ユーザーのインボックスアイテムを共有し、アクセスを要求する

キューは、ユーザーのAEMインボックス内のアイテムのリストです。 ユーザーに割り当てられた項目、またはユーザーが属するグループに共有された項目を指定できます。 [受信トレイ]にアクセスして表示を操作し、[受信トレイ]アイテムに対して操作を行うことができます。 例えば、アイテムを別のユーザーと共有します。

別のユーザーと受信トレイアイテムを共有することもできます。 別のユーザーが受信トレイのアイテムにアクセスできるようになると、そのユーザーは共有アイテムに対して適切なアクションを実行できます。 同様に、他のユーザーからインボックス項目へのアクセスを要求することもできます。

前提条件

ログインユーザーはworkflow-usersグループのメンバーである必要があります。 ユーザーは、項目を共有したり、ログインしているユーザーが読み取り権限を持つユーザーからのみ項目に対するアクセス権を要求したりできます。また、公開プロファイルを有効にしているユーザーからのみアクセス権を要求できます。

受信トレイの1つまたはすべてのアイテムを他のユーザーと共有する

AEMインボックスでは、受信トレイ内の1つまたはすべてのアイテムを他のユーザーと共有できます。

すべてのインボックスアイテムを共有する

インボックス内のすべてのアイテムを他のユーザーと共有するには、次の手順を実行します。

  1. AEMインスタンスにログインします。 「インボックス」アイコンをタップし、「表示 — すべて」をタップします。 受信トレイアイテムのリストが表示されます。
  2. 作成」ボタンの横にある表示セレクターまたは表示セレクターアイコンをタップし、「設定」をタップします。 設定ダイアログが表示されます。
  3. 設定ダイアログの「共有」タブを開きます。
  4. 受信トレイアイテムへのアクセスを許可する」テキストボックスにユーザーの名前を入力し、「許可」をタップします。 手順を繰り返して、さらにユーザーを追加します。 アイテムへのアクセス権を持つすべてのユーザーが​ユーザー名​セクションに表示されます。
  5. 保存」をタップします。
メモ

(Forms中心のワークフロー項目のみ)ワークフローの​](aem-forms-workflow-step-reference.md)タスク​の割り当て手順の「インボックス共有​**[経由で担当者に共有を許可」オプションを有効にします。**​前述のオプションが有効になっている項目のみが他のユーザーに表示されます。

個々のアイテムの共有

受信トレイ項目を他のユーザーと共有するには、次の手順を実行します。

  1. AEMインスタンスにログインします。 「インボックス」アイコンをタップし、「表示 — すべて」をタップします。 受信トレイアイテムのリストが表示されます。
  2. 項目を選択し、「共有」をタップします。 ダイアログボックスが表示されます。
  3. この項目を共有するユーザーの名前を追加ユーザーに入力し、「追加」をタップします。 手順を繰り返して、さらにユーザーを追加します。 アイテムへのアクセス権を持つすべてのユーザーが​ユーザー名​セクションに表示されます。
  4. 保存」をタップします。
メモ

(Forms中心のワークフロー項目のみ)ワークフローの​](aem-forms-workflow-step-reference.md)タスク​の割り当て手順の「インボックス​**[で割り当て先が明示的に共有を許可」オプションを有効にします。**​前述のオプションが有効になっている項目のみが他のユーザーに表示されます。

受信トレイアイテムへのアクセスを要求

別のユーザーの[受信トレイ]アイテムへのアクセスを要求できます。 アクセス権が付与されたら、共有アイテムに対して表示、要求、および適切なアクションを実行できます。 次の手順を実行して、別のユーザーのインボックスアイテムへのアクセスを要求します。

  1. AEMインスタンスにログインします。 表示セレクターアイコンをタップし、表示をすべて​タップします。
  2. 作成」ボタンの横にある表示セレクターまたは表示セレクターアイコンをタップし、「設定」をタップします。 設定ダイアログが表示されます。
  3. ユーザー​のインボックスアイテムへのアクセスを要求」テキストボックスにユーザーの名前を入力し、「要求」をタップします。 リクエストがユーザに送信され、リクエストのステータスがユーザ名と共に表示される。 手順を繰り返して、さらにユーザーを追加します。
  4. 保存」をタップします。要求はインボックス項目としてユーザーに送信されます。 ユーザーはアイテムを選択し、「承認」または「拒否」をタップして、アクセスを許可または拒否できます。

他のユーザーが共有した要求項目

共有アイテムを要求した後でのみ、共有アイテムでの作業に開始を設定できます。 これにより、複数のユーザーが1つのアイテムを操作するのを防ぐことができます。 次の手順を実行して、項目を要求します。

  1. AEMインスタンスにログインします。 受信トレイ受信トレイアイコンをタップし、表示をすべて​タップします。
  2. コンテンツのみアイコンをタップして、フィルターセレクターを開きます。
  3. 担当者を選択」ドロップダウンリストをタップして表示を表示し、インボックスアイテムを共有しているユーザーを選択します。
  4. 項目を選択し、「要求」をタップします。 アイテムが受信トレイに追加されます。

リリース要求された項目

共有アイテムを要求した後でのみ、共有アイテムを操作できます。 他のユーザーは、要求した項目を表示したり、操作したりすることはできません。 アイテムの操作を続行できない場合は、アイテムをプールに解放して戻すことができます。 アイテムをリリースした後、他のユーザーがアイテムを要求して操作できます。

次の手順を実行して、アイテムをリリースします。

  1. AEMインスタンスにログインします。 受信トレイ受信トレイアイコンをタップし、表示をすべて​タップします。 受信トレイアイテムのリストが表示されます。
  2. 解放する項目を選択し、UnClaim​をタップします。 アイテムがプールに再度追加されます。 他のユーザーがアイテムを要求できるようになりました。

制限事項

  • グループとの項目の共有はサポートされていません。
  • プロジェクトタスクの共有はサポートされていません。

このページ