テキストエディターのカスタマイズ

最終更新日: 2023-11-01
  • 作成対象:
  • User

概要

アセットを管理 UI と通信を作成 UI で、テキストエディターをカスタマイズして、フォントとフォントサイズを追加できます。 英語フォントだけでなく、日本語フォントなど英語以外のフォントも使用できます。

フォント設定で、以下を変更してカスタマイズすることができます。

  • フォントファミリーとサイズ
  • 高さ、文字間隔などのプロパティ
  • フォントファミリーとサイズ、高さ、文字間隔および日付形式のデフォルト値
  • 箇条書きのインデント

次の手順を実行します。

  1. CRX の tbxeditor-config.xml ファイルを編集しフォントをカスタマイズ
  2. クライアントコンピューターへのカスタムフォントの追加

CRX の tbxeditor-config.xml ファイルを編集してフォントをカスタマイズ

tbxeditor-config.xml ファイルを編集してフォントをカスタマイズするには、次の手順を実行します。

  1. https://'[server]:[port]'/[ContextPath]/crx/de にアクセスし、管理者としてログインします。

  2. apps フォルダーに、libs/fd/cm/config の config フォルダーに類似したパスまたはフォルダー構造を持つ config という名前のフォルダーを次の手順で作成します。

    1. 以下のパスにある items フォルダーを右クリックし、「ノードをオーバーレイ」を選択します。

      /libs/fd/cm/config

      ノードをオーバーレイ

    2. ノードをオーバーレイダイアログに次の値が表示されていることを確認します。

      パス: /libs/fd/cm/config

      場所: /apps/

      ノードタイプを一致させる:​選択済み

      ノードをオーバーレイ

    3. OK」をクリックします。apps フォルダーにフォルダー構造が作成されます。

    4. すべて保存」をクリックします。

  3. 以下の手順で、新しく作成した config フォルダーに tbxeditor-config.xml ファイルのコピーを作成します。

    1. libs/fd/cm/config にある tbxeditor-config.xml ファイルを右クリックし、「コピー」を選択します。

    2. 以下のフォルダーを右クリックし、「貼り付け」を選択します。

      apps/fd/cm/config

    3. 貼り付けたファイルの名前は、デフォルトでは copy of tbxeditor-config.xml. です。ファイル名を tbxeditor-config.xml に変更し、「すべて保存」をクリックします。

  4. apps/fd/cm/config の tbxeditor-config.xml ファイルを開き、必要な変更を加えます。

    1. apps/fd/cm/config にある tbxeditor-config.xml ファイルをダブルクリックします。ファイルが開きます。

      <editorConfig>
         <bulletIndent>0.25in</bulletIndent>
      
         <defaultDateFormat>DD-MM-YYYY</defaultDateFormat>
      
         <fonts>
            <default>Times New Roman</default>
            <font>_sans</font>
            <font>_serif</font>
            <font>_typewriter</font>
            <font>Arial</font>
            <font>Courier</font>
            <font>Courier New</font>
            <font>Geneva</font>
            <font>Georgia</font>
            <font>Helvetica</font>
            <font>Tahoma</font>
            <font>Times New Roman</font>
            <font>Times</font>
            <font>Verdana</font>
         </fonts>
      
         <fontSizes>
            <default>12</default>
            <fontSize>8</fontSize>
            <fontSize>9</fontSize>
            <fontSize>10</fontSize>
            <fontSize>11</fontSize>
            <fontSize>12</fontSize>
            <fontSize>14</fontSize>
            <fontSize>16</fontSize>
            <fontSize>18</fontSize>
            <fontSize>20</fontSize>
            <fontSize>22</fontSize>
            <fontSize>24</fontSize>
            <fontSize>26</fontSize>
            <fontSize>28</fontSize>
            <fontSize>36</fontSize>
            <fontSize>48</fontSize>
            <fontSize>72</fontSize>
         </fontSizes>
      
         <lineHeights>
            <default>2</default>
            <lineHeight>2</lineHeight>
            <lineHeight>3</lineHeight>
            <lineHeight>4</lineHeight>
            <lineHeight>5</lineHeight>
            <lineHeight>6</lineHeight>
            <lineHeight>7</lineHeight>
            <lineHeight>8</lineHeight>
            <lineHeight>9</lineHeight>
            <lineHeight>10</lineHeight>
            <lineHeight>11</lineHeight>
            <lineHeight>12</lineHeight>
            <lineHeight>13</lineHeight>
            <lineHeight>14</lineHeight>
            <lineHeight>15</lineHeight>
            <lineHeight>16</lineHeight>
         </lineHeights>
      
         <letterSpacings>
            <default>0</default>
            <letterSpacing>0</letterSpacing>
            <letterSpacing>1</letterSpacing>
            <letterSpacing>2</letterSpacing>
            <letterSpacing>3</letterSpacing>
            <letterSpacing>4</letterSpacing>
            <letterSpacing>5</letterSpacing>
            <letterSpacing>6</letterSpacing>
            <letterSpacing>7</letterSpacing>
            <letterSpacing>8</letterSpacing>
            <letterSpacing>9</letterSpacing>
            <letterSpacing>10</letterSpacing>
            <letterSpacing>11</letterSpacing>
            <letterSpacing>12</letterSpacing>
            <letterSpacing>13</letterSpacing>
            <letterSpacing>14</letterSpacing>
            <letterSpacing>15</letterSpacing>
            <letterSpacing>16</letterSpacing>
         </letterSpacings>
      </editorConfig>
      
    2. ファイルに必要な変更を加え、フォント設定で以下を変更できるようにします。

      • フォントファミリーとサイズの追加または削除
      • 高さ、文字間隔などのプロパティ
      • フォントファミリーとサイズ、高さ、文字間隔および日付形式のデフォルト値
      • 箇条書きのインデント

      例えば、Sazanami Mincho Medium という名前の日本語フォントを追加するには、XML ファイルで次のエントリを作成する必要があります。 <font>Sazanami Mincho Medium</font>. また、このフォントをクライアントマシンにインストールし、フォントのカスタマイズにアクセスして操作する必要があります。 詳しくは、クライアントコンピューターへのカスタムフォントの追加を参照してください。

      また、様々な特性を持つテキストのデフォルト設定を変更したり、エントリを削除してテキストエディターからフォントを削除したりすることもできます。

    3. すべて保存」をクリックします。

クライアントコンピューターへのカスタムフォントの追加

Correspondence Management テキストエディターでフォントにアクセスする場合は、Correspondence Management にアクセスするために使用するクライアントマシンにそのフォントが存在している必要があります。 テキストエディターでカスタムフォントを使用するには、まずクライアントマシンに同じフォントをインストールする必要があります。

フォントのインストールについて詳しくは、次を参照してください。

カスタマイズしたフォントへのアクセス

次の設定を行います。 tbxeditor-config.xml ファイルを CRX に保存し、AEM Formsにアクセスするために使用するクライアントマシンに必要なフォントをインストールした場合、変更がテキストエディターに表示されます。

例えば、CRX の tbxeditor-config.xml ファイルを編集してフォントをカスタマイズする手順で Sazanami Mincho Medium フォントを追加した場合、テキストエディターの UI で以下のように表示されます。

sazanamiminchointext

メモ

日本語でテキストを表示するには、まず日本語の文字でテキストを入力する必要があります。 カスタムの日本語フォントを適用すると、テキストは特定の形式のみで表示されます。カスタムの日本語フォントを適用しても英語やその他の言語の文字が日本語の文字に変更されることはありません。

このページ