アプリのテンプレートとコンポーネント

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

テンプレートはページを作成するための雛形として使用され、選択した範囲内で使用できるコンポーネントを定義します。テンプレートは、そこから作成されるページと同じ構造を持つノードの階層ですが、実際のコンテンツは含みません。

テンプレートごとに、使用可能なコンポーネントが提示されます。

  • テンプレートはコンポーネントで構成されています。
  • コンポーネントによって使用され、アクセスが許可されるウィジェットを使用して、コンテンツがレンダリングされます。
メモ

To learn how to develop your AEM application using CRXDE Lite, see Developing with CRXDE Lite.

テンプレートはページの基礎です。

ページを作成するには、テンプレート(ノードツリーの /apps/<myapp>/templates/<mytemplate>)をサイトツリーの対応する位置にコピーする必要があります。「Web サイト」タブを使用してページを作成する場合も、この処理が行われます。

このコピー処理により、ページには、初期コンテンツ(通常はトップレベルコンテンツのみ)と sling:resourceType プロパティ、ページのレンダリングに使用するページコンポーネントのパス(子ノード jcr:content に含まれるすべてのもの)ができます。

テンプレートの構造

以下の 2 つの側面について考慮する必要があります。

  • テンプレート自体の構造
  • テンプレート使用時に作成されるコンテンツの構造

テンプレートは cq:Template タイプのノードの下に作成されます。

様々なプロパティを設定できます。具体例は以下のとおりです。

  • jcr:title - テンプレートのタイトル。ページ作成時にダイアログに表示されます。
  • jcr:description - テンプレートの説明。ページ作成時にダイアログに表示されます。

このノードには、jcr:content(cq:PageContent)​ノードが含まれます。jcr:content ノードは、生成されるページのコンテンツノードの基礎として使用されます。このノードは、sling:resourceType を使用して、新しいページの実際のコンテンツのレンダリングに使用されるコンポーネントを参照します。

メモ

AEM におけるテンプレートとコンポーネントの基礎については、以下のリソースを参照してください。

テンプレートとコンポーネントの基本的な理解ができたら、次のリソースを参照してください。

その他のリソース

モバイルアプリに関するその他のトピックについては、以下のリンクを参照してください。

このページ