Adobe Cloud Manager と Git の統合

Adobe Cloud Manager には、Cloud Manager の CI/CD パイプラインを使用したコードのデプロイに使用される単一の Git リポジトリーがプロビジョニングされます。Cloud Manager の Git リポジトリをそのまま使用することも、オンプレミスまたは顧客管理の Git リポジトリを Cloud Manager と統合することもできます。

Git 統合の概要

このビデオシリーズでは、顧客が管理する Git リポジトリと Cloud Manager の統合に関する使用例をいくつか紹介します。

このビデオシリーズは、Git とソース管理に関する基本的な知識を前提としています。 Git について詳しくは、以下のその他のリソースを参照してください。

このビデオシリーズで概要を説明する手順と命名規則は、顧客管理 Git リポジトリーと Cloud Manager を使用する際のベストプラクティスです。規則とワークフローは、個々の開発チームに合わせて調整してください。

Cloud Manager の完全な概要については、ドキュメントを確認してください Cloud Manager の概要です。

初期同期

顧客が管理する Git リポジトリを Cloud Manager の Git リポジトリと同期するための最初の手順。

基本分岐戦略

Cloud Manager の実稼動パイプライン実稼動以外のパイプラインを活用するために、基本的なブランチ戦略を設定します。

機能ブランチの開発

機能ブランチを使用して、顧客が管理する Git リポジトリー内のコード変更を分離し、Cloud Manager の Git リポジトリーと同期して、コードの品質と検証のテストに非実稼動パイプラインを使用します。

実稼動のデプロイメント

顧客が管理する Git リポジトリで実稼動版リリースのコードを準備し、Cloud Manager の Git リポジトリと同期して、ステージング環境と実稼動環境にデプロイします。

リリースタグの同期

Cloud Manager の Git リポジトリのリリースタグを、顧客が管理する Git リポジトリに同期して、ステージング環境と実稼動環境にデプロイされたコードを明確に把握できるようにします。

その他のリソース

このページ