評価段階

製品アップデートウィザードの第 1 段階は​評価段階です。
ここでは、ウィザードから直接アクセスできるパターン検出を使用して、アップグレードの複雑さを評価できます。このステップの終わりに、評価レポートにアクセスできます。

生成されたレポートでは、次のパターンを検出することで、オーサーインスタンスのアップグレードをチェックできます。

  • 特定のルールに違反しており、アップグレードで影響を受けるか上書きされる領域で実行されている。

  • 新しい AEM との下位互換性のない AEM 6.x 機能や API を使用しており、アップグレード後に動作しない可能性がある。

これにより、Adobe Experience Manager(AEM)6.5 へのアップグレードに必要な開発作業量を評価できます。

メモ

パターン検出について詳しくは、パターン検出を使用したアップグレードの複雑性の評価を参照してください。

エバリュエーターの実行

評価レポートを生成するには、次の手順に従います。

  1. 評価を実行」をクリックします。

    メモ

    パターン検出はどのような環境でも実行できます。ただし、検出率を向上させ、ビジネスクリティカルなインスタンスの速度低下を避けるために、Cloud Manager ではオーサーインスタンス上のステージング環境でパターン検出を実行します。

  2. ウィザードから、アクションのステータスが通知されます。評価レポートの生成中に、進行中​または​完了​が適宜表示されます。

    レポートが生成されたら、「レポートのダウンロード」をクリックしてコピーを保存できます。

    メモ

    Cloud Manager における製品アップデートウィザードの現在のリリースでは、評価​段階のみサポートされています。修正実行検証完了​の 4 段階は、現在準備中です。

このページ