リリースノート(2019.10.0)

次の節では、Cloud Manager リリース 2019.10.0 のリリースノートの概要と、デプロイ手順と Maven プロジェクトのバージョン処理の更新について説明しています。
詳しくは、以下の節を参照してください。

リリース日

Cloud Manager バージョン 2019.10.0 のリリース日は 2019 年 10 月 10 日(PT)です。

新機能

  • デプロイメント手順の大部分でパフォーマンスが向上しました。
  • 必要に応じて、ビルド Maven プロジェクトのバージョンで、プロジェクトのバージョンが Git に組み込まれるようになります。
  • ビルド時に、新しい環境変数を使用できます。
  • 非実稼動用パイプラインは、概要​ページのカードおよび API から削除できます。
  • ステージのデプロイ手順の直後、セキュリティテスト手順の前に、新しいオプションの承認手順があります。
  • CI/CD パイプラインを設定する場合、開発環境およびステージ環境で、ロードバランサーからのディスパッチャーインスタンスのデタッチとアタッチをスキップできます。詳細は、「デプロイメントプロセス」を参照してください。
  • 実行手順ログへのアクセスをサポートするよう、Cloud Manager CLI が強化されました。
  • Cloud Manager API で、パイプラインの設定済みブランチの編集がサポートされるようになりました。
  • パフォーマンステスト中に実行されるリクエストに、ユーザーエージェントの特定の CloudManagerTest(トークン)が含まれるようになりました。

バグ修正

  • 概要​ページの一部のカードで、垂直方向の位置揃えが適切におこなわれていませんでした。
  • 一部の失敗状態では、パイプライン実行が正しくマークされず、その後の実行が妨げられていました。

このページ