基づいて表示されない場合がありました。
  • アーティファクトのメタデータをダウンロードする際のデッドロックを回避するため、ビルドコンテナで使用される Maven の設定を更新しました。
  • Assets のパフォーマンステストプロセスで、AEM パスワードを復号化できず、テストが失敗することがありました。
  • スタンバイインスタンスを持つトポロジの中には、セキュリティテストが偽陽性になるものもあります。
  • ステージ環境に停止したインスタンスが含まれている場合、セキュリティテスト手順が失敗することがあります。
  • Experience Cloud の通知が一貫して受信されませんでした。

このページ