Assets Essentials と Creative Cloud アプリケーションの統合

暗いテーマと明るいテーマを切り替えるための環境設定

これまでの説明内容

このチュートリアルで Experience Manager Assets Essentials を設定したら、エクスペリエンスに基づいて、Creative Cloud アプリケーションを Assets Essentials と統合できます。

目的

  • 対象読者:Creative Cloud 管理者

  • 目的:Assets Essentials を Creative Cloud アプリケーションと統合して、クリエイティブユーザーが Adobe Asset Link のアプリ内パネルを使用して、サポート対象の Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション内から Assets Essentials リポジトリに接続できるようにします。

概要

Adobe Asset Link のアプリ内パネルを使用すると、クリエイティブプロフェッショナルは、サポート対象の Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション内から Assets Essentials リポジトリに接続できます。このパネルは、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesign および Adobe XD で使用できます。これにより、アセットへのアクセスが効率化され、結果としてコンテンツベロシティ(コンテンツ創出速度)が向上します。

Creative Cloud アプリケーションのユーザーは、Creative Cloud アプリケーションを Experience Manager Assets Essentials リポジトリと統合した場合にのみ、Adobe Asset Link のアプリ内パネルを使用できます。

Assets Essentials を Creative Cloud アプリケーションと統合するには、次のタスクを実行します。

Creative Cloud と Experience Cloud の Admin Console 間のディレクトリトラストの作成

Creative Cloud が Assets Essentials(Experience Cloud ソリューション)の Adobe Admin Console とは別の Admin Console にデプロイされている場合は、2 つのコンソール間に信頼関係を追加する必要があります。

Creative Cloud と Assets Essentials のアプリケーションを統合するには、Creative Cloud の Admin Console で使用できるユーザーを、Experience Cloud の Admin Console でも使用できるようにする必要があります。Creative Cloud と Assets Essentials が別々の Admin Console にデプロイされている場合、これを可能にするには、両者間の信頼関係が必要です。

Experience Cloud Admin Console で「設定」をクリックし、「ディレクトリ」タブを使用して、2 つの Admin Console 間にディレクトリトラストを確立するためのディレクトリを作成します。

Assets Essentials 製品プロファイルへの Creative Cloud ユーザーの追加

Creative Cloud の Admin Console と Experience Cloud の Admin Console の間にディレクトリトラストを確立したら、Experience Cloud Admin Console の Assets Essentials 製品カードで Creative Cloud ユーザーを Assets Essentialsユーザー​製品プロファイルに割り当てます。これで、Creative Cloud ユーザーは、Adobe Asset Link プラグインパネルから Assets Essentials にアクセスできるようになります。さらに、web ブラウザーを使用してデジタルアセットをアップロード、整理、タグ付けおよび検索するための、Assets Essentials web ユーザーインターフェイス全体へのアクセス権もユーザーに付与されます。

他の Assets Essentials 製品プロファイル(Assets Essentials管理者​および Assets Essentials消費者ユーザー)は、別のユーザー使用権限(Experience Cloud 統合を通じて Assets Essentials にアクセスするアプリケーション管理者およびユーザー)に使用されます。

ユーザーを Assets Essentials 製品プロファイルに割り当てる方法について詳しくは、Assets Essentials 製品プロファイルへのユーザーの割り当てを参照してください。

Adobe Asset Link プラグインは、次の 2 とおりの方法でインストールしてクリエイティブユーザーから利用できます。

  • クリエイティブユーザーが自分の Creative Cloud Desktop アプリケーションからプラグインをインストールできます
  • Creative Cloud 管理者が Admin Console で Creative Cloud パッケージに Asset Link プラグインを追加できます

どちらを選択するかは組織の IT ポリシーによって異なります。

Creative Cloud Desktop アプリケーションを使用したインストール​については、こちらを参照してください。Creative Cloud アプリケーションによっては、2 つのプラグインが使用可能で、Adobe Exchange Marketplace でホストされています。

Creative Cloud パッケージを使用したインストール​は、Creative Cloud 管理者が Admin Console でデプロイメントパッケージのビルド時に Asset Link プラグインを組み込むことで行います。このパッケージは後でユーザーのマシンにデプロイできます。管理されているプラグインを選択画面の「注目のビジネスプラグイン」セクションで、Adobe Asset Link を検索します。詳しくは、Admin Console でのアプリのパッケージ化を参照してください。

クリエイティブユーザーは、Adobe Asset Link を Photoshop、Illustrator、InDesign または XD で使用できるようになりました。パネルを InDesign または Illustrator で開くには、ウィンドウ/エクステンション/Adobe Asset Link に移動します。 Photoshop では、ウィンドウ/エクステンション(従来)/Adobe Asset Link に移動します。

Adobe XD 用に Adobe Asset Link を設定する方法については、ここをクリックしてください。

メモ

Apple シリコン/M1 ハードウェアを使用する場合は、クリエイティブユーザーが Adobe Asset Link パネルに確実にアクセスできるように、Adobe Photoshop を Rosetta 互換モードで起動する必要があります。パネルが CEP エクステンションテクノロジーを使用してビルドされているからです。詳しくは、Apple Silicon での Photoshop の使用を参照してください。

Adobe Asset Link を使用して、Assets Essentials リポジトリに保存されているアセットを操作および変更します。次のような様々なタスクを実行できます。

  • アセットの検索と参照

  • アセットのアップロード

  • アセットの並べ替えとフィルタリング

  • アセットの配置、ダウンロードおよびドラッグ

  • アセットのチェックアウトとチェックイン

  • バージョン履歴とファイル詳細の表示

これらのタスクの実行方法については、Adobe Asset Link を使用したアセットの管理を参照してください。

次のステップ

これで、Creative Cloud アプリケーションと Assets Essentials の統合が完了したので、Adobe Workfront と Experience Manager Assets Essentials の統合を行います。

このページ