Document Security によって保護された PDF ドキュメントを AEM で検索可能にする

AEM 検索では、AEM アセットの検索と場所の特定をすることができます。また、プレーンテキストファイル、Microsoft Office ドキュメント、PDF ドキュメントなど、広く使用されているさまざまなドキュメント形式において、テキスト検索を実行することができます。ネイティブ検索を拡張し、AEM Document Security で保護された PDF ドキュメントで全テキストの検索を実行することも可能です。このようなドキュメントで全テキストの検索を AEM で実行できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. 安全な接続の確立
  2. サンプルポリシーで保護された PDF ドキュメントのインデックス作成

前提条件

  • OSGi 上で AEM Forms を使用している場合:

    • AEM Forms Document Security Indexer パッケージを AEM Forms サーバーにインストールします。

    • JEE サーバー上で AEM Forms が起動して実行されていること、および Document Security が JEE サーバー上の対応する AEM Forms にインストールされていることを確認します。保護されたドキュメントのインデックスを作成するには、JEE サーバー上の AEM Form が必要です。

  • JEE サーバー上で AEM Forms のみを使用している場合、Indexer パッケージはすでにインストールされています。

  • すべてのバンドルが正常に実行していることを確認します。アクティブ状態になっていないバンドルが存在する場合は、すべてのバンドルが起動して実行されるまで待ちます。

    • For AEM Forms on OSGi, the bundles are listed at https://'[server]:[port]'/system/console/bundles.
    • For AEM Forms on JEE, the bundles are listed at https://'[server]:[port]'/[context-path]/system/console/bundles. 例:https://localhost:8080/lc/system/console/bundles
  • 許可リスト追加に対する sun.util.calendar パッケージ。 パッケージを許可リストに追加するには、次の手順を実行します。

    1. AEM Web コンソールを開きます。The URL is https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr.

    2. デシリアライゼーションファイアウォール設定​を探して開きます。

    3. Add the sun.util.calendar package to the Allowlisted classes or package prefixes field and click Save.

AEM Forms JEE と OSGi スタック間の安全な接続の確立

次のいずれかの方法を使用して安全な接続を確立します。

  • JEE 上の AEM Forms の管理者資格情報を使用して Adobe LiveCycle Client SDK Bundle を設定します
  • 相互認証を使用した Adobe LiveCycle Client SDK Bundle の設定

JEE 上の AEM Forms の管理者資格情報を使用して Adobe LiveCycle Client SDK Bundle を設定します

  1. AEM Web コンソールを開きます。The URL is https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr.

  2. Adobe LiveCycle Client SDK Bundle を探して開きます。次の各フィールドの値を指定します。

    • サーバー URL:JEE サーバー上の AEM Forms の HTTPS URL を指定します。HTTPS 経由の通信を可能にするには、-Djavax.net.ssl.trustStore=<JEE キーストアファイル上の Forms のパス> のパラメータで AEM サーバーを再起動します。
    • サービス名:指定されたサービスの一覧に RightsManagementService を追加します。
    • ユーザー名:AEM サーバーからの呼び出しの開始に使用される JEE 上の AEM Forms アカウントのユーザー名を指定します。指定したアカウントは、JEE サーバー上の AEM Forms で Document Services を開始することができる権限が付与されている必要があります。
    • パスワード:Username フィールドに表示される JEE 上の AEM Forms アカウントのパスワードを指定します。

    保存」をクリックします。AEM は Document Security によって保護された PDF ドキュメントの検索が有効になっています。

相互認証を使用した Adobe LiveCycle Client SDK Bundle の設定

  1. JEE 上の AEM Forms の相互認証を有効にします。詳しくは、「CAC および相互認証」を参照してください。

  2. AEM Web コンソールを開きます。The URL is https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr.

  3. Adobe LiveCycle Client SDK Bundle を探して開きます。次の各プロパティの値を指定します。

    • サーバー URL:JEE サーバー上の AEM Forms の HTTPS URL を指定します。HTTPS 経由の通信を可能にするには、-Djavax.net.ssl.trustStore=<JEE キーストアファイル上の AEM Forms のパス> のパラメータで AEM サーバーを再起動します。
    • 2way SSL の有効化:「2way SSL の有効化」を有効にします。
    • キーストアファイル URL:キーストアファイルの URL を指定します。
    • TrustStore ファイル URL:Truststore ファイルの URL を指定します.
    • キーストアパスワード:キーストアファイルのパスワードを指定します。
    • TrustStore パスワード:Truststore ファイルのパスワードを指定します。
    • サービス名:指定されたサービスの一覧に RightsManagementService を追加します。

    保存」をクリックします。AEM は Document Security によって保護された PDF ドキュメントの検索が有効になっています。

サンプルポリシーで保護された PDF ドキュメントのインデックス作成

  1. 管理者として AEM Assets にログインします。

  2. AEM Digital Asset Manager でフォルダーを作成し、新しく作成したフォルダーにポリシーで保護された PDF ドキュメントをアップロードします。

    これで AEM 検索を使用してポリシーで保護されたドキュメントを検索できるようになりました。

このページ