ポータル上のフォーム発行の概要

AEM Forms ポータルコンポーネントの概要

一般的なフォーム中心のポータル展開シナリオでは、フォームの開発とポータルの開発が別々に行われます。フォーム開発者はフォームを設計してリポジトリに保存する一方、Web 開発者は Web アプリケーションを作成してフォームを一覧表示し、フォームの送信を処理します。フォームリポジトリと Web アプリケーション間では通信が行われないため、フォームは Web 層にコピーされます。

このようなシナリオでは、管理問題が発生したり生産が遅延したりすることがよくあります。例えば、リポジトリで新しいバージョンのフォームを利用できる場合、Web 層でフォームを置換し、Web アプリケーションを変更し、公共サイトでフォームを再展開する必要があります。Web アプリケーションの再展開によって、サーバーのダウンタイムが発生する可能性があります。通常、サーバーのダウンタイムは計画的に行われるため、変更を瞬時に公共サイトにプッシュすることはできません。

AEM Forms は管理のオーバーヘッドと実稼働の遅延を低減するポータルコンポーネントを提供します。コンポーネントにより、Web 開発者は Adobe Experience Manager(AEM)を使用して作成された Web サイト上にフォームポータルを作成してカスタマイズできます。

AEM Forms ポータル

フォームポータルコンポーネントにより、次の機能が追加されます。

  • カスタマイズしたレイアウトによってフォームを一覧表示する。リスト表示、カード表示、パネル表示用のレイアウトをすぐに使用できる。独自のカスタムレイアウトを作成する。
  • 一覧表示からカスタムメタデータおよびカスタムアクションを表示する。
  • フォームポータルコンポーネントを使用しているパブリッシュインスタンス上の AEM Forms UI によって発行されたフォームを一覧表示する。
  • HTML 形式および PDF 形式でフォームをレンダリングできるようにします。
  • カスタム HTML プロファイルを使用してフォームをレンダリングします。
  • 様々な検索条件(フォームプロパティ、メタデータ、タグなど)に基づいたフォームの検索を有効にします。
  • フォームデータをサーブレットに送信します。
  • カスタム CSS を使用してポータルのルックアンドフィールをカスタマイズします。
  • フォームへのリンクを作成します。
  • エンドユーザーが作成したアダプティブフォームに関連するドラフトおよび送信を一覧表示する。

使用可能な AEM Forms ポータルコンポーネント

AEM Forms は次の標準ポータルコンポーネントを、Document Services および Document Services Predicates コンポーネントグループの下にグループ化して提供します。

検索とリスター

Search & Lister コンポーネントは、フォームリポジトリのフォームをポータルページに一覧表示するほか、指定した検索条件に基づいてフォームを一覧表示するオプションを提供します。また、検索条件を指定することにより、ポータルユーザーがフォームの一覧から検索できるようにします。

ドラフトと送信

Search & Lister コンポーネントはフォーム作成者によって発行されたフォームを表示する一方、Drafts & Submissions コンポーネントはドラフトとして保存され、後で完了して送信されるフォームを表示します。このコンポーネントはログインユーザーに対してパーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。

Link コンポーネントでは、ページ上の任意の場所にあるフォームへのリンクを作成できます。トレーニングプログラムを提供し、ユーザーがフォームを送信してトレーニングに登録できるようにするシナリオを検討します。お客様は当社の Web サイトに、プログラムの詳細を投稿しました。次に示す詳細に、登録フォームへのリンクを記述しています。Link コンポーネントはリンクの作成に役立ちます。

フォームポータルのワークフロー

フォームポータルを使用すると、フォームリポジトリからポータルページにフォームを一覧表示できます。 また、検索条件を指定することにより、ポータルユーザーがフォームのリストから検索できるようにします。また、ドラフトと送信コンポーネントを使用して、後で完成させるためにドラフトとして保存されたフォームや送信済みのフォームを表示することもできます。これらの機能を Sites ページで使用するには、一連の操作を実行する必要があります。 リストに表示された順序で手順を実行して、コンポーネントと各機能をサイトページで使用できるようにします。

  1. フォームポータルコンポーネントを有効にする:標準提供のフォームポータルコンポーネントは使用できません。 AEM Sites ページ用に AEM サイドキックからコンポーネントを有効にします

  2. ページ上のフォームを一覧表示(フォームポータルページを作成): AEM Sites ページと非 AEM Site ページの両方でフォームを一覧表示できます。リストには、パブリッシュインスタンスで使用できるフォームが含まれています。ユーザーはフォームを開き、入力を開始できます。ユーザーがフォームを開くたびに、フォームの新しいインスタンスが作成されます。

    1. AEM Sites ページ上のフォームを一覧表示Search & Lister コンポーネントをページに追加してその中に​リストペイン​を設定し、 ページ上のフォームを一覧表示します。 検索ペイン​コンポーネントを Search & Lister コンポーネントに追加して設定し、ページにも検索機能を追加します。フォームポータルコンポーネントを含むページは、フォームポータルページと呼ばれます。

    2. 非 AEM Sites ページ上のフォームを一覧表示: フォームポータル検索 API を使用して、非 AEM Sites のページのフォームをクエリ、取得、一覧表示します。

  3. フォームポータルページ上のドラフトフォームと送信済みフォームを一覧表示:Drafts & Submissions コンポーネントをフォームポータルページに追加して設定します。このコンポーネントは、ドラフト状態のすべてのフォームと、既に送信済みのフォームを一覧表示します。

    アダプティブフォームの送信を有効化して「送信」タブに表示するには、「送信アクション」を「フォームポータル送信アクション」に設定します。​または、「フォームポータル送信」オプションを有効にします。ユーザーがフォームを送信するたびに、フォームが「送信」タブに追加されます。

  4. ドラフトおよび送信済みのフォームデータのストレージを設定:​デフォルトでは、ドラフトと送信データは AEM リポジトリに保存されます。 実稼働環境では、ドラフトまたは送信済みのフォームデータを AEM リポジトリに格納しないことをお勧めします。安全な場所にデータを保存するためのフォームポータルコンポーネントを設定します

  5. (オプション)フォームポータルコンポーネントのカスタマイズ: フォームポータルのページテンプレートをカスタマイズして、コンポーネントに独特の外観を提供します。

  6. (オプション)フォームにカスタムメタデータを追加: フォームにカスタムメタデータを追加して、リストと検索のエクスペリエンスを向上させます。

  7. フォームポータルページを公開:​これで、フォームポータルページの準備が整いました。ページを公開します。

このページ