Assets Essentials でのメタデータ

メタデータとは、データに関するデータまたは説明のことです。例えば、アセットとしての画像には、撮影されたカメラに関する情報や著作権情報などを含めることができます。こうした情報が画像のメタデータです。メタデータは、効率的なアセット管理を行うために重要です。メタデータは、対象のアセットに使用できるすべてのデータのコレクションですが、必ずしもそのアセットに含まれているとは限りません。

メタデータは、アセットをより細かく分類するのに役立ち、デジタル情報量が多くなるにつれてさらに有用になります。数百個のファイルをファイル名、サムネールおよびメモリだけに基づいて管理することは可能です。ただし、このアプローチは拡張性に欠けます。関係者の数や管理するアセットの数が増えると、十分な管理ができなくなります。

メタデータを追加すると、以下の理由からデジタルアセットの価値が大きくなります。

  • アクセスが容易になる - システムやユーザーが簡単に見つけることができます。
  • 管理しやすくなる - 一連の同じプロパティを持つアセットを容易に検索し、これらのアセットに変更を適用できます。
  • 完全 - アセットは、より多くの情報とコンテキスト、より多くのメタデータを保持します。

このような理由から、Assets ではデジタルアセットのメタデータの作成、管理および交換を行う適切な手段を提供します。

メタデータの表示

アセットのメタデータを表示するには、目的のアセットを参照するか検索し、アセットを選択して、ツールバーの「詳細」をクリックします。

アセットのメタデータの表示

図:アセットとそのメタデータを表示するには、ツールバーの「詳細」をクリックするか、アセットをダブルクリック

タイトル、説明、アップロード日などの基本的なメタデータは、「基本」タブに表示されます。「詳細」タブには、カメラのモデル、レンズの詳細、ジオタグなど、より詳細なメタデータが表示されます。「タグ」タブには、画像の内容に基づいて自動的に適用されたタグが表示されます。

メタデータを更新

いくつかのメタデータフィールドは、手動で更新できます。そのようなフィールドとしては、タイトル、説明、作成者、キーワードがあります。

タグ

Assets Essentials では、Adobe Sensei の人工知能機能を使用して、アップロードされたすべてのアセットに適切なタグを自動的に適用します。スマートタグと呼ばれるこれらのタグは、関連性の高いアセットをすばやく見つけるうえで役に立つので、プロジェクトのコンテンツベロシティ(コンテンツ創出の速度)が向上します。スマートタグは、画像に含まれないメタデータの例です。

スマートタグは、ほぼリアルタイムで適用され、画像の内容に基づいて生成されます。アセットをアップロードすると、ユーザーインターフェイスでアセットのサムネールに処理中としばらく表示されます。処理が完了したら、スマートタグとメタデータを表示できます。

アセットのスマートタグの表示

図:アセットのスマートタグを表示するには、ツールバーの「詳細」をクリックするか、アセットをダブルクリック

スマートタグには、信頼性スコア(パーセント)も含まれます。これは、適用されたタグに伴う信頼性を示します。自動的に適用されたスマートタグをモデレートできます。

タグの追加または更新

Adobe Sensei スマートサービスを使用して自動的に追加されるスマートタグに加えて、アセットにさらにタグを追加できます。アセットをプレビュー用に開き、「タグ」をクリックして、「キーワード」フィールドに目的のキーワードを入力します。タグを追加するには、Return キーを押します。Assets Essentials により、ほぼリアルタイムでキーワードのインデックスが作成されるので、チームは新しいキーワードを使用して更新済みのアセットをすぐに検索できます。

アップロードされたすべてのアセットに Assets Essentials で自動的に追加されたタグを、「スマートタグ」セクションから削除することもできます。

メタデータフォーム

Assets Essentials には、多数の標準メタデータフィールドがデフォルトで用意されています。組織には、追加のメタデータニーズがあり、ビジネス固有のメタデータを追加するために、さらに多くのメタデータフィールドが必要です。メタデータフォームを使用すると、ビジネスごとにアセットの詳細ページにカスタムメタデータフィールドを追加できます。ビジネス固有のメタデータにより、アセットのガバナンスと検出が向上します。

各種アセット(様々な MIME タイプ)のメタデータフォームを設定できます。ファイルの MIME タイプと同じフォーム名を使用します。Essentials では、アップロードされたアセットをフォームの名前に自動的に一致させます。例えば、PDF または pdf という名前のメタデータフォームが存在する場合、アップロードされた PDF ドキュメントには、そのフォームで定義されたメタデータフィールドが含まれています。フォームは、ゼロから作成することも、既存のフォームを再利用することもできます。

重要

特定のファイルタイプの新しいメタデータフォームは、Assets Essentials に用意されているデフォルトのメタデータフォームを完全に置き換えます。メタデータフォームを削除または名前変更すると、新しいアセットに対して、デフォルトのメタデータフィールドが再び使用可能になります。

メタデータフォームを作成するには、次の手順に従います。

  1. 左側のパネルで、設定メタデータフォーム​をクリックします。

    左サイドバーのメタデータフォームオプション

  2. ユーザーインターフェイスの右上にある「作成」をクリックします。

  3. フォームの名前を指定し、「作成」をクリックします。

  4. 右側の​設定​パネルでタブの名前を指定します。

  5. 左側の​コンポーネント​パネルから、必要なコンポーネントをフォームのタブにドラッグします。必要な順序でコンポーネントをドラッグします。

    左サイドバーのメタデータフォームオプション

    図:コンポーネントを追加するオプションとフォームをプレビューするオプションを備えたメタデータフォーム作成インターフェイス

  6. コンポーネントごとに、右側の​設定​パネルで名前を指定し、サポートされているプロパティとのマッピングを指定します。

  7. オプションで、コンポーネントに対して、「必須」を選択してメタデータフィールドを必須にしたり、「読み取り専用」を選択してアセットの詳細ページでフィールドを編集できないようにしたりします。

  8. 必要に応じて、「プレビュー」をクリックして、作成するフォームをプレビューします。

  9. オプションで、タブと、各タブで必要なコンポーネントを追加します。

  10. フォームが完成したら、「保存」をクリックします。

作成したフォームは、一致する MIME タイプのアセットをユーザーがアップロードすると自動的に適用されます。

既存のフォームを再利用して新しいフォームを作成するには、メタデータフォームを選択し、ツールバーの「コピー」をクリックし、名前を指定して、「確認」をクリックします。メタデータフォームを編集して変更することができます。変更したフォームは、変更後にアップロードされたアセットに対して使用されます。既存のアセットは変更されません。

次の手順

このページ