AEM DS の設定

この記事では、AEM DS Settings Service の設定方法について説明します。この設定は、次のような場合に使用できます。

  • Correspondence Management内

    • AEM Forms ワークフローを設定する場合
    • ドラフトまたは送信のリモート保存にフォームポータルを使用する場合
  • アダプティブフォームにおいては、アダプティブフォームが発行インスタンスから送信される場合

次の手順に従って、「AEM DS 設定」を構成します。

  1. URLを使用して、発行インスタンスでConfiguration Managerを開きます。
    https://localhost:port/system/console/configMgr.

    AEM Webコンソールの設定

  2. In the Adobe Experience Manager Web Console Configuration window, locate and click the AEM DS Settings option.

    DS設定

  3. AEM DS 設定サービス​ウィンドウに、AEM DS コンポーネントの共通設定が表示されます。

    DS Settingsサービス

  4. 次の情報をそれぞれのフィールドに追加します。

    処理サーバーURL:処理サーバーは、FormsまたはAEMワークフローをトリガーする必要があるサーバーです。 これは、AEM作成者インスタンスのURLまたは他のサーバーURL(https://localhost:port/)と同じです。

    処理サーバーのユーザー名:使用中のサーバーURLに [基づくワークフローユーザーのユーザー名]

    処理サーバーのパスワード:ワークフローユーザーのパスワード

    メモ
    • Forms または AEM ワークフローのいずれかを使用しているときは、発行サーバーから送信を行う前に、DS 設定サービスを構成する必要があります。このサービスを構成しないと、フォームの送信が失敗します。

このページ