リリースブランチの設定

Git での最初のブランチの設定

Cloud Manager でオンボーディングされるプログラムごとに、最初は空の Git リポジトリー​が 1 つプロビジョニングされます。このリポジトリーには、開発プロセスで対象とする数のブランチを格納できますが、アプリケーションコードをステージングおよび実稼動環境にデプロイするために CI/CD パイプラインで使用されるブランチが少なくとも 1 つ必要です。このブランチの名前としてmasterを使用することをお勧めします。好都合なことに、これは、新規プロジェクトを設定する際の Git クライアントのデフォルト動作になっています。

例えば、新規プロジェクトを設定する場合、次のような一連のコマンドを実行します。

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/myname/workspace/new-project/.git/
... steps which add Maven build files and source code ...
$ git add pom.xml core/pom.xml core/src ui.apps/pom.xml ui.apps/src
$ git commit -m "initial commit"
 19 files changed, 777 insertions(+)
 create mode 100644 core/pom.xml
 create mode 100644 pom.xml
 create mode 100644 ui.apps/pom.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/META-INF/vault/config.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/META-INF/vault/definition/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/META-INF/vault/filter.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/META-INF/vault/nodetypes.cnd
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/META-INF/vault/properties.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/apps/my-aem-project/install/.vltignore
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/policies/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/policies/_rep_policy.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/template-types/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/template-types/_rep_policy.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/templates/.content.xml
 create mode 100644 ui.apps/src/main/content/jcr_root/conf/my-aem-project/settings/wcm/templates/_rep_policy.xml
メモ

必ずしも、コマンドラインクライアントを使用する必要はありません。スタンドアロンアプリケーションとして、または Eclipse や IntelliJ などの統合開発環境(IDE)の一部として使用できるグラフィカルな Git クライアントが各種あります。クライアントアプリケーションが HTTPS で Git をサポートしている限り、Cloud Manager と互換性がある必要があります。

最初のブランチのプッシュ

少なくとも 1 つのリビジョンをコミットしたら、Cloud Manager リポジトリーを​リモート​リポジトリーとして追加した後、そこにコミットを次のようにプッシュできます。

$ git remote add adobe <url>
$ git push adobe master
Counting objects: 36, done.
Delta compression using up to 8 threads.
Compressing objects: 100% (27/27), done.
Writing objects: 100% (36/36), 7.31 KiB | 1.83 MiB/s, done.
Total 36 (delta 6), reused 0 (delta 0)
To <url>
 * [new branch]      master -> master
メモ

Cloud Manager のオンボーディング中に、カスタマーサクセスエンジニアからユーザーに具体的な URL と資格情報が提供されます。

追加のブランチ

非常にシンプルなプロジェクトにはただ 1 つのmasterブランチでも十分なことがありますが、ほとんどの場合は、より複雑なブランチ戦略が必要になります。多くの顧客が従っているプロセスでは、developというブランチで日々の開発アクティビティが実行され、デプロイメント時に開発ブランチがmasterブランチに結合されます。

メモ

よく使用される Git コマンドについては、Git チートシートを参照してください。

このページ