AEM Forms のデプロイメントの監視

AEM Forms のデプロイメントは、システムレベルおよび内部レベルの両方で監視できます。スペシャリスト管理ツール(HP OpenView、IBM Tivoli、CA UniCenter およびサードパーティ JMX モニターである JConsole など)を使用することで、Java アクティビティを詳細に監視できます。監視方法の導入により、AEM Forms デプロイメントの可用性、信頼性およびパフォーマンスが向上します。

AEM Forms のデプロイメントの監視について詳しくは、「AEM Forms デプロイメントの監視用テクニカルガイド」を参照してください。

MBean を使用した監視

AEM Forms には、ナビゲーションおよび統計情報を提供する 2 つの MBean が登録されています。統合とインスペクションのためにサポートされている MBean はこれらのみです。

  • ServiceStatistic:​この MBean はサービス名とそのバージョンに関する情報を提供します。
  • OperationStatistic:​この MBean は Forms サーバーのすべてのサービスに関する統計情報を提供します。この MBean で管理者は呼び出し時間、エラー数など、特定のサービスに関する情報を取得できます。

ServiceStatisticMbean 公開インターフェイス

次の ServiceStatistic MBean の公開インターフェイスには、テスト用途でアクセスできます。

 public String getServiceId();
 public int getMajorVersion();
 public int getMinorVersion();

OperationStatisticMbean 公開インターフェイス

次の OperationStatistic MBean の公開インターフェイスには、テスト用途でアクセスできます。

 // InvocationCount: The number of times the method is invoked.
 public long getInvocationCount();
 // InvocationStartTime: The time at which the method started to execute.
 public long getInvocationStartTime();
 // InvocationEndTime: The time at which the method finished execution.
 public long getInvocationEndTime();
 // InvocationTime: The time taken for the execution of the method.
 public long getInvocationTime();
 // LastSamplingDateTime: Convert InvocationStartTime to a formatted string
 public String getLastSamplingDateTime();
 // MaxInvocationTime: The maximum time taken for the execution of the method.
 public long getMaxInvocationTime();
 // MinInvocationTime: The minimum time taken for the execution of the method.
 public long getMinInvocationTime();
 // AverageInvocationTime: the averege execution time taken for the execution of the method.
 public double getAverageInvocationTime();
 // ExceptionCount: The number of times the method has thrown an Exception.
 public long getExceptionCount();
 // ExceptionMessage: The message of the last exception occurred.
 public String getExeptionMessage();
 public void setExceptionMessage(String errorMessage);

MBean ツリーおよび運用の統計情報

JMX コンソール(JConsole)を使用すると、OperationStatistic MBean の統計情報を使用できます。この統計情報は MBean の属性です。次の階層ツリーで移動できます。

MBean ツリー

Adobeドメイン名:アプリケーションサーバー に依存します。アプリケーションサーバーがドメインを定義していない場合、デフォルトは adobe.com です。

ServiceType: AdobeServiceは、すべてのサービスのリストに使用する名前です。

AdobeServiceName: サービス名またはサービスID。

Version:サービスの バージョン。

運用の統計情報

Invocation Time:メソッドの実行に要した 時間。要求のシリアライズ、クライアントからサーバーへの転送、およびデシリアライズにかかる時間は含まれません。

呼び出し回数:サ ービスが呼び出された回数。

平均呼び出し時間:サーバーの起動後に実行したすべての呼び出しの 平均時間です。

Max invocation time:サーバー の起動後に実行した呼び出しのうち、最も長い呼び出し時間。

最小呼び出し時間:サーバー の起動後に実行した呼び出しのうち、最も短い呼び出し時間。

例外数:失敗を引き起こした呼び出しの 数。

例外メッセージ:発生 した最後の例外のエラーメッセージ。

Last Sampling Date Time: 最後の呼び出しの日付。

時間単位: デフォルトはミリ秒です。

JMX 監視を有効にするには、一般的にアプリケーションサーバーに何らかの設定が必要です。詳しくは、アプリケーションサーバーのドキュメントを参照してください。

オープン JMX アクセスをセットアップする方法の例

JBoss 4.0.3/4.2.0 - JVM スタートアップの設定

JConsole から MBean を表示するには、JBoss アプリケーションサーバーの JVM スタートアップパラメーターを設定する必要があります。JBoss は必ず run.bat/sh ファイルから起動します。

  1. InstallJBoss/bin にある run.bat ファイルを編集します。

  2. JAVA_OPTS 行を見つけ、次の内容を追加します。

     -Dcom.sun.management.jmxremote -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9088 -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false
    

WebLogic 9.2 /10 - JVM スタートアップの設定

  1. [WebLogic home]/user_projects/domains/Adobe_Live_Cycle/binの下にあるstartWebLogic.batファイルを編集します。

  2. JAVA_OPTS 行を見つけ、次の内容を追加します。

     -Dcom.sun.management.jmxremote -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9088 -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false
    
  3. WebLogic を再起動します。

メモ

WebLogic の場合、リモートまたは IIOP を使用して MBean にアクセスできます。

MBean へのリモートからのアクセス

  1. 新しい接続のために JConsole を起動し、リモートタブをクリックします。
  2. ホストとポート(JVM のスタートアップオプションで指定した番号である 9088)を入力します。

Websphere 6.1 - JVM スタートアップの設定

  1. 管理コンソール(Application server/server1/Process Definition/JVM)で、Generic JVM Argument のフィールドに次の行を追加します。

     -Djavax.management.builder.initial= -Dcom.sun.management.jmxremote
    
  2. /opt/IBM/WebSphere/AppServer/java/jre/lib/management/management.properties ファイル(または <Your Websphere JRE>/ lib/management/management.properties)に次の 3 行を追加するか、コメントを解除します。

     com.sun.management.jmxremote.port=9999 //any port you like, but make sure you use this port when you connect
     com.sun.management.jmxremote.authenticate=false
     com.sun.management.jmxremote.ssl=false
    
  3. WebSphere を再起動します。

このページ