代替フォントの設定

デフォルトのフォントがサーバーでは使用できない場合に、FontManagerResources.properties ファイルを手動で設定して、デフォルトの AEM forms のフォントを代替フォントにマップすることができます。このプロパティファイルは、adobe-fontmanager.jar ファイルにあります。

メモ

代替フォントの設定は Assembler サービスにも適用されます。

  1. [aem-forms root]/configurationManager/exportディレクトリのadobe-livecycle-[appserver].earファイルに移動し、バックアップコピーを作成して元のファイルを展開します。

  2. adobe-fontmanager.jar ファイルを検索し、展開します。

  3. FontManagerResources.properties ファイルを検索し、テキストエディターで開きます。

  4. 必要に応じて汎用フォントと代替フォントの場所と名前を変更し、ファイルを保存します。

    FontManagerResources.propertiesファイル内のフォントエントリは、[aem-forms root]/fontsディレクトリを基準とした相対位置にあります。 デフォルトの AEM forms フォントではないフォントを指定する場合は、このディレクトリ構造内(既存のディレクトリ内または新しく作成したディレクトリ内)にそれらのフォントをインストールする必要があります。

    メモ

    指定したフォントまたはデフォルトのフォントに特定の Unicode 文字が含まれない場合や使用できない場合、その文字は次の優先度に従って代替フォントから取得されます。

    • ロケール固有のフォント
    • ロケールが設定されていない場合は ROOT フォント
    • 代替テーブルで設定された順序で検索される汎用フォント
  5. adobe-fontmanager.jar ファイルを再パッケージ化します。

  6. adobe-livecycle-[appserver].earファイルを再パッケージ化し、手動でまたはConfiguration Managerを実行して再デプロイします。

メモ

adobe-livecycle-[appserver].earファイルの再パッケージ化にはConfiguration Managerを使用しないでください。このファイルを使用すると、変更内容がAEM formsのデフォルト値で上書きされます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now