Xcode プロジェクトの設定と iOS アプリケーションの構築

AEM Forms では、AEM Forms アプリケーションの完全なソースコードを提供しています。このソースには、カスタムの AEM Forms アプリケーションを構築するためのすべてのコンポーネントが含まれています。The source code archive, adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip is a part of the adobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zip package on Software Distribution.

AEM Forms アプリケーションソースを入手するには、以下の手順を実行します。

  1. Open Software Distribution. ソフトウェアディストリビューションにログインするには、Adobe ID が必要です。

  2. Tap Adobe Experience Manager available in the header menu.

  3. フィルター」セクションで、

    1. ソリューション」ドロップダウンリストから「Forms」を選択します。
    2. パッケージのバージョンとタイプを選択します。 You can also use the Search Downloads option to filter the results.
  4. Tap the package name applicable to your operating system, select Accept EULA Terms, and tap Download.

  5. Open Package Manager and click Upload Package to upload the package.

  6. Select the package and click Install.

  7. ソースコードアーカイブをダウンロードするには、ブラウザ https://<server>:<port>/crx/de/content/forms/mobileapps/src/adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip ーで開きます。
    ソースパッケージがデバイスにダウンロードされます。

The following image displays the extracted contents of the adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip.

mws-content

The following table details contents of the adobe-lc-mobileworkspace-src-[version]/ios folder.

ディレクトリ

コンテンツ

CordovaLib

PhoneGap SDK 6.4.0

AEM Forms

リソース、PhoneGap プラグイン、およびアプリケーションのメインモジュール

AEM Forms.xcodeproj

AEM Forms アプリケーション用 Xcode プロジェクト

www

AEM Forms アプリケーション プロジェクト用 HTML、CSS、画像、および JavaScript ファイル

コード署名と iOS プロビジョニングポータルへのデバイスの追加について詳しくは、iOS コード署名の設定、処理、トラブルシューティングを参照してください。

標準的な AEM Forms アプリケーションの構築

  1. 以下の手順を実行して、Xcode でプロジェクトを設定し、署名 ID を決定します。

    XcodeとiOS SDKがインストールおよび設定されているMacマシンにログインします。

  2. Copy the adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip archive from the downloads folder to [User_Home]/Projects/.

  3. Extract the archive in the [User_Home]/Projects/[your-project]directory.

  4. プロジェクト [User_Home]/Projects/[ディレクトリに移動し]/adobe-lc-mobileworkspace-src-[version]/ios ます。

  5. Xcode で AEM Forms.xcodeproj プロジェクトを開きます。

  6. TARGETS」の「AEM Forms」をクリックし、AEM Forms」を選択します。Select the Build Settings tab, locate the Code Signing Entitlement section, and in Debug and Release fields do one of the following:

    • 標準 Mobile Workspace アプリケーションを作成するための各フィールドを未指定のままにする。
    • Specify the fields to as explained in Building a Secure AEM Forms app for iOS to build a secure AEM Forms app.
  7. Build Settings」タブで、「All」をクリックし、「Combined」をクリックします。

  8. Settings」リストで、「Code Signing」を展開します。

  9. Code Signing Identity」から、適切な署名を選択します。For detailed information about, creating new signatures, see Creating and Downloading Development Provisioning Profiles.

  10. Debug」、「Release」、「Any iOS SDK」に同じ署名が選択されていることを確認します。

  11. Replace the following code in the AEM Forms-info.plist file:

    <key>NSAppTransportSecurity</key>
    <dict>
    <key>NSAllowsArbitraryLoads</key>
    <true/>
    </dict>
    

    yourserver.com をサーバーの適切なホスト名で置き換える際に、上記のコードを以下のコードに置き換えます。

    <key>NSAppTransportSecurity</key>
    <dict>
    <key>NSExceptionDomains</key>
    <dict>
    <key>yourserver.com</key>
    <dict>
    <!-Include to allow subdomains->
    <key>NSIncludesSubdomains</key>
    <true/>
    <!-Include to allow HTTP requests->
    <key>NSTemporaryExceptionAllowsInsecureHTTPLoads</key>
    <true/>
    <!-Include to support forward secrecy->
    <key>NSExceptionRequiresForwardSecrecy</key>
    <false/>
    <!-Include to specify minimum TLS version->
    <key>NSTemporaryExceptionMinimumTLSVersion</key>
    <string>TLSv1.1</string>
    </dict>
    </dict>
    </dict>
    
    メモ

    この手順は、AEM Formsアプリがアプリ転送セキュリティの要件に従っていないサーバーに接続する必要がある場合にのみ必要です。

  12. Under PROJECT, select AEM Forms and ensure that the appropriate signature is selected for Code Signing Identity, Debug, Release and Any iOS SDK.

  13. プロビジョニング済み iPad を Mac マシンに接続します。

  14. AEM Forms プロジェクト用のプロビジョニング済みデバイスを選択します。

    ipad

    プロビジョニング済みデバイスの iPad Air 2 が選択されます。

  15. Product」/「Clean」を選択します。

  16. Product」/「Build」を選択します。

AEM Forms アプリケーション用インストーラーの構築

Xcode プロジェクトをアーカイブして、インストーラー(.ipa ファイル)とプロパティリストファイル(.plist ファイル)を構築する必要があります。プロパティリストファイルには、アプリケーションの名前やホストしているロケーションなど、ホストされているインハウスアプリケーションの設定情報が含まれます。 プロパティリストファイルについての詳細は、「情報プロパティリストファイルについて」を参照してください。

  1. プロビジョニングされた iPad の Mac マシンへの接続For detailed information about provisioning an iPad, see Creating and Downloading Development Provisioning Profiles

  2. AEM Forms プロジェクト用のプロビジョニング済みデバイスを選択します。

    ipad-1

    プロビジョニング済みデバイスの iPad Air 2 が選択されます。

  3. Product」/「Clean」を選択します。

  4. Product」/「Build」を選択します。

  5. Product」/「Archive」を選択します。

  6. Organizer - Archives で、プロジェクトの最新のアーカイブを選択し、「Distribute」をクリックします。

  7. Save for Enterprise or Ad-Hoc Deployment」を配布手段として選択し、「Next」をクリックします。

  8. 適切な「Code Signing Identity」を選択し、「Next」をクリックします。「Allow」をクリックして署名を適用します。

  9. アプリケーションに名前をつけて、「Save for Enterprise Distribution」を選択します。

  10. アプリケーションに​アプリケーション URL を指定します。 For example, to host the app on a CRX server, provide URL https://[LC_host]:'port'/lc/content/distribution/mobileworkspace/APP_NAME.ipa.

  11. タイトル」フィールドで、AEM Forms を指定します。

  12. 保存」をクリックして Xcode を閉じます。

    インストーラーファイル AEM Forms.ipa、プロパティリストファイル AEM Forms-info.plist が指定された場所に作成されます。

  13. Open the AEM Forms-info.plist file in an editor.

  14. .ipa ファイルの URL のスペースをすべて %20 に置き換えます。

  15. Save and close the AEM Forms-info.plist file.

このページ