リリースノート(2019.9.0)

Cloud Manager 2019.9.0 リリースでは、セキュリティテスト条件を更新し、ダウンロード可能な監視グラフを追加し、お客様から報告されたユーザービリティの問題を修正しました。

リリース日

Cloud Manager バージョン 2019.9.0 のリリース日は 2019 年 9 月 12 日(PT)です。

新機能

  • Sling Referrer Filter ヘルスチェックの分類が、Critical から Important に変更されました。
  • HTML Library Manager 設定ヘルスチェックの分類が、Critical から Important に変更されました。
  • 監視グラフがダウンロードできるようになりました。詳しくは、環境の監視を参照してください。
  • プログラムに実稼動 AEM 環境がない場合、ランディングページからプログラムカードをクリックすることで、エラーダイアログが表示されることなく、Cloud Manager の概要ページにナビゲートします。
  • 概要​ページの​パイプライン設定​カードは、タイトルが​実稼動パイプライン設定​に変更されました。
  • コード品質のみのパイプラインから「重要な失敗の動作」ラジオボタンが削除されました。
  • アクティビティ​ページに、各実行のパイプラインの名前が表示されるようになりました。
  • 実行ページに、パイプラインの名前が表示されるようになりました。
  • コード品質概要ダイアログに、各評価の説明が表示されるようになりました。

バグ修正

  • 一部のユーザーは、承認待ちの場合に、実行の詳細を表示できないことがありました。
  • 概要​ページでは、右マージンが一貫していませんでした。
  • 大きなプロジェクトで、ビルドコンテナがメモリを使い果たす可能性がありました。
  • 特定の状況で、BannedPaths OakPAL ルールが /libs にインストールされたコンテンツを識別しませんでした。
  • 品質ゲートが拒否された場合でも、ダイアログの見出しに​「部分的に合格」​と表示されていました。

既知の問題

  • 監視グラフのダウンロードは Safari では利用できません。

このページ