主要な概念

このページでは、Cloud Manager で使用される基本的な用語について説明します。Cloud Manager の他のドキュメントを確認する前に、このページをお読みください。

アプリケーション 基本的なソリューションを特定の用途やニーズに適応させるために顧客が作成したカスタマイズと設定のセット。アプリケーションは、複数のアーティファクトで構成される論理単位です。

例えば、We.Retail などがあります。

アーティファクト デプロイ可能なユニット。ソースコードを単一のユニットに変換する何らかのビルドプロセスの結果です。例えば、ソースコードを格納した Zip ファイルなどです。

アーティファクトリポジトリー 顧客固有のアーティファクトが保存され保護される格納場所。

環境 1 つのプログラム内の単一の仮想マシンクラスター。AEM の場合は、1 つのオーサーインスタンス(オプションでコールドスタンバイオーサーインスタンスも追加)、0 または 1 つ以上のパブリッシュインスタンス、1 つ以上のディスパッチャーインスタンス、1 つのロードバランサーで構成されます。

Git リポジトリー 顧客固有のソースコードが格納され、Git プロトコルを使用してアクセスできる場所。

インスタンス AEM ソリューションを実行している特定の仮想サーバー。インスタンスは、デプロイメントの観点から見た単一の論理単位を表します。

組織 エンタープライズ顧客を表す構成要素。アドビの ID 管理システムでの当初のプロビジョニング方法によっては、1 つの会社に複数の組織が存在することがあります。

パイプライン 順に実行される一連のデプロイメントステップ。

製品 組織でライセンスされたソリューションに含まれる機能の特定のセット。1 つの組織内の異なるプログラムが、異なる製品セットに含まれる場合があります。(例:Sites、Assets、Forms)。

プログラム 通常、購入したサービス契約(SLA)に対応する顧客の構想の論理的なグループをサポートする環境のセット。各プログラムには 1 つの実稼動環境があり、場合によっては、実稼動環境以外の環境も多数あります。

ソリューション Adobe Experience Cloud ソリューションの 1 つ。例えば、Adobe Experience Manager、Adobe Target、Adobe Analytics などです。

ステップ 何らかの作業単位を遂行する設定済みの命令セット、パイプラインの構成要素。

このページ