システム情報の表示

「システム」タブには、リソースモニタリングチャートおよび AEM Forms を実行するサーバーに関する情報が表示されます。この情報にアクセスするには、管理コンソールで、ページの右上隅にある「ヘルスモニター」をクリックします。クラスター環境で AEM Forms を実行している場合は、「サーバー」リストから選択したノードの情報が表示されます。

現在のシステム情報をプロパティファイルとして保存するには、「保存」をクリックします。

「システム」タブの右側のウィンドウに、次の情報がグラフ表示されます。

  • ジョブ項目および作業項目の数
  • ヒープおよびコミット済みヒープの使用量
  • 非ヒープおよびコミット済み非ヒープの使用量

タイムラインに沿ってポインターをドラッグすると、特定の時点での値を取得できます。

メモ

グラフデータ、サーバー情報の値および時刻は、10 分ごとに更新されます。この情報は、リアルタイムでは表示されません。

「システム」タブの左側のウィンドウには、サーバーまたはノードに関する次の情報が表示されます。

仮想マシン: サーバー上のJava仮想マシン(JVM)バージョン。

仮想マシンのベンダー: JVMの製造元。

仮想マシンのバージョン: JVMバージョン番号

マシン名: AEM formsがインストールされているサーバーのホスト名。

Up Time: サーバーが実行されている時間(時間および分単位)。

ジャストインタイムコンパイラー: 使用されているコンパイラーの名前。

コンパイル時間: コンパイルに費やした時間。

ライブスレッド数: 現在AEM formsシステムに存在するスレッドの合計数です。

スレッドのピーク数: システムで記録されたライブスレッドの最大数。

読み込まれたクラスの数: JVMに読み込まれたクラスの数。

アンロードされたクラスの数: JVMからアンロードされたクラスの数。

最小ヒープ: 使用されたヒープの最小量。

Maximum Heap: 使用されたヒープの最大量。

オペレーティングシステム名: AEM formsサーバー上で実行されているオペレーティングシステムの名前。

オペレーティングシステムのバージョン: AEM formsサーバー上で実行されているオペレーティングシステムのバージョン番号。

オペレーティングシステムアーチ: JVMが実行されているオペレーティングシステムアーキテクチャ。

プロセッサー数: システム上のプロセッサー数。

仮想マシンの引数: JVMで使用される引数。

クラスパス: JVMで使用されるクラスパス。

ライブラリパス: JVMで使用されるライブラリパス。

Boot Class Path: JVMで使用されるブートクラスパス。

アプリケーションサーバーの種類: AEM formsの実行に使用されるアプリケーションサーバーの種類。

Application Server Version: AEM formsの実行に使用されるアプリケーションサーバーのバージョン番号。

アプリケーションサーバーのベンダー: AEM formsの実行に使用されるアプリケーションサーバーの製造元。

インストール日: AEM formsがインストールされた日付(yyyy-mm-dd形式)。

AEM formsのバージョン: インストールされているAEM formsのバージョン。

パッチのバージョン: AEM formsパッチ番号。

Database Name: AEM formsで使用されるデータベースのタイプ。

Database Version: AEM formsで使用されるデータベースのバージョン番号。

Database Drive Name: JVMがデータベースに接続する際に使用するドライバーの名前。

Database Driver Version: データベースへの接続にJVMで使用されるドライバーのバージョン。

保存」ボタンをクリックすると、このシステム情報をプロパティファイルに保存できます。

このページ