タスクを開く

AEM Forms アプリケーションが AEM Forms サーバーと同期されている場合は、自分に割り当てられているタスクを操作することができます。タスクとは、ワークベンチまたは AEM ワークフローエディターで定義されるワークフロー内の手順のことです。

他のフォームは下書きとして「ドラフト」タブに保存されます。「下書きの保存」を参照してください。

タスクを開くには

  1. タスクリスト内のタスクをタップします。

    タスクを選択する場合、Workbench で設定されたタスクの説明は、タスク名の下に表示されます。説明の後にタスクに関連付けられたユーザーアクションが表示されます。

    • タスクにアクションが関連付けられている場合、ホーム画面でタスクの横にある水平の省略記号をタップすると、アクションが表示されます。
    • プロセスデザイナーが、タスクにアクションを関連付けなかった場合、タスクに関連付けられたデフォルトのアクションは「Complete」になります。
  2. タスクをタップして開きます。

    サマリの表示」をタップして、Workbench プロセスで指定されている追加手順を表示できます。

アプリケーションを開くには

  1. フォーム」タブの「アプリケーション」をタップします。

    アプリケーションを選択すると、そのアプリケーションの説明が、アプリケーション名の下に表示されます。説明の後に、そのアプリケーションに関連付けられているユーザーアクションが表示されます。

    • アプリケーションにアクションが関連付けられている場合、ホーム画面でそのアプリケーションの横にある横方向の省略記号をタップすると、関連付けられているアクションが表示されます。
    • アプリケーションのワークフローモデルによってアプリケーションにアクションが関連付けられていない場合、アプリケーションに関連付けられているデフォルトのアクションが表示されます。
  2. タスクをタップして開きます。

    サマリの表示」をタップすると、アプリケーション用に指定されている追加の手順が表示されます。

このページ