環境の管理

メモ

AEM as a Cloud Servic での Cloud Manager の管理については、こちらを参照してください。

Cloud Manager の​概要​ページには、管理対象のすべての AEM 環境を一覧表示する​環境​タイルが含まれています。

一覧される各環境には、関連するステータスが表示されます。

ビデオチュートリアル

Cloud Manager 環境の概要

次のビデオでは、AEM Author、AEM Publish およびディスパッチャーの各インスタンスで構成される Cloud Manager 環境の概要を説明します。

Cloud Manager での環境へのアクセス

環境​タイルには、プログラムでプロビジョニングされた実稼動環境とステージング環境が表示されます。

ステータスは、環境内のノード全体の総合的な稼動状態です。すべてのノードが実行中であれば緑、停止しているノードが 1 つでもあれば赤、準備中のノードが 1 つでもあれば青、稼動状態が使用不可のノードが 1 つでもあれば黄色になります。

環境

管理」をクリックすると、環境​画面が表示されます。

環境​画面には、プログラムの​実稼動​環境および​ステージ​環境ごとにカードが表示されます。環境の名前は各カードの上部に表示されます。カードには、環境内のノードの表と、CPU(T シャツサイズで表示)、ストレージ、地域およびステータスが含まれます。

メモ

ノードの​ステータス​は、VM の稼動状態を表し、サーバー上の AEM のステータスは表しません。ステータスは​実行中(緑の円)、停止(赤の円)、準備中(青の円)、使用不可(黄色の円)のいずれかです。

このページ