JavaScript ファイルの縮小

縮小では、ソースコードから余白、復帰改行、コメントなどの冗長文字を削除します。これにより、コードのサイズが削減されてパフォーマンスが向上します。縮小は機能に影響しませんが、コードの可読性を削減します。

セマンティックの変更のための縮小コードを生成するには、次の手順に従います。

  1. src-packageのclient-html/src/main/webapp/jsをファイルシステムにコピーします。

    メモ

    パッケージに関する詳細については、「AEM Forms Workspace のカスタマイズの概要」を参照してください。

  2. モデル/ビューの追加/更新に合わせて、client-html/src/main/webapp/jsの下にあるmain.jsのパスを更新します。

    たとえば、新しい Sharequeue モデル、mySharequeue を追加する場合は、

    sharequeuemodel : pathprefix + 'runtime/models/sharequeue',
    

    To

    sharequeuemodel : pathprefix + 'runtime/myModels/mySharequeue',
    
  3. main.jsにエイリアスの変更や追加があった場合に備えてregistry-config.xml, located at client-html/src/main/webapp/js/resource_generator,を更新します。

    たとえば、新しい Sharequeue モデル、mySharequeue を追加する場合は、

    <sharequeue
                name="sharequeue"
                path="runtime/models/sharequeue.js"
                service="service"/>
    

    設定値

    <sharequeue
                name="sharequeue"
                path="runtime/myModels/mySharequeue.js"
                service="service"/>
    
  4. client-html/src/main/webapp/js/minifier で、コマンド:

    mvn clean install
    

    これにより、client-html/src/main/webapp/js の下に縮小された main.js と registry.js と共に縮小されたファイルのフォルダーが生成されます。

メモ

縮小は 64 ビット VM でのみ機能します。

メモ

縮小した場合は、アップグレードに影響が出ます。

このページ