CustomToolbars を使用した HTML フォームのレンダリング

このドキュメントのサンプルと例は、JEE 環境の AEM Forms のみを対象としています。

カスタムツールバーを持つ HTML Forms のレンダリング

Forms サービスを使用すると、HTML フォームでレンダリングされるツールバーをカスタマイズできます。ツールバーは、デフォルトの CSS スタイルをオーバーライドして外観を変更したり、Java スクリプトをオーバーライドして動的な動作を追加したりするようにカスタマイズできます。ツールバーは、fscmenu.xml という名前の XML ファイルを使用してカスタマイズされます。デフォルトでは、Forms サービスは内部で指定された URI の場所からこのファイルを取得します。

メモ

この URI の場所は、adobe-forms-core.jar ファイル(adobe-forms-dsc.jar ファイル内)にあります。adobe-forms-dsc.jar ファイルは、C:\Adobe\Adobe_Experience_Manager_forms\ folder にあります(C:\ はインストールディレクトリです)。Win RAR などのファイル抽出ツールを使用して、adobe を開くことができます。

この場所から fscmenu.xml をコピーして、必要に応じて変更し、カスタムの URI の場所に配置できます。次に、Forms Service API を使用して、指定された場所の fscmenu.xml ファイルを Forms サービスが使用するように、ランタイムオプションを設定します。これらのアクションにより、Forms サービスはカスタムツールバーを持つ HTML フォームをレンダリングします。

fscmenu.xml ファイルに加えて、次のファイルも取得する必要があります。

  • fscmenu.js
  • fscattachments.js
  • fscmenu.css
  • fscmenu-v.css
  • fscmenu-ie.css
  • fscdialog.css

fscJS は、各ノードに関連付けられる Java スクリプトです。div#fscmenu ノード用とオプションで ul#fscmenuItem ノード用を提供する必要があります。JS ファイルはツールバーのコア機能を実装し、デフォルトファイルが機能します。

fscCSS は、特定のノードに関連付けられているスタイルシートです。CSS ファイルのスタイルによって、ツールバーの外観が指定されます。fscVCSS は、レンダリングされた HTML フォームの左側に表示される、縦向きのツールバーのスタイルシートです。fscIECSS は、Internet Explorer でレンダリングされる HTML フォームに使用されるスタイルシートです。

上記のすべてのファイルが fscmenu.xml ファイルで参照されていることを確認します。つまり、fscmenu.xml ファイルで、これらのファイルを指す URI の場所を指定し、Forms サービスでそれらのファイルを検索できるようにします。デフォルトでは、これらのファイルは、内部キーワード FSWebRoot または ApplicationWebRoot で始まる URI の場所で利用できます。

ツールバーをカスタマイズするには、これらのキーワードを外部キーワード FSToolBarURI で置き換えます。このキーワードは、実行時に Forms サービスに渡される URI を表します(この方法については、この節で後述します)。

また、これらの JS ファイルと CSS ファイルの絶対的な場所(例:https://www.mycompany.com/scripts/misc/fscmenu.js)を指定することもできます。その場合、FSToolBarURI キーワードを使用する必要はありません。

メモ

これらのファイルの参照方法を混在させることはお勧めしません。つまり、すべての URI は、FSToolBarURI キーワードまたは絶対位置のいずれかを使用して、参照する必要があります。

JS ファイルと CSS ファイルを取得するには、adobe-forms-<appserver>.ear ファイルを開きます。このファイル内で、adobe-forms-res.war を開きます。これらのファイルはすべて WAR ファイル内にあります。adobe-forms-<appserver>.ear ファイルは、AEM Forms のインストールフォルダー内にあります(C:\ はインストールディレクトリです)。adobe-forms-<appserver>.ear は、WinRAR などのファイル展開ツールを使用して開くことができます。

次の XML 構文は、サンプルの fscmenu.xml ファイルを示しています。

 <div id="fscmenu" fscJS="FSToolBarURI/scripts/fscmenu.js" fscCSS="FSToolBarURI/fscmenu.css" fscVCSS="FSToolBarURI/fscmenu-v.css" fscIECSS="FSToolBarURI/fscmenu-ie.css">
         <ul class="fscmenuItem" id="Home">
             <li>
                 <a href="#" fscTarget="_top" tabindex="1">Home</a>
             </li>
         </ul>
         <ul class="fscmenuItem" id="Upload" fscJS="FSToolBarURI/scripts/fscattachments.js" fscCSS="FSToolBarURI/fscdialog.css">
             <li>
                 <a tabindex="2">Upload Attachments</a>
                 <ul class="fscmenuPopup" id="fscUploadAttachments">
                     <li>
                         <a href="javascript:doUploadDialog();" tabindex="3">Add ...</a>
                     </li>
                     <li>
                         <a href="javascript:doDeleteDialog();" tabindex="4">Delete ...</a>
                     </li>
                 </ul>
             </li>
         </ul>
         <ul class="fscmenuItem" id="Download">
             <li>
                 <a tabindex="100">Download Attachments</a>
                 <ul class="fscmenuPopup">
                     <li>
                         <a tabindex="101">None available</a>
                     </li>
                 </ul>
             </li>
         </ul>
     </div>
メモ

太字のテキストは、参照する必要がある CSS ファイルおよび JS ファイルへの URI を表します。

次の項目では、ツールバーをカスタマイズする方法を説明します。

  • fscJSfscCSSfscVCSSfscIECSS 属性(fscmenu.xml ファイル内)の値を変更し、この節で説明するメソッドの 1 つ(例:fscJS="FSToolBarURI/scripts/fscmenu.js")を使用して、参照されるファイルのカスタムの場所を反映させます。
  • すべての CSS ファイルと JS ファイルを指定する必要があります。どのファイルも変更されない場合は、カスタムの場所にデフォルトのファイルを指定します。デフォルトのファイルを取得するには、この節で説明するように、様々なファイルを開きます。
  • どのファイルに対しても、絶対参照(例えば、https://www.example.com/scripts/custom-vertical-fscmenu.css)を指定できます。
  • div#fscmenu ノードが必要とする JS ファイルと CSS ファイルは、ツールバー機能に不可欠なものです。個々の ul#fscmenuItem ノードには、サポートする JS ファイルまたは CSS ファイルがある場合とない場合があります。

ロケール値の変更

ツールバーのカスタマイズの一環として、ツールバーのロケール値を変更できます。つまり、別の言語で表示できます。次の図は、フランス語で表示されたカスタムツールバーを示しています。

メモ

複数の言語でカスタムツールバーを作成することはできません。ツールバーは、ロケール設定に基づいて異なる XML ファイルを使用することはできません。

ツールバーのロケール値を変更するには、fscmenu.xml ファイルに表示する言語が含まれていることを確認します。次の XML 構文は、フランス語のツールバーを表示するために使用される fscmenu.xml ファイルを示しています。

 <div id="fscmenu" fscJS="FSToolBarURI/scripts/fscmenu.js" fscCSS="FSToolBarURI/fscmenu.css" fscVCSS="FSToolBarURI/fscmenu-v.css" fscIECSS="FSToolBarURI/fscmenu-ie.css">
         <ul class="fscmenuItem" id="Home">
             <li>
                 <a href="#" fscTarget="_top" tabindex="1">Accueil</a>
             </li>
         </ul>
         <ul class="fscmenuItem" id="Upload" fscJS="FSToolBarURI/scripts/fscattachments.js" fscCSS="FSToolBarURI/fscdialog.css">
             <li>
                 <a tabindex="2">Télécharger les pièces jointes</a>
                 <ul class="fscmenuPopup" id="fscUploadAttachments">
                     <li>
                         <a href="javascript:doUploadDialog();" tabindex="3">Ajouter...</a>
                     </li>
                     <li>
                         <a href="javascript:doDeleteDialog();" tabindex="4">Supprimer...</a>
                     </li>
                 </ul>
             </li>
         </ul>
         <ul class="fscmenuItem" id="Download">
             <li>
                 <a tabindex="100">Télécharger les pièces jointes</a>
                 <ul class="fscmenuPopup">
                     <li>
                         <a tabindex="101">Aucune disponible</a>
                     </li>
                 </ul>
             </li>
         </ul>
     </div>
メモ

このセクションに関連付けられているクイックスタートは、前の図に示すように、この XML ファイルを使用してフランス語のカスタムツールバーを表示します。

また、HTMLRenderSpec オブジェクトの setLocale メソッドを呼び出してロケール値を指定する文字列値を渡すことによって、有効なロケール値を指定します。例えば、fr_FR を渡してフランス語を指定します。Forms サービスは、ローカライズされたツールバーにバンドルされています。

メモ

カスタムツールバーを使用する HTML フォームをレンダリングする前に、HTML フォームのレンダリング方法を知っておく必要があります(フォームを HTML としてレンダリングを参照)。

Forms サービスについて詳しくは、AEM Forms サービスリファレンスを参照してください。

手順の概要

カスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングするには、次のタスクを実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. Forms Java API オブジェクトを作成します。
  3. カスタム fscmenu XML ファイルを参照します。
  4. HTML フォームをレンダリングします。
  5. フォームデータストリームをクライアントの Web ブラウザーに書き込みます。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを含めます。

Forms Java API オブジェクトの作成

Forms サービスがサポートする操作をプログラムで実行する前に、Forms クライアントオブジェクトを作成する必要があります。

カスタム fscmenu XML ファイルの参照

カスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングするには、ツールバーを記述する fscmenu XML ファイルを参照します(この節では、fscmenu XML ファイルの 2 つの例を示します)。また、fscmenu.xml ファイルで、参照されるすべてのファイルの場所が正しく指定されていることを確認します。この節で前述したように、すべてのファイルが FSToolBarURI キーワードまたはそれらの絶対位置のいずれかによって参照されていることを確認してください。

HTMLフォームのレンダリング

HTML フォームをレンダリングするには、Designer で作成され XDP ファイルとして保存されたフォームデザインを指定します。また、変換タイプとして HTML を選択します。たとえば、Internet Explorer 5.0 以降のダイナミック HTML をレンダリングする HTML 変換タイプを指定できます。

また、HTML フォームのレンダリングには、他のフォームタイプをレンダリングするための URI 値などの値も必要です。

クライアント web ブラウザーへのフォームデータストリームの書き込み

Forms サービスが HTML フォームをレンダリングすると、フォームデータストリームが返されます。このデータストリームは、HTML フォームをユーザーに表示するためにクライアントの web ブラウザーに書き込む必要があります。

関連トピック

Java API を使用してカスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングする

Web サービス API を使用してカスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングする

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Forms サービス API のクイックスタート

インタラクティブ PDF Forms のレンダリング

Forms を HTML としてレンダリング

Forms をレンダリングする web アプリケーションの作成

Java API を使用してカスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングする

Forms Service API(Java)を使用して、カスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングします。

  1. プロジェクトファイルを含める

    adobe-forms-client.jar などのクライアント JAR ファイルを Java プロジェクトのクラスパスに含めます。

  2. Forms Java API オブジェクトの作成

    • 接続プロパティを含む ServiceClientFactory オブジェクトを作成します。
    • コンストラクタを使用して FormsServiceClient オブジェクトを渡すことによって、ServiceClientFactory オブジェクトを作成します。
  3. カスタム fscmenu XML ファイルの参照

    • コンストラクターを使用して HTMLRenderSpec オブジェクトを作成します。
    • ツールバーを使用して HTML フォームをレンダリングするには、HTMLRenderSpec オブジェクトの setHTMLToolbar メソッドを呼び出して、HTMLToolbar enum 値を渡します。例えば、縦の HTML ツールバーを表示するには、HTMLToolbar.Vertical を渡します。
    • HTMLRenderSpec オブジェクトの setToolbarURI メソッドを呼び出して XML ファイルの URI の場所を指定する文字列値を渡すことによって、fscmenuXML ファイルの場所を指定します。
    • 該当する場合は、HTMLRenderSpec オブジェクトの setLocale メソッドを呼び出してロケール値を指定する文字列値を渡すことによって、ロケール値を設定します。デフォルト値は英語です。
    メモ

    この節に関連するクイックスタートでは、この値を fr_FRに設定します。

  4. HTML フォームのレンダリング

    FormsServiceClient オブジェクトの renderHTMLForm メソッドを呼び出して、次の値を渡します。

    • フォームデザイン名を指定する文字列値で、ファイル名の拡張子も含まれます。Forms アプリケーションの一部であるフォームデザインを参照する場合は、必ず次のような完全なパスを指定します。Applications/FormsApplication/1.0/FormsFolder/Loan.xdp
    • HTML の環境設定タイプを指定する TransformTo enum 値。例えば、Internet Explorer 5.0 以降の動的 HTML と互換性のある HTML フォームをレンダリングするには、TransformTo.MSDHTML を指定します。
    • フォームに結合するデータを含む com.adobe.idp.Document オブジェクト。データを結合しない場合は、空の com.adobe.idp.Document オブジェクトを渡します。
    • HTML の実行時オプションが格納された HTMLRenderSpec オブジェクト。
    • HTTP_USER_AGENT ヘッダー値(例:Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322))を指定する文字列値。
    • HTML フォームのレンダリングに必要な URI 値が格納された URLSpec オブジェクト。
    • 添付ファイルを格納する java.util.HashMap オブジェクト。 これはオプションのパラメーターで、 フォームにファイルを添付しない場合は null を指定できます。

    renderHTMLForm メソッドは、 クライアント web ブラウザーに書き込む必要があるフォームデータストリームを含んだ FormsResult オブジェクトを返します。

  5. フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに書き込む

    • FormsResult オブジェクトの getOutputContent メソッドを呼び出して、com.adobe.idp.Document オブジェクトを作成します。
    • getContentType メソッドを呼び出して、com.adobe.idp.Document オブジェクトのコンテンツタイプを取得します。
    • setContentType メソッドを呼び出し、com.adobe.idp.Document オブジェクトのコンテンツタイプを渡すことで、javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトのコンテンツタイプを設定します。
    • javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトの getOutputStream メソッドを呼び出して、フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに書き出すのに使用される javax.servlet.ServletOutputStream オブジェクトを作成します。
    • com.adobe.idp.Document オブジェクトの getInputStream メソッドを呼び出して、java.io.InputStream オブジェクトを作成します。
    • InputStream オブジェクトの read メソッドを呼び出してバイト配列を引数として渡すことによって、バイト配列を作成してフォームデータストリームを入力します。
    • javax.servlet.ServletOutputStream オブジェクトの write メソッドを呼び出して、フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに送信します。バイト配列を write メソッドに渡します。

関連トピック

クイックスタート(SOAP モード):Java API を使用した、カスタムツールバーでの HTML フォームのレンダリング

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用してカスタムツールバーを含む HTML フォームをレンダリングする

Forms サービス API(web サービス)を使用して、カスタムツールバーを含んだ HTML フォームをレンダリングします。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • Forms Service WSDL を使用する Java プロキシクラスを作成します。
    • クラスパスに Java プロキシクラスを含めます。
  2. Forms Java API オブジェクトの作成

    FormsService オブジェクトを作成し、認証値を設定します。

  3. カスタム fscmenu XML ファイルの参照

    • コンストラクターを使用して HTMLRenderSpec オブジェクトを作成します。
    • ツールバーを使用して HTML フォームをレンダリングするには、HTMLRenderSpec オブジェクトの setHTMLToolbar メソッドを呼び出して、HTMLToolbar enum 値を渡します。例えば、縦の HTML ツールバーを表示するには、HTMLToolbar.Vertical を渡します。
    • HTMLRenderSpec オブジェクトの setToolbarURI メソッドを呼び出して XML ファイルの URI の場所を指定する文字列値を渡すことによって、fscmenuXML ファイルの場所を指定します。
    • 該当する場合は、HTMLRenderSpec オブジェクトの setLocale メソッドを呼び出してロケール値を指定する文字列値を渡すことによって、ロケール値を設定します。デフォルト値は英語です。
    メモ

    この節に関連するクイックスタートでは、この値を fr_FRに設定します。

  4. HTML フォームのレンダリング

    FormsService オブジェクトの renderHTMLForm メソッドを呼び出して、次の値を渡します。

    • フォームデザイン名を指定する文字列値で、ファイル名の拡張子も含まれます。Forms アプリケーションの一部であるフォームデザインを参照する場合は、必ず次のような完全なパスを指定します。Applications/FormsApplication/1.0/FormsFolder/Loan.xdp
    • HTML の環境設定タイプを指定する TransformTo enum 値。例えば、Internet Explorer 5.0 以降の動的 HTML と互換性のある HTML フォームをレンダリングするには、TransformTo.MSDHTML を指定します。
    • フォームと結合するデータを含んだ BLOB オブジェクト。 データを結合しない場合は、 null を渡します。
    • HTML の実行時オプションが格納されている HTMLRenderSpec オブジェクト。
    • HTTP_USER_AGENT ヘッダー値を指定する文字列値(例:Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322))。この値を設定しない場合は、空の文字列を渡します。
    • HTML フォームのレンダリングに必要な URI 値を格納する URLSpec オブジェクト。
    • 添付ファイルを格納する java.util.HashMap オブジェクト。このパラメーターはオプションで、フォームにファイルを添付しない場合は null を指定できます。
    • renderHTMLForm メソッドでデータが入力される空の com.adobe.idp.services.holders.BLOBHolder オブジェクト。このパラメーター値には、レンダリングされたフォームが格納されます。
    • renderHTMLForm メソッドで入力される空の com.adobe.idp.services.holders.BLOBHolder オブジェクト。このパラメーターには、出力 XML データが格納されます。
    • renderHTMLForm メソッドでデータが入力される空の javax.xml.rpc.holders.LongHolder オブジェクト。この引数には、フォームのページ数が格納されます。
    • renderHTMLForm メソッドでデータが入力される空の javax.xml.rpc.holders.StringHolder オブジェクト。 この引数には、ロケール値が格納されます。
    • renderHTMLForm メソッドでデータが入力される空の javax.xml.rpc.holders.StringHolder オブジェクト。この引数には、使用する HTML レンダリング値が格納されます。
    • この操作の結果を格納する空の com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクト。

    renderHTMLForm メソッドは、最後の引数値として渡される com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクトに、クライアント web ブラウザーに書き込む必要のあるフォームデータストリームを入力します。

  5. フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに書き込む

    • com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクトの value データメンバーの値を取得して、FormResult オブジェクトを作成します。
    • FormsResult オブジェクトの getOutputContent メソッドを呼び出して、フォームデータを含む BLOB オブジェクトを作成します。
    • getContentType メソッドを呼び出して、BLOB オブジェクトのコンテンツタイプを取得します。
    • setContentType メソッドを呼び出し、BLOB オブジェクトのコンテンツタイプを渡すことで、javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトのコンテンツタイプを設定します。
    • フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに書き出すのに使用される javax.servlet.ServletOutputStream オブジェクトを、javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトの getOutputStream メソッドを呼び出して作成します。
    • バイト配列を作成し、BLOB オブジェクトの getBinaryData メソッドを呼び出して値を入力します。このタスクは、FormsResult オブジェクトのコンテンツをバイト配列に割り当てます。
    • javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトの write メソッドを呼び出して、フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに送信します。バイト配列を write メソッドに渡します。

関連トピック

Base64 エンコーディングを使用した AEM Forms の呼び出し

このページ