ユーザーとユーザーグループの設定

メモ

アドビは、シングルページアプリケーションフレームワークをベースにしたクライアント側のレンダリング(React など)を必要とするプロジェクトには SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

この章では、ユーザーの役割について説明し、さらにモバイルアプリのオーサリングと管理をサポートするようにユーザーとグループを設定する方法について説明します。

AEM Mobile アプリケーションユーザーとグループ管理

AEM Apps の権限モデルを整理および管理するのに役立つように、次の 2 つのグループを使用できます。

  • アプリ管理者向け app-admins
  • アプリ作成者向けの app-authors

AEM Mobile アプリケーションコンテンツ作成者(app-author グループ)

app-authors グループのメンバーが、ページ、テキスト、画像、ビデオなど AEM Mobile アプリケーションコンテンツのオーサリングを担当します。

グループの設定 - app-authors

  1. 「app-authors」という新しいユーザーグループを作成します。

    ユーザーAdmin Consoleに移動します。 http://localhost:4502/libs/granite/security/content/groupadmin.html

    ユーザーグループコンソールから + ボタンを選択して、グループを作成します。

    このグループの ID を「app-authors」に設定して、AEM 内でのモバイルアプリケーションの作成に固有の作成者ユーザーグループタイプであることを示します。

  2. グループにメンバー「作成者」を追加します。

    chlimage_1-18

    「app-authors」を「作成者」グループに追加します。

  3. app-authors ユーザーグループを作成したので、ユーザー管理コンソールを使用して、この新しいグループに個別のチームメンバーを追加できます。

    chlimage_1-19

    ユーザーグループを編集します。

  4. 権限コンソールに移動して、次のようにクラウドサービスを管理するための権限を追加します。

    • /etc/cloudservices に対して(読み取り)
    メモ

    アプリ作成者は、AEM のデフォルトの content-authors(作成者)グループを拡張したものなので、/content/phonegap にコンテンツを作成する権限を継承しています。

AEM Mobile アプリケーション管理者グループ(app-admins グループ)

app-admins グループのメンバーは、app-authors に含まれているのと同じ権限でアプリケーションコンテンツを作成できます および また、次のことも担当します。

  • AEM での PhoneGap Build および Adobe Mobile Services クラウドサービスの設定
  • アプリケーションコンテンツ同期 OTA 更新のステージング、公開および消去
メモ

権限によって、AEM アプリコマンドセンターでの一部のユーザーアクションを使用できるかどうかが決定されます。

app-admins には表示されるいくつかのオプションが、app-authors には表示されません。

グループの設定 - app-admins

  1. add-admins という新しいグループを作成します。

  2. 新しい app-admins グループに次のグループを追加します。

    • content-authors
    • ワークフローユーザー

    chlimage_1-20

  3. 権限コンソールに移動して、次のようにクラウドサービスを管理するための権限を追加します。

    • /etc/cloudservices/mobileservices に対して(読み取り、変更、作成、削除、複製)
    • /etc/cloudservices/phonegap-build に対して(読み取り、変更、作成、削除、複製)
  4. 同じ権限コンソールで、アプリコンテンツ更新をステージング、公開および消去するための権限を次のように追加します。

    • /etc/packages/mobileapp に対して(読み取り、変更、作成、削除、複製)
    • /var/contentsync に対して(読み取り)
    メモ

    オーサーインスタンスからパブリッシュインスタンスにアプリケーションの更新を公開するには、パッケージの複製を使用します。

    注意

    /var/contentsync へのアクセスは、初期設定では拒否されています。

    読み取り権限を省略すると、空の更新パッケージが作成され、複製されます。

  5. 必要に応じてこのグループにメンバーを追加します。

ダッシュボードタイルの権限

ダッシュボードタイルには、ユーザーの持つ権限に基づいて、異なるアクションが表示されることがあります。次に、各タイルで使用できるアクションを示します。

ユーザーの権限に加え、現在のアプリケーションの設定方法に基づいて、アクションを表示または非表示にすることもできます。例えば、PhoneGap クラウド設定がアプリに割り当てられていない場合、「リモートビルド」アクションを公開するポイントはありません。 これらは、「 」の下に一覧表示されます。設定条件'セクション。

アプリを管理タイル

現在、このタイルには、権限を必要とするアクションはありませんが、アプリケーションの詳細ページには以下のアクションが表示されます。

  • 編集​**:app-author および app-admin 向け(UI トリガー - jcr:write - /content/phonegap/{suffix} に対して)
  • ダウンロード app-author および app-admin の場合 (UIトリガー- /content/phonegap/{suffix} 上 )

以下の図は、アプリのダウンロードおよび編集オプションを示しています。

chlimage_1-21

このページ