AEM Forms用AEMデスクトップアプリケーション

AEMデスクトップアプリケーションを使用すると、Adobe Experience Manager(AEM)AssetsリポジトリーとAEM Formsバイナリファイルを、システム上のネットワークディレクトリにマッピングできます。 同期されたアセットとバイナリファイルをファイルエクスプローラーで表示し、各種のアプリケーションを使用してファイルを編集することができます。ファイルを表示するだけでなく、バイナリファイルの作成、アップロード、削除を行うこともできます。また、ソフトウェアから、ファイルのオープン、編集、保存を直接実行することもできます。例えば、Designer で直接 XDP ファイルを開いて編集することができます。アセットに対してローカルで行った変更内容は、AEM アセットリポジトリと AEM Forms の UI に反映されます。

AEM デスクトップアプリケーションは、AEM インスタンスからダウンロードすることができます。デスクトップアプリケーションのダウンロードについて詳しくは、「AEMデスクトップアプリケーションリリースノート」を参照してください。

AEMデスクトップアプリケーションでサポートされるAEM Formsアセット

AEM デスクトップアプリケーションを使用して、フォームテンプレートタイプ(.xdp)、PDF フォームタイプ(.pdf)、ドキュメントタイプ(.pdf)、画像タイプ、XML スキーマタイプ(.xsd)、スタイルシートタイプ(.xfs)の AEM Forms バイナリファイルを同期することができます。AEM デスクトップアプリケーションでは、他のすべてのファイル(サポートされていないファイル)は 0 バイトファイルとして表示されます。サポートされていないファイルを 0 バイトファイルとして表示することにより、他の使用可能なアセットが AEM Forms サーバー上に存在することをユーザーに認識させることができます。

メモ

ファイル名には、英数字、ハイフン、下線のみを含めることができます。

AEMデスクトップアプリケーションでのAEM Formsの有効化

AEM Desktop Appは、Microsoft WindowsではWebDAVプロトコルを使用し、Mac OS XではSMB1を使用してAEM Formsサーバーに接続します。 WebDAVまたはSMBクライアントとバイナリファイルおよび他のアセットを同期する機能は、AEM Formsサーバーでは初期設定では有効になっていません。 次の手順を実行して、AEM Forms for AEM desktop Appを有効にします。

  1. 管理者として AEM Forms にログインします。

  2. オーサーインスタンスで、adobeexperiencemanager Adobe Experience Manager/ツール ハンマー 導入/操作/Webコンソール​をクリックします。 新しいウィンドウに Web コンソールが表示されます。

  3. Web コンソールウィンドウで、「FormsManager アドオン設定」オプションを探して選択します。

  4. FormsManager アドオン設定ダイアログで「非同期リソース」チェックボックスの選択を解除して「保存」をクリックします。

  5. AEM Forms サーバーを再起動します。再起動後、AEM FormsサーバーはAEMデスクトップアプリケーションでコンテンツの受け入れと共有を有効にします。

  6. AEM デスクトップアプリケーションを起動し、AEM Forms サーバーに接続します。

    接続に成功すると、アプリケーションはcontent/damフォルダーとcontent/dam/formsanddocumentsフォルダーにデータを取り込みます。 上記のフォルダーとローカルフォルダーとの間でファイルを移動するだけでなく、AEM デスクトップアプリケーションを使用して、自動的にデータが取り込まれたフォルダー間でコンテンツを移動することができます。

このページ