XDP フォームの HTML5 プレビューの生成

AEM Forms Designer でフォームをデザインする間、フォームの PDF レンダリングをプレビューする他に、HTML5 レンダリングをプレビューすることもできます。「HTML プレビュー」タブを使用すると、フォームがブラウザでどのように表示されるかをプレビューすることができます。

Designer での XDP フォームの HTML プレビューの有効化

Designer での XDP フォームの HTML プレビューの生成を有効にするには、次の設定を行います。

  • Apache Sling Authentication Service の設定
  • 保護モードの無効化
  • AEM Forms サーバーの詳細の指定

Apache Sling Authentication Service の設定

  1. OSGi上で動作しているAEM Formsのhttps://'[server]:[port]'/system/console/configMgrに移動するか、
    https://'[server]:[port]'/lc/system/console/configMgr JEE上で動いているAEM Formsで

  2. Apache Sling Authentication Service 設定を探してクリックし、編集モードで開きます。

  3. AEM Forms を OSGi または JEE のどちらで実行しているかにより、Authentication Requirements フィールドで以下を追加します。

    • JEE 上の AEM Forms

      • -/content/xfaforms
      • -/etc/clientlibs
    • OSGi での AEM Forms

      • -/content/xfaforms
      • -/etc/clientlibs/fd/xfaforms
    メモ

    Authentication Requirements フィールドで指定した値をコピーアンドペーストしないでください。値に使用されている特殊文字が文字化けするおそれがあります。代わりに、フィールドに指定の値を入力します。

  4. 匿名ユーザー名」フィールドと「匿名ユーザーパスワード」フィールドで、ユーザー名とパスワードをそれぞれ指定します。指定した資格情報は、匿名認証を処理し、匿名ユーザーにアクセスを許可するために使用されます。

  5. Save」をクリックして、 設定を保存します。

保護モードの無効化

保護モードは、デフォルトで有効になっています。実稼働環境の場合、このモードを有効のままにしてください。開発環境でこのモードを無効にすると、Designer で HTML5 フォームのプレビューを表示することができます。次の手順を実行して無効にします。

  1. 管理者として AEM Web コンソールにログインします。

    • OSGiのAEM FormsのURLはhttps://'[server]:[port]'/system/console/configMgrです
    • JEE上のAEM FormsのURLはhttps://'[server]:[port]'/lc/system/console/configMgrです
  2. Mobile Forms の設定​を編集用に開きます。

  3. 保護モード」オプションの選択を解除して「保存」をクリックします。

AEM Forms サーバーの詳細の指定

  1. Designer で、ツールオプション​に移動します。

  2. オプションウィンドウで、サーバーオプション​ページを選択し、次の詳細を入力して、OK​をクリックします。

    • Server URL:AEM Forms サーバーの URL です。

    • HTTP port number:AEM サーバーポート。デフォルト値は 4502 です。

    • HTMLプレビューコンテキスト:XFAフォームのレンダリング用プロファイルの パス。次のデフォルトプロファイルを使用して、Designerでフォームのプレビューを行います。 ただし、カスタムプロファイルへのパスを指定することもできます。

      • /content/xfaforms/profiles/default.html (OSGi 上の AEM Forms)

      • /lc/content/xfaforms/profiles/default.html (JEE 上の AEM Forms)

    • Forms Manager Context : Forms Manager UI がデプロイされるコンテキストパス。デフォルト値は次のとおりです。

      • /aem/forms (OSGi 上の AEM Forms)
      • /lc/forms (JEE 上の AEM Forms)
    メモ

    AEM Formsサーバーが起動および実行されていることを確認します。 HTMLプレビューはCRXサーバーに接続し、プレビューを​生成​します。

    AEM Forms Designer のオプション

    AEM Forms Designer のオプション

  3. HTMLでフォームをプレビューするには、「プレビューHTML」タブをクリックします。

    メモ
    • 「HTML Preview」タブが閉じている場合は、F4 を押して「Preview HTML」を開けます。 また、表示メニューから「Preview HTML」を選択して、「Preview HTML」タブを開けることもできます。
    • HTML プレビューは PDF ドキュメントをサポートしません。HTML プレビューは XDP ドキュメント専用です。
    注意

    実際のエンドユーザーエクスペリエンスをテストするには、外部ブラウザー(Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefoxなど)でフォームをプレビューします。 各ブラウザーは、HTMLのレンダリングに別々のエンジンを使用するので、Designerと外部ブラウザーでのフォームプレビューの違いが生じる場合があります。

サンプルデータを使用してフォームをプレビューするには

Designer では、サンプル XML データを使用してフォームをプレビューおよびテストすることができます。フォームが正しくレンダリングされるよう、フォームをサンプルデータで頻繁にテストすることをお勧めします。

サンプルデータがない場合には、Designer で自動生成するか、または独自に作成することができます。フォームのプレビュー用にサンプルデータを自動生成するにはおよびフォームのプレビュー用にサンプルデータを作成するにはも参照してください。

サンプルデータソースを使用してフォームをテストすると、データとフィールドがマップされていること、および繰り返しサブフォームが指定どおりに繰り返されることを確認できます。各オブジェクトに結合されたデータを表示するにあたり適切なスペースが確保された、バランスのよいフォームレイアウトを作成できます。

  1. ファイル/フォームのプロパティ​を選択します。

  2. プレビュー」タブをクリックし、「データファイル」ボックスに、テストデータファイルへの完全なパスを入力します。参照ボタンを使用してファイルを指定することもできます。

  3. OK」をクリックします。次回に「HTML プレビュー」タブでフォームをプレビューするときには、それぞれのオブジェクトにサンプル XML ファイルからのデータ値が表示されます。

リポジトリにあるフォームのプレビュー

AEM Forms では、リポジトリにあるフォームやドキュメントをプレビューすることができます。プレビューを使用すると、エンドユーザーによって使用される際にどのように見え、作動するのかを明確に理解できます。

このページ