他のアドビソリューションとの統合

Adobe Experience Manager Assets Essentials は、サポートされているアドビソリューションと十分に統合されており、これらのアプリケーションのインターフェイス内で組み込みのエクスペリエンスを利用できます。ユーザーは、使い慣れたアプリケーションを離れることなく、基本的なアセット機能をネイティブのアプリケーションやインターフェイスから利用できます。

組み込みの Assets Essentials エクスペリエンスは、次のソリューションと統合できます。

  • Creative Cloud for EnterpriseAdobe Asset Link のアプリ内パネルを使用すると、クリエイターは、サポートされている Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション内から Assets Essentials リポジトリーに接続できます。このパネルは、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesign および Adobe XD で使用できます。これにより、アセットへのアクセスが効率化され、その結果、コンテンツベロシティ(コンテンツ創出速度)が向上します。 Adobe Asset Link を使用したアセットの管理を参照してください。

  • Adobe Journey OptimizerAdobe Journey Optimizer は、ジャーニー管理を簡素化して、インテリジェントな意思決定とインサイトに基づいてオムニチャネルキャンペーンを提供できるようにします。Journey Optimizer を使用してメッセージを設計する際に、Journey Optimizer インターフェイス内から Assets Essentials リポジトリーに直接アクセスできます。ユーザーは、Assets Essentials の組み込みユーザーインターフェイスを使用してアセットにアクセスできます。 Assets Essentials の使用に関するヘルプ記事または電子メールコンテンツの作成に関するビデオチュートリアルを参照してください。

  • Adobe WorkfrontAdobe Workfront は作業管理アプリケーションで、作業のライフサイクル全体を一元的に管理するのに役立ちます。Adobe Workfront と Assets Essentials のネイティブ統合により、組織は、作業とアセット管理を本質的に関連付けることで、コンテンツベロシティを向上させ市場投入までの時間を短縮することができます。ユーザーは、自分の作業を管理するという観点で、同じソリューション内の必要なドキュメントや画像にアクセスできます。Assets Essentials は、Workfront の新規顧客が別途購入できるアドオンとして利用できます。 Workfront and Essentials の統合の設定と使用を参照してください。

このページ