リリースノート(2019.4.0)

Cloud Manager 2019.4.0 リリースには、重要な機能変更は含まれていません。詳しくは、以下の節を参照してください。

リリース日

Cloud Manager バージョン 2019.4.0 のリリース日は 2019 年 4 月 18 日(PT)です。

新機能

  • Cloud Manager の UI は、英語、フランス語、ドイツ語、日本語で利用できるようになりました。
  • デプロイメントの手順に、現在実行中(バックアップの実行中、パッケージのインストール中、ロードバランサーの再設定中)のプロセスが含まれるようになりました。

バグ修正

  • Dispatcher の変更をデプロイする場合のアプローチが改善され、追加の使用例が処理されるようになりました。
  • 一部のインスタンスサイズタイプが環境ページに正しく表示されていませんでした。
  • コード品質ルール CQBP-84-dependencies では、WCM Core Components や Asset Share Commons などのアドビの埋め込みライブラリが誤判定されていました。
  • 詳細が使用できない場合でも、コードスキャンステップ用の詳細ボタンが有効になっていました。
  • 1 分あたりのページビュー数に無効な値が指定されると表示されるエラーメッセージで、KPI の下限が正しくありませんでした。
  • 実稼動以外のパイプラインのデプロイメントカテゴリが、間違って大文字になっていました。
  • Git リポジトリーが正しく設定されていない場合、概要​ページのコールトゥアクションカードに間違ったテキストが表示されていました。

既知の問題

  • SLA 値が正しく四捨五入されない場合があります。

このページ