アセットソーシングの概要

アセットソーシング​を使用すると、追加の​アセット投稿​プロパティを持つ新しいフォルダーを AEM ユーザー(管理者/管理者以外のユーザー)が作成できるので、この新規作成フォルダーを Brand Portal ユーザーによるアセット送信に利用することができます。これにより、新しく作成された​投稿​フォルダー内に SHARED および NEW という 2 つのサブフォルダーを追加作成するワークフローが自動的にトリガーされます。次に、AEM 管理者はプロジェクトの要件を定義します。それには、投稿フォルダーに追加する必要があるアセットのタイプの簡単な説明と一連のベースラインアセットを SHARED フォルダーにアップロードして、BP ユーザーが必要な参照情報を確実に入手できるようにします。その後、管理者は、アクティブな Brand Portal ユーザーに投稿フォルダーへのアクセスを許可してから、新しく作成した​投稿​フォルダーを Brand Portal に公開することができます。NEW フォルダーへのコンテンツの追加を完了したら、ユーザーは、投稿フォルダーを AEM オーサー環境に公開できます。なお、読み込みが完了し、新しく公開したコンテンツが AEM Assets 内に反映されるまでに数分かかる場合があります。

また、既存の機能はすべてそのままで変わりません。Brand Portal ユーザーは、投稿フォルダーおよび許可された他のフォルダーからアセットを表示、検索およびダウンロードできます。さらに、管理者は投稿フォルダーの共有、プロパティの変更、コレクションへのアセットの追加をおこなうことができます。

前提条件

  • AEM Assets as a Cloud Service インスタンス、AEM Assets 6.5.2 以降。
  • AEM Assets インスタンスと Brand Portal の連携が設定されていることを確認します。AEM Assets と Brand Portal の連携の設定を参照してください。
  • Brand Portal テナントが 1 つの AEM Assets オーサーインスタンスで構成されていることを確認します。

Brand Portal アセットソーシング

メモ

AEM Assets 6.5.4 には既知の問題があります。Adobe 開発者コンソールにアップグレードすると、Brand Portal ユーザーが投稿フォルダーのアセットを AEM Assets に公開できなくなります。

この問題は AEM 6.5.5 で修正されました。お使いの AEM Assets インスタンスを最新のサービスパック AEM 6.5.5 にアップグレードし、Adobe 開発者コンソールで設定をアップグレードしてください。

AEM 6.5.4 の即時修正をおこなうには、ホットフィックスをダウンロードして、オーサーインスタンスにインストールすることをお勧めします。

アセットソーシングの設定

アセットソーシング​は、AEM Assets オーサーインスタンス内から設定します。管理者は、AEM Web コンソール設定​からアセットソーシング機能のフラグ設定を有効にし、アクティブな Brand Portal ユーザーリストを AEM Assets にアップロードできます。

メモ

AEM Assets as a Cloud Service では、アセットソーシングはデフォルトで有効になっています。AEM 管理者は、アクティブな Brand Portal ユーザーを直接アップロードして、これらのユーザーにアセットソーシング機能へのアクセスを許可することができます。

メモ

設定を開始する前に、AEM Assets インスタンスと Brand Portal の連携が設定されていることを確認します。AEM Assets と Brand Portal の連携の設定を参照してください。

次のビデオでは、AEM Assets オーサーインスタンスでアセットソーシングを設定する方法について説明します。

アセットソーシングの有効化

AEM 管理者は、AEM Web コンソール設定(Configuration Manager)内からアセットソーシング機能のフラグを有効にすることができます。

メモ

この手順は、AEM Assets as a Cloud Service には適用されません。

アセットソーシングを有効にするには:

  1. AEM Assets オーサーインスタンスにログインして、Configuration Manager を開きます。
    デフォルトの URL は http://localhost:4502/system/console/configMgr です。
  2. キーワード「Asset Sourcing」を使用して検索し、Asset Sourcing Feature Flag Config を探します。
  3. Asset Sourcing Feature Flag Config」をクリックして、設定ウィンドウを開きます。
  4. feature.flag.active.status」チェックボックスをオンにします。
  5. 保存」をクリックします。

Brand Portal ユーザーリストのアップロード

AEM 管理者は、AEM Assets のアクティブな Brand Portal ユーザーリストを含む Brand Portal ユーザー設定(.csv)ファイルをアップロードできます。投稿フォルダーは、ユーザーリストで定義されたアクティブな Brand Portal ユーザーのみ共有できます。また、管理者は、設定ファイルに新規ユーザーを追加して、変更したユーザーリストをアップロードできます。

メモ

CSV ファイルの形式は、Admin Console で一括ユーザー読み込み用にサポートされている形式と同じです。電子メールと氏名は必須です。

管理者は、AEM Admin Console で新規ユーザーを追加できます。詳しくは、ユーザーの管理を参照してください。Admin Console でユーザーを追加したら、これらのユーザーを Brand Portal ユーザー設定ファイルに追加して、投稿フォルダーへのアクセス権を割り当てることができます。

Brand Portal ユーザーリストをアップロードするには:

  1. AEM Assets インスタンスにログインします。

  2. ツール​パネルで、アセットBrand Portal ユーザー​に移動します。

  3. Brand Portal 投稿者をアップロードウィンドウが開きます。
    ローカルマシンから参照して、アクティブな Brand Portal ユーザーリストを含む設定(.csv)ファイル​をアップロードします。

  4. 保存」をクリックします。

管理者は、投稿フォルダーを設定する際に、このユーザーリスト内の特定のユーザーにアクセス権を付与できます。投稿フォルダーにアクセスし Brand Portal から AEM Assets にアセットを公開できるのは、投稿フォルダーに割り当てられたユーザーのみです。

関連トピック

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now