AEM Assets と Brand Portal の連携の設定

Brand PortalでAdobe Experience Managerアセットを設定すると、Brand Portalユーザのアセット公開、アセット配信、およびアセット貢献度機能を有効にできます。 これにより、AEM Assetsのユーザは、Brand Portalユーザと共にアセットを公開および配信できます。 Brand Portalのユーザは、アセット貢献度フォルダに新しいアセットをアップロードしてAEM Assetsに公開することで、共有アセットにアクセスして貢献できます。

Brand PortalでのAEM Assetsの設定は、次の場所でサポートされています。

  • AEM Assets as a Cloud Service
  • AEM Assets(オンプレミスおよびマネージドサービス) 6.3以降

Cloud ServiceとしてのAEM Assetsは、Cloud ManagerからBrand Portalをアクティブ化することで、Brand Portalで自動的に設定されます。 アクティベーションワークフローは、バックエンドで必要な設定を作成し、Cloud ServiceインスタンスとしてAEM Assetsと同じIMS組織でBrand Portalをアクティブにします。

一方、AEM Assets(オンプレミスおよびマネージドサービス)は、Adobe開発者コンソールを使用してBrand Portalで手動設定します。これにより、Brand Portalテナントの認証用にAdobeIdentity Managementサービス(IMS)トークンが調達されます。

メモ

AEM Assets 6.3 以降の場合

これまで、Brand Portal は、旧来の OAuth ゲートウェイを通じてクラシックインターフェイスで設定されていました。このゲートウェイは、JSON Web トークン(JWT)交換を使用して認証用の IMS トークンを取得します。

旧来の OAuth を使用した設定は、2020 年 4 月 6 日以降はサポートされなくなり、Adobe 開発者コンソールを使用した設定に変更されました。

ヒント

既存のお客様専用(オンプレミスおよびマネージドサービス)

旧来の OAuth ゲートウェイを通じた設定は、既存のお客様には引き続きご利用いただけます。

旧来の OAuth ゲートウェイを通じた設定で問題が発生した場合は、Adobe 開発者コンソールで既存の設定を削除し新しい設定を作成します。

AEM Assets と Brand Portal の連携を設定する手順は、AEM のバージョンと、初めて設定するか既存の設定をアップグレードするかによって異なります。

AEM のバージョン 新しい設定 設定のアップグレード
AEM Assets as a Cloud Service Brand Portal のライセンス認証 -
AEM 6.5(6.5.4.0 以降) 設定の作成 設定のアップグレード
AEM 6.4(6.4.8.0 以降) 設定の作成 設定のアップグレード
AEM 6.3(6.3.3.8 以降) 設定の作成 設定のアップグレード
AEM 6.2 サポートへのお問い合わせ サポートへのお問い合わせ

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now