ジェスチャーのカスタマイズ

AEM Formsアプリのジェスチャーをカスタマイズして、アプリと対話する独自の方法を提供できます。 例えば、新しいジェスチャーを追加して、タスクーやStartpointを開いたり閉じたりできます。

AEM Forms アプリケーションのジェスチャーをカスタマイズするには

AEM Forms アプリケーションで、左スワイプは新しいタスクまたは Startpoint を開き、右スワイプは何もしません。次の例は、AEM Formsアプリで右スワイプジェスチャーを実行したときに新しいタスクまたはStartpointを開く手順を提供しています。

  1. プロジェクトを開きます。

    • iOSの場合は、XcodeでCapture.xcodeprojを開きます。
    • Android の場合、Eclipse で Android プロジェクトを開きます。
    • Windowsの場合は、Visual StudioでMWSWindows.slnを開きます。
  2. 表示フォルダーに移動し、task.jsファイルを開いて編集します。

    • Xcodeで、Capture > www > wsmobile > js > runtime > luntime >表示​フォルダーに移動します。
    • Eclipseで、assets > www > wsmobile > js > runtime > luntime >表示​フォルダーに移動します。
    • Visual Studioで、MWSWindows > www > wsmobile > js > runtime > luntime > livers​表示ーに移動します。
    NOTE

    task.js ファイルには、タスクリストまたは Startpoint リストに表示されている各タスクまたは Startpoint に関連付けられた Backbone ビューが含まれています。

  3. task.jsファイルで、表示のイベントプロパティを検索します。

    イベントプロパティは、次の形式の各エントリとのマップです。

    "EventName Selector": "Function"

    Selectorで指定されたHTMLイベントでEventNameという名前のJavaScript要素をトリガーすると、Functionが呼び出されます。

  4. 検索

    • "tap .taskContentArea" :"onTaskClick",

      "tap .taskOpenArea" :"onTaskClick",

      "tap .タスクコンテンツ" :"onTaskClick",

      "tap .last_empty_div" :"onTaskClick",
      これを

    • "swipe .taskContentArea" :"onTaskClick",

      "swipe .taskOpenArea" :"onTaskClick",

      "スワイプ。タスクコンテンツ":"onTaskClick",

      "スワイプ.last_empty_div" :"onTaskClick",

  5. task.jsファイルを保存して閉じます。

  6. AEM Forms アプリケーションをビルドし実行します。これで、左スワイプと右スワイプを使用してタスクを開くことができます。

同様に、さまざまな組み合わせのジェスチャー、HTML 要素、および関数に対して、他のビューで変更を行うことができます。

このページ