AEM Forms Android アプリケーションの構築

AEM Forms Android アプリケーションを構築するには、以下の手順を、記載されている順序で実行します。

  1. AEM Forms アプリケーションのソースコードパッケージのダウンロード
  2. 環境変数の設定
  3. 標準的な AEM Forms アプリケーションの構築

AEM Forms アプリケーションのソースコードパッケージのダウンロード

AEM Formsアプリソースコードパッケージは、adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zipアーカイブを参照します。 このアーカイブにはカスタムの AEM Forms アプリケーションを構築するために必要なソースコードが含まれています。アーカイブは、ソフトウェア配布パッケージに含まれているadobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zipパッケージに含まれています。

次の手順を実行してadobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zipファイルをダウンロードします。

  1. ソフトウェア配布を開きます。 ソフトウェアディストリビューションにログインするには、Adobe ID が必要です。
  2. ヘッダーメニューにある​Adobe Experience Manager​をタップします。
  3. フィルター」セクションで、
    1. ソリューション」ドロップダウンリストから「Forms」を選択します。
    2. パッケージのバージョンとタイプを選択します。 また、「ダウンロードを検索」オプションを使用して、結果をフィルターすることもできます。
  4. お使いのオペレーティングシステムに対応するパッケージ名をタップし、「EULA条項に同意」を選択して、「ダウンロード」をタップします。
  5. Package Managerを開き、「パッケージをアップロード」をクリックして、パッケージをアップロードします。
  6. パッケージを選択し、「インストール」をクリックします。
  7. ソースコードアーカイブをダウンロードするには、ブラウザーで​https://<server>:<port>/crx/de/content/forms/mobileapps/src/adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip​を開きます。 Androidアプリの.zipファイルがデバイスにダウンロードされます。
  8. ローカルファイルシステム上のフォルダーに .zip ファイルの内容を解凍します。例:C:&lt;Folder Structure>\adobe-lc-mobileworkspace-src-2.4.20

次の画像は、adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip\androidフォルダーの構造を示しています。

zip_android_folder_structure

環境変数の設定

AEM Forms アプリケーションの構築プロセスを開始する前に、次の環境変数を設定します。

  • JAVA_HOME 環境変数を、ローカルファイルシステム上の JDK ソフトウェアの場所に設定します。例:C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_181
  • ANDROID_SDK_ROOTシステム環境変数をAndroidのSDKの場所に設定します。 例:C:\Users&amp;lt;username>\AppData\Local\Android\Sdk
  • Path システム環境変数を、Android の platform-tools フォルダーおよび tools フォルダーに含めるように設定します。例えば、C:\Users&amp;lt;username>\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools and C:\Users&amp;lt;username>\AppData\Local\Android\Sdk\toolsのように指定します。

標準的な AEM Forms アプリケーションの構築

adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zipファイルをローカルファイルシステムに保存し、環境変数を設定したら、次のいずれかのオプションを使用して、標準的なAEM FormsAndroidアプリを作成します。

Android Studio を使用した AEM Forms アプリケーションの構築

Android Studio を使用して AEM Forms アプリケーションを構築するには、次の手順を実行します。

  1. お使いのマシンで Android Studio アプリケーションを起動します。

  2. Open an existing Android Studio project」をクリックします。既存のプロジェクトを開くダイアログボックスが自動的に表示されない場合は、FileOpen を選択します。

  3. ローカルファイルシステム上の adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip/android に移動し、「OK」をクリックします。

    android」オプションが左側のペインに表示されます。

    android_folder_studio

  4. 左側のウィンドウから​android​を選択し、​を実行/'android'​を実行をクリックします。

  5. デプロイメントターゲットを選択ダイアログボックスの「接続されているデバイス」セクションでAndroidデバイスを選択し、「OK」をクリックします。

    開発環境を正しく構築すると、アプリケーションをカスタマイズできるようになります。アプリケーションをカスタマイズする場合は、次の記事を参照してください。

    アプリケーションを適切にカスタマイズした後、.apk ファイルを生成して配布できます。

Android Studio を使用した .apk ファイルの生成

Android Studio を使用して .apk ファイルを生成するには、次の手順を実行します。

  1. お使いのマシンで Android Studio アプリケーションを起動します。

  2. 既存のAndroid Studioプロジェクト​を開く」を選択します。 既存のプロジェクトを開くダイアログボックスが自動的に表示されない場合は、FileOpen を選択します。

  3. ローカルファイルシステム上の adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip/android に移動し、「OK」をクリックします。

    「android」オプションが左側のペインに表示されます。

  4. BuildBuild APK​を選択し、.apk ファイルを生成します。

    必要に応じて、ビルド/署名付きAPK​を生成を選択し、.apkファイルの署名付きバージョンを生成します。

Android Debug Bridge の使用

.apkファイルが生成されたら、次のコマンドを実行して、Android Debug Bridgeを使用してAndroidデバイスにアプリケーションをインストールします。

Windowsユーザー: adb install %HOMEPATH%\Projects\[your-project]\adobe-lc-mobileworkspace-src-[version]\android\build\outputs\apk\android-debug.apk

MACユーザー: adb install [User_Home]/Projects/[your-project]/adobe-lc-mobileworkspace-src-[version]/android/build/outputs/apk/android-debug.apk

このページ