タスクマネージャーエンドポイントの設定

タスクマネージャーエンドポイントを使用すると、Workspace ユーザーがサービスを呼び出せるようになります。

タスクマネージャーエンドポイントの設定

タスクマネージャーエンドポイントを設定するには、次の設定を使用します。

名前: (必須)エンドポイントを識別します。名前は Workspace のカード表示で表示されます。< は含めないでください。含めると、Workspace に表示される名前の一部が省略されます。エンドポイント名として URL を入力する場合は、RFC1738 で指定された構文規則に準拠していることを確認します。

説明: エンドポイントの説明。< は含めないでください。含めると、Workspace に表示される説明の一部が省略されます。

タスクの手順: このワークフローを開始するユーザーに対する手順。

プロセスの所有者: プロセスを担当する個人の名前。

User Can Forward Task: ユーザーが最初のタスクを転送できるようにします。

添付ファイルウィンドウを表示: ユーザーが添付ファイルウィンドウを表示できるようにします。

添付ファイルの追加を許可: ユーザーが添付ファイルとメモを追加できるようにします。

Task Initially Locked: 初期タスクをロックします。

共有キューのACLを追加: 共有キューユーザーのACLを使用して初期タスクが作成されます。

分類: (必須)ユーザーがWorkspaceでフォームを表示するカテゴリ。リストからカテゴリを選択するか、「新規カテゴリ」を選択して、カテゴリを追加します。

操作名: (必須)エンドポイントに割り当てることができる操作のリスト。

このページ