Cloud Manager リリース 2022.3.0 のリリースノート

このページは、Cloud Manager リリース 2022.3.0 のリリースノートです。

メモ

AEM as a Cloud Service の Cloud Manager の最新リリースノートについては、AEM as a Cloud Service の Cloud Manager の最新リリースノートを参照してください。

リリース日

Cloud Manager リリース 2022.3.0 のリリース日は 2022年3月10日(PT)です。次回のリリースは 2022年4月7日(PT)に予定されています。

新機能

  • アセットテストからのアウトバウンド HTTP リクエストは、固定 IP 範囲から送信されるようになりました。

バグ修正

  • ロードバランサーの変更をスキップ」オプションを無効にできませんでした。
  • ロードバランサーの変更をスキップ」オプションが AMS 開発デプロイの​パイプラインを編集ワークフロー​に表示されていませんでした。
  • 手動で作成した Git リポジトリのサブセットで名前の値が間違っていたので、ビルドアーティファクトの再利用機能が有効に働きませんでした。これらのリポジトリの名前が変更され、Cloud Manager API/UI では修正された名前がユーザーに表示されます。
  • 実稼動以外のパイプラインから得られたビルドアーティファクトが、実稼動のフルスタックパイプラインで不適切に再利用されていました。
  • コード品質パイプラインを追加または編集する際に、指標の失敗を処理するためのオプションが表示されなくなりました。
  • 予期しないパイプライン変数設定がビルドステップで一部生じる可能性がありました。

このページ