既知の問題

このページは、2019 年 4 月にリリースされた Adobe Experience Manager 6.5 の既知の問題の一覧を示しています。

既知の問題について詳しくは、サポートまでお問い合わせください。

プラットフォーム

  • CRX-Quickstartとその内容が削除された場所に問題が報告されます。

    これらの各アクションで、htmllibmanager.fileSystemOutputCacheLocationプロパティが空の文字列でないことを確認します。

    1. /libs/granite/ui/content/dumplibs.rebuild.html?invalidate=trueを呼び出しています。
    2. AEM 6.5 へのアップグレード.
    3. AEM 6.5での「遅延コンテンツ移行」の実行

    ナレッジベースの記事には、この問題の詳細と回避策が記載されています。

  • AEM 6.5インスタンスでJDK 11を使用している場合、一部のパッケージをデプロイすると、一部のページが空白で表示される場合があります。 ログファイルには、次のエラーメッセージが表示されます。

    *ERROR* [OsgiInstallerImpl] org.apache.sling.scripting.sightly bundle org.apache.sling.scripting.sightly:1.1.2.1_4_0 (558)[org.apache.sling.scripting.sightly.impl.engine.extension.use.JavaUseProvider(3345)] : Error during instantiation of the implementation object (java.lang.NoClassDefFoundError: jdk/internal/reflect/ConstructorAccessorImpl)
    java.lang.NoClassDefFoundError: jdk/internal/reflect/ConstructorAccessorImpl
    

このエラーを解決するには:

  1. AEM インスタンスを停止して <aem_server_path_on_server>crx-quickstart\confに移動し、sling.propertiesファイルを開きます。 Adobeでは、このファイルのバックアップを作成することをお勧めします。

  2. org.osgi.framework.bootdelegation= を検索。結果を追加表示するjdk.internal.reflect,jdk.internal.reflect.*プロパティ。

org.osgi.framework.bootdelegation=sun.*,com.sun.*,jdk.internal.reflect,jdk.internal.reflect.*
  1. ファイルを保存し、AEMインスタンスを再起動します。

Assets

  • 検索:検索文字列に先頭のスペースが含まれる場合、 検索結果は返されません(OAK-4786)
  • フォルダーメタデータスキーマ:選択ボタンを追加すると、「ID」フィールドと「値」フィールドが期待どおりにレンダリングされず、削除機能が機能しない(CQ-4261144)
  • アセット名の変更時に、アセット名に空白を使用できない(CQ-4266403)

フォーム

  • AEM FormsがLinuxオペレーティングシステムにインストールされている場合、Digital Signature with Hardware Security Moduleは動作しません。 (CQ-4266721)

  • (WebSphere 上のAEM Forms のみ)ユーザー名​を検索条件として​管理者​を検索する場合、Forms のワークフロータスクの検索​を実行しても結果が返されない(CQ-4266457)

  • AEM Formsは、JPEG圧縮を使用したTIFおよびTIFFファイルをPDFドキュメントに変換できません。 (CQ-4265972)

  • AEM Forms の移行​ページの「AEM Forms アセットスキャナー」オプションと「レターからインタラクティブコミュニケーションへの移行」オプションが機能しない(CQ-4266572)

  • (JBoss 7のみ)旧バージョンからAEM 6.5Formsにアップグレードし、旧バージョンでデフォルトの送信プロセスまたはデフォルトのレンダリングプロセスのコピーを作成して使用したプロセス(.lca)がある場合、これらのプロセス(.lca)を使用したHTML5Formsは必要な操作を実行できません。 (CQ-4243928)

  • アダプティブフォームで、ルールエディターからフォームデータモデルサービスを呼び出して画像選択コンポーネントの値を動的に更新する場合、画像選択コンポーネントの値が更新されない(CQ-4254754)

  • AEM Formsデザイナーのインストーラーには、Visual C++再配布可能ランタイムパッケージ2012およびVisual C++再配布可能ランタイムパッケージ2013の32ビット版が必要です。 インストールを開始する前に、これらの再頒布可能ランタイムパッケージがインストールされていることを確認してください。(CQ-4265668)

  • PDF Generatorは、スマートカードベースの認証をサポートしていません。 管理者がWindowsサーバーでグループポリシーInteractive Logon: Require Smart cardを有効にすると、既存のPDF Generatorユーザーはすべて無効になります。

  • コンポーネントの値を動的に更新するようにアダプティブフォームが設定されていて、そのフォームをホストするパブリッシュインスタンスにディスパッチャーを通じてアクセスする場合、フィールドの値を動的に更新する機能が動作しなくなるこの問題を解決するには、発行インスタンスでCRXDEを開き、/libs/fd/af/runtime/clientlibs/guideChartReducerに移動して、次に示すプロパティを作成します。

    • 名前:allowProxy
    • タイプ:Boolean
    • 値:true
    • 保護:false
    • 必須:false
    • 複数:false
    • 自動作成:False

    このプロパティを設定すると、ランタイムフォルダー内のクライアントライブラリからプロキシにアクセスできます。(CQ-4268679)

  • AEM Formsが起動すると、SAX Security Manager could not be setup警告が表示されます。

  • Adobe AcrobatReaderバージョン20.10.00を実行するApple iOSまたはiPadOSで、AEM Formsドキュメントセキュリティで保護されたPDFを開く場合。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now