2 つの AEM Forms ワークプレースインスタンスを 1 つのサーバー上にホストする

AEM Forms のデフォルトのインストールと設定では、1 つの AEM Forms ワークスペースのみがサーバー上で使用できます。ただし、AEM Forms ワークスペースの 2 つの異なるインスタンスを 1 つの AEM Forms サーバーにホストしたい場合があります。これら 2 つのインスタンスは異なる URL によってアクセス可能です。

AEM Forms 管理者はワークスペースをカスタマイズして、2 つの異なる URL を作成し、 2 つのワークスペースを同じサーバー上で使用できるようにします。このカスタマイズ記事では、2つのワークスペースがhttps://'[server]:[port]'/lc/wshttps://'[server]:[port]':/lc/ws2でアクセス可能であると仮定します。

以下の手順に従って AEM Forms ワークスペースを設定します。

  1. AEM Forms ワークスペースの dev パッケージをサーバーにインストールします。作成方法については、dev パッケージを参照してください。

  2. https://'[server]:[port]'/lc/crx/de/index.jspにアクセスして、CRXDE Liteに管理者としてログインします。

  3. /content の node ws をコピーし、それを /content にペーストします。node の名前を ws2 に変更します。「すべて保存」をクリックします。このノードのプロパティで、sling:resourceType の値を ws2 に変更します。 「すべて保存」をクリックします。

  4. /libs にあるフォルダー ws を /apps にペーストします。このフォルダーの名前を ws2 に変更します。「すべて保存」をクリックします。

  5. GET.jsp/apps/ws2で、次のコード変更を行います。 次のコードを

    <html lang="en">
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>Workspace Next</title>
        <meta http-equiv="refresh" content="0;URL='/lc/libs/ws/index.html'" /><html lang="en">
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>Workspace Next</title>
        <meta http-equiv="refresh" content="0;URL='/lc/libs/ws/index.html'" />
    

    次のコードで置き換えます。

    <html lang="en">
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>Workspace Next</title>
        <meta http-equiv="refresh" content="0;URL='/lc/apps/ws2/index.html'" />
    
  6. registry.js(/apps/ws2/js)で、/apps/ws2/js/runtime/templatesのテンプレートを参照するようにテンプレートのパスを変更します。 次のコードを

    "tasklist" : {
    "name": "tasklist",
    "path": "tasklistview",
    "model": "tasklist",
    "template": "text!/lc/libs/ws/js/runtime/templates/tasklist.html",
    "utility": "utility",
    "view": "taskview",
    "errorModel": null
    }
    

    次のコードで置き換えます。

    "tasklist" : {
    "name": "tasklist",
    "path": "tasklistview",
    "model": "tasklist",
    "template": "text!/lc/apps/ws2/js/runtime/templates/tasklist.html",
    "utility": "utility",
    "view": "taskview",
    "errorModel": null
    }
    
  7. userinfo.js/apps/ws2/js/runtime/models/apps/ws2/js/runtime/viewsで、文字列/lc/content/wslc/content/ws2に変更します。

  8. /apps/ws2/js/runtime/services/service.jsで、getLocalizationData関数のパスを/lc/apps/ws2/Locale.htmlを指すように変更します。

  9. 新しいワークスペースのpdf.htmlを参照するには、/apps/ws2/js/runtime/views/forms/pdftaskform.jspdf.htmlのパスを変更します。

  10. 新しいワークスペースのpdf.htmlを参照するには、startprocess.htmltaskdetails.htmlprocessinstancehistory.htmlpdf.htmlWsNextAdapter.swfのパスを/apps/ws2/js/runtime/templatesで変更します。

  11. /etc/map/wsフォルダーをコピーして/etc/mapに貼り付けます。 この新しいフォルダーの名前を ws2 に変更します。「すべて保存」をクリックします。

  12. ws2のプロパティで、sling:redirectの値をcontent/ws2に変更します。

  13. sling:matchの値を^[^/\||]/[^/\||]/ws2$に変更します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now