セキュアな AEM Forms アプリケーション(iOS 用)の構築

AEM Forms アプリケーション用 Xcode プロジェクトをアーカイブして、インストーラー(.ipa ファイル)とプロパティリストファイル(.plist ファイル)を構築する必要があります。プロパティリストファイルには、アプリケーションの名前やホストしているロケーションなど、ホストされているインハウスアプリケーションの設定情報が含まれます。 プロパティリストファイルについての詳細は、About Information Property List Filesを参照してください。

  1. 次の Web サイトにログインします。

    https://developer.apple.com/account/ios/identifier/bundle

  2. アプリケーション ID を作成します。アプリケーション ID を作成する詳細な手順については、アプリケーション ID の作成と設定を参照してください。

  3. アプリケーションのご使用の iOS アプリケーションのためのバンドル識別子を設定するには、アプリケーション ID の設定​をクリックします。

  4. Web ページの下部にある、Enable for Data Protection を選択します。 data protection オプションを指定します。

    完了」をクリックします。

  5. プロビジョニング/配布に行き、手順 3 で設定したアプリケーション ID を使って新しいプロファイルを作成します。

  6. プロビジョニングプロファイルをダウンロードして Xcode および iPad に追加します。

  7. Xcode、iOS SDK がインストールおよび設定済みの Mac マシンにログインします。

  8. Xcode で AEM Forms.xcodeproj プロジェクトを開きます。

  9. TARGETS」の「AEM Forms」をクリックし、AEM Forms」を選択します。「Build Settings」タブを選択し、「Code Signing Entitlement」セクションを探して、「Entitlements」ドロップダウンで「LC Enterprise」オプションを選択します。

  10. Xcode 内にある LC Enterprise.entitlements ファイルを探して、編集するために開きます。XCode entitlements​の下で、プロビジョニングプロファイルに存在するのと同じキー値ペアを追加します。

  11. Build Settings」タブで、「All」をクリックし、「Combined」をクリックします。

  12. Settings」リストで、「Code Signing」を展開します。

  13. Code Signing Identity」から、適切な署名を選択します。「Debug」、「Release」、「Any iOS SDK」に同じ署名が選択されていることを確認します。

  14. PROJECT​で、AEM Forms​を選択し、コード署名IDデバッグリリース​および​Any iOS SDK.

  15. AEM Forms アプリケーションを構築し、配布します。AEM Forms Workspace アプリケーションを構築・配信する詳細な手順については、AEM Forms アプリケーション用のインストーラーの構築を参照してください。

このページ