ユーザーとユーザーグループの設定

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

この章では、ユーザーの役割と、モバイルアプリのオーサリングと管理をサポートするユーザーとグループを設定する方法について説明します。

AEM Mobile アプリケーションユーザーとグループ管理

AEM Mobile Application Content Authors (app-author group)

app-authors グループのメンバーが、ページ、テキスト、画像、ビデオなど AEM Mobile アプリケーションコンテンツのオーサリングを担当します。

グループの設定 - app-authors

  1. 「app-authors」という新しいユーザーグループを作成します。

    Navigate to the User Admin Console: http://localhost:4502/libs/granite/security/content/groupadmin.html

    ユーザーグループコンソールから + ボタンを選択して、グループを作成します。

    このグループの ID を「app-authors」に設定して、AEM 内でのモバイルアプリケーションの作成に固有の作成者ユーザーグループタイプであることを示します。

  2. グループにメンバー「作成者」を追加します。

    chlimage_1-167

  3. app-authors ユーザーグループを作成したので、ユーザー管理コンソールを使用して、この新しいグループに個別のチームメンバーを追加できます。

    chlimage_1-168

  4. 以下を AEM のコンテンツ作成者グループに追加できます。

    以下に対して(読み取り)

    • /app
    • /etc/clientlibs
    • /etc/designs
    • /etc/cloudservices/dps2015

AEM Mobile Application Administrators Group (app-admins group)

Members of the app-admins group can author application content with the same permissions included with app-authors AND in addition are also responsible for:

  • アプリケーション ContentSync OTA 更新のステージング、公開および消去
メモ

権限によって、AEM アプリコマンドセンターでの一部のユーザーアクションを使用できるかどうかが決定されます。

app-admins には表示されるいくつかのオプションが、app-authors には表示されません。

グループの設定 - app-admins

  1. add-admins という新しいグループを作成します。

  2. 新しい app-admins グループに次のグループを追加します。

    • content-authors
    • workflow-users

    chlimage_1-169

    メモ

    workflow-users は、PhoneGap Build サービスを使用するリモートビルドに必要です。

  3. 権限コンソールに移動して、次のようにクラウドサービスを管理するための権限を追加します。

    • /etc/cloudservices/mobileservices に対して(読み取り、変更、作成、削除、複製)
  4. 同じ権限コンソールで、アプリケーションコンテンツ更新をステージング、公開、消去するための権限を次のように追加します。

    • /etc/packages/mobileapp に対して(読み取り、変更、作成、削除、複製)
    • /var/contentsync に対して(読み取り)
    メモ

    オーサーインスタンスからパブリッシュインスタンスにアプリケーションの更新を公開するには、パッケージの複製を使用します。

    注意

    /var/contentsync へのアクセスは、初期設定では拒否されています。

    読み取り権限を省略すると、空の更新パッケージが作成され、複製されます。

  5. 必要に応じてこのグループにメンバーを追加します。

  6. コンテンツを書き出すか、アップロードするには、権限を次のように設定します。

    • (読み取り)/etc/contentsyncで書き出しテンプレートにアクセスします。
    • (読み取り)/varに対して読み取り時のパストラバーサル用
    • /var/contentsyncの(読み取り、書き込み、変更、削除)。ContentSyncキャッシュ済み書き出しコンテンツの書き込み、読み取り、およびクリーンアップを行います。

その他のリソース

AEM Mobile On-demand Services アプリ作成のその他の 2 つの役割および責任について詳しくは、以下のリソースを参照してください。

このページ